面接に持っていくカバン、あなたはどんなものを用意しますか?

軽く考えがちですが、基本はカバンがいいとされています。では、選ぶ際のポイントは?服装と同様にカバンにも気を遣うのが面接。

ここではカバンの選び方やリュックの是非などを紹介しています。

バイト面接のカバンを選ぶときのコツ

面接では服装と同じくカバンの選び方も重要です。

普段使いのお気に入りでいいわけではなく、面接に相応しい製品を選びましょう。

多少外観は気に入らなくとも、機能性重視で探すのがポイントです。

履歴書が折れずに入る

折り目のついた履歴書を先方に渡すのは失礼です。

より厳密にいえば、ほんのわずかな丸まりもNG。

クリアファイルに入れるなどして折り目をつけないようにしましょう。

履歴書のサイズは一般的にA4かB5。ノートパソコンを収納できるカバンであれば、A4用紙は余裕で収まります。

もしも手ごろなカバンを持っていなければ、ノートパソコン用のビジネスバッグがオススメ。

2,000円程度で購入でき、普段遣いにも十分に役立ちます。

ちなみに、カバンの中に物を入れ過ぎないようにしましょう。いくらクリアファイルに入れていても、物が当たって歪みやシワができてしまうからです。

必要最低限の物を入れるにとどめればカバンがすっきりして軽くなります。

自立する

床に置いた際、自立するタイプのカバンを選びましょう。

倒れたカバンはホコリや汚れが着くのはもちろん、相手にだらしない印象を与えるからです。

それに自立型だと置く場所を選びません。足元に置いたカバンから書類を取り出しやすいため、予想以上に使い勝手がいいです。

黒や茶色のカバンが無難

バイトとはいえ社会人。カバンの色にも注意しましょう。

ビジネスマンバッグはほとんどが黒。皮革製だと茶色もありますが、基本的には黒一色です。

汚れが目立ちにくいことに加え、皮革製は使うほどに味わいが出てきていい感じに。就職後にも使えます。

ボロボロすぎたりしなければOK

面接用にあえてカバンを新調する必要はありません。大きな傷みがなければ普段使っているもので十分。

適度の使用感は好印象を持たれることも。

すれてほころんでいる・肩掛けが切れそうなどのダメージは目立ちます。

自分では見慣れてしまっていても、面接官の目にはだらしなく映っていることを忘れずに。

NGなカバンってあるの?

キャラクターがプリントされているもの・カラフルなものは好ましくありません。

幼稚な印象を与えますし、仕事とプライベートの区別ができてない、と面接官に思われるからです。

トートバッグはよほどダボダボしていなければセーフ。

服装と合っていればOK

スーツで面接に臨む場合、カジュアルなカバンは悪目立ちします。

逆に私服にビジネスバッグはそこまでおかしくは見られません。

リュックの場合は私服にこそあいますが、面接では控えるべき。

その時の服装とマッチしているかでカバンを選ぶとよいでしょう。

リュックは面接会場についたら手で抱える

会場に到着するまでの間は背負っていても問題ありませんが、建物に入る前に手で抱えましょう。

部屋に入るまで終始リュックを背負っている、では印象ガタ落ちです。

特にスーツにリュックは見た目の印象を下げるので、ビジネスバッグの方が無難。

バイト先の雰囲気と合う服装・カバンを選ぶ

派手・キャラクターものは相応しくないですが、バイト先の雰囲気にマッチしていればどんなものでも構いません。

どの業種にはどんな服装・カバンでなければいけない、という決まりはないのでガチガチに考える必要はないと言えます。

アパレルバイトならある程度自由に選べる

アパレルの販売員はみな、ファッションセンスのある人たち。服装はもちろん、カバンにもセンスがにじみ出ています。

ブランド品ではなくても服装とマッチしたコーディネートなら悪い印象は持たれません。

事務やIT系のバイトならスーツ+ ビジネスバッグでもOK

事務職にはスーツ+ビジネスバッグが最適です。いかにも社会人っぽく見えますしね。

それにこうした業種では書類を常に持ち歩くこともあるでしょう。書類がきれいに収まるカバンはやはり、ビジネスバッグ一択です。

先程紹介したA4が収納できるPC用カバンは、事務系やIT系に特におすすめ。

「面接・面談」の記事