バイト先に休みの連絡を行う際に、普段から連絡手段として利用しているLINEを使いたいと思う人も多いのではないでしょうか。
LINEを使用する際には、いくつか注意しておきたいポイントがあります。バイト先に悪い印象を与えることのないように確認しておきましょう。

最近では、アルバイト先の人と連絡を取る際にLINEを使う人も増えてきているようです。しかし、連絡する内容によっては、注意しておかなければならない場面も。
特に、休みの連絡をする場合は要注意。本記事では、LINEを使って休みの連絡を入れるときの注意点と、LINEでの連絡が許されるシーンと許されないシーンの違いを説明します。アルバイト先との正しいLINE連絡方法を把握しておくことがおすすめです。

バイトを休む連絡はLINEでも大丈夫?

手軽に連絡ができる分、休みの連絡もLINEで済ませてしまいたいと考える人も多いはず。まずは「アルバイトを休むときの連絡はLINEでもいいの?」という疑問を紐解いていきましょう。

基本は電話、もしくは直接伝えるのがおすすめ

アルバイト先に休む旨を伝える際には、基本的に電話を使うか、事前に直接伝えることが無難です。
LINEはすぐにメッセージを確認してもらえるかわかりません。そのため、ときにはバイト先から無断欠勤を疑われたり、「何かあったのかも」という心配をかけたりすることになるのです。
バイト先に余計な負担をかけないためにも、急に休みの連絡をする際にはLINEではなく電話で連絡しましょう。また、事前に休みたいという旨をバイト先に伝える場合は、出勤時に直接伝えた方が良いです。

バイトの休み連絡で許されるシーン

電話が理想の連絡手段ではありますが、時と場合によってはLINEを使っても許されるシーンはあります。
LINEの利便性を活かせるように、あらかじめバイトの休み連絡で使っても良いシーンを確認しておきましょう。

バイト先から許可がある場合

アルバイト先から「休むときにはLINEを使って連絡しても良い」と許可が出ている場合は、LINEを使っても問題はありません。近年はアルバイト内でLINEのグループなどを共有することも多いです。休み連絡を取っても問題ないと許可が出ているなら有効的に活用していきましょう。

休みのタイミングでLINEのメッセージを送るためにも、事前にバイト先の人の連絡先を聞いておく必要があります。特に、シフトを決める権限がある店長や、従業員をまとめるバイトリーダーなどの連絡先は優先して把握しておきましょう。

また、LINEでの連絡が許されるバイト先でも、実施にあたって細かなルールが設定されていることがあります。「前もっての休みの連絡はLINEでもOKだけど、直前の連絡の場合はだめ」といったパターンも考えられるので、ルールはきちんと確認しておきましょう。

前もって休みの相談をする場合

「〇〇日に休みたい」「事情があるので〇〇日以内に休むかもしれない」といった形で事前に休みの相談をする場合には、LINEでも問題ないケースが多いです。
緊急性の低いタイミングでの連絡には、LINEを使うことも可能でしょう。

今のシフトから時間や曜日を変更したい場合も、一度LINEで相談してみるのもおすすめです。早めに伝えておく方がメリットのある場合もあるので、LINEを使って連絡してみましょう。

LINEでの連絡がNGなシーン

一方で、以下のようなシーンでは意識してLINEでの連絡を避けるべきだといえます。
余計なトラブルなどを招かないためにも、下記の2パターンの場合には特に注意してバイト先への連絡手段を選びましょう。

遅刻

何かしらの理由で遅刻しそうなときには、LINEではなく電話での連絡が必要です。
遅刻の場合は、とにかく早くバイト先の人に伝えなければなりません。しかし、LINEで連絡を入れても、バイト先の人は仕事中に連絡を確認できません。そのため、バイト先へ急ぎつつ電話を入れるようにしましょう。

遅刻の連絡の際には謝罪とどれくらい遅れるのかを優先して伝え、理由は省略するか、もしくは簡単に説明するだけでOKです。理由の詳細はバイト先について落ち着いてからでも問題ないので、まずは少しでも早く無事に着くことを意識してください。

急なお休み

体調不良や家庭の事情などで急なお休みが必要になった場合も、LINEでの連絡は避けるべきです。休みの事実を確実に伝えることが重要なので、相手がいつ見るかわからないスマホのLINEは不適切となるでしょう。

しかし、風邪によって声が出ない場合などは、そのことを伝えた上でLINEを使ってもOKな場合も。バイト先によってはLINEに対しての返事で電話を使うこともあるので、その際はなるべく応答するように心がけましょう。

バイトを休む連絡をLINEでする場合の例文

バイト先にLINEで休みを伝える際には、悪い印象を与えないように慎重に文章を作成することが求められます。
以下の例文を参考に、いざというときのLINEで利用してみてください。

前もって休みの相談をしたい場合の例文

事前にシフトを変更して休みを取りたい場合には、現在の自分のシフトと休みたい理由を簡潔に伝えることがポイントです。
例えば以下のような形で、LINEでのメッセージを作成してみましょう。

お疲れ様です。
シフトの件で相談させてください。
自分のシフトが入っている〇日をお休みさせていただくことはできますでしょうか。
実は急遽病院に行く用事ができてしまいました。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、ご検討をよろしくお願いいたします。

加えて、事前にシフトを代わってもらえるバイト仲間を見つけて「〇〇さんのシフトと交換させてください」と伝えられるのがベストです。

体調不良で休みの相談をしたい場合の例文

体調不良で急遽バイトを休まなくてはならない場合、基本的には電話での連絡が好ましいです。しかし、万が一声が出ないなどの症状がある場合は、LINEで症状を簡潔に、また謝罪の言葉を添えましょう。
どうしてもバイトに行けないことを伝えられるように、以下の例文を参考にしてみてください。

お疲れ様です。
本日シフトが入っているのですが、体調を崩してしまいました。大変申し訳ございませんが、お休みを頂戴したく連絡いたしました。
症状としては熱が〇〇度あり、喉の痛みで声を出すことが困難となっています。
急な連絡となってしまいご迷惑をおかけしますが、シフトを調整していただけますと幸いです。

体調不良の際には嘘をつかず、ありのままの症状を伝えることが重要です。
嘘を伝えるともし電話での折り返し連絡が来た場合、話に矛盾が生じる可能性があるので、誠実な内容を意識しておきましょう。

まとめ

LINEはアルバイト先でも使える便利な連絡ツールですが、利用時にはいくつかの注意点を意識することが必要です。
特に、休みの連絡を入れるときには、本記事を参考にして正しい形でLINE連絡を実行してみてください。

LINEは手軽さゆえに、つい適切なマナーや使い方を忘れてしまいがちです。
アルバイト先との関係を保つためにも、今一度LINEの使い方を確認し、正しく利用できるように準備していきましょう。

JOBLISTで求人を探す

「働き方」の記事