ときにはバイトの面接でも、礼儀正しく名刺をもらうことがあります。

そんなときに満足のいく対応ができれば、より合格を近づけることができるでしょう。

しかし実際に名刺を受け取る際にはいくつものチェックポイントがあり、いきなりマナー通りにこなすのは難しくなっています。

そこでこちらで面接の基本を学び、スムーズに名刺を受け取れるように準備をしておきましょう。

名刺交換をきっかけに面接の主導権をにぎれれば、自信を持って受け答えができるようにもなりますよ。

バイト面接の内容によっては、相手から名刺を受け取るようなことがあるかもしれません。

そんなときに正しい対応をすることができれば、自分の評価を一気に高めることができますよ。

いざ名刺をもらっても慌てないように、こちらでバイト面接中に受け取った名刺の扱い方をチェックしてみましょう。

名刺はビジネスにおいて重要なアイテムとなるので、実践的な扱い方を知っておくと後々社会に出てからも役に立ちます。

この機会にきちんと名刺について学び、大人としてのマナーを身に着けてみましょう。

バイトの面接で名刺をわたされることってあるの?

バイトの面接で名刺をわたされることってあるの?

これまでいくつかバイトの面接を受けてきたけれど、1度も名刺をもらったことがないという人も多いでしょう。

しかし最近は誰でも簡単に名刺が作れるようになったことから、簡単なバイト面接でも配ることが増えてきています。

そのためこれからは、名刺をもらう可能性も考慮してバイト面接に臨む必要があるでしょう。

名刺をわたされたときにまちがった対応をしてしまうと、採用担当者によっては評価を下げる要因となります。

面接前にそのようなことでマイナス評価となるのはもったいないので、ぜひ名刺のマナーは簡単にチェックしておきましょう。

IT系や事務など、職種によってはある

特にIT系や事務などの職種では、名刺を交換することが多くなっています。

個人の実力や仕事ぶりが重要視される職種や、顔や名前が仕事に大きな影響を与える業種では、名刺がわたされやすいといえるでしょう。

これから面接を受けるバイト先がそういった職種に当たる場合は、事前に受け取り方を知る必要があります。

バイト面接に向かう前に、1度バイト先が名刺を利用するような職種であるかどうかチェックしておきましょう。

仮に名刺をもらうことがなかったとしても、名刺のマナーを学んだ経験は面接中の誠実な対応に活かされます。

より安定した面接を行うためにも、名刺に関する知識は積極的に習得していくことがおすすめです。

とはいえこちらは用意する必要なし

名刺の受け取り方はしっかりと学ぶことをおすすめしますが、だからといってこちらも名刺を用意する必要はありません。

特別な役職やアピールしたい活動が書かれている名刺を持っているなら別ですが、そうでないならわざわざ準備をしなくても大丈夫です。

むしろ自分の名刺を用意することに時間を使うよりも、受け取るためのマナーをじっくり習得する方がメリットとなるでしょう。

バイト面接で重要となるのは、名刺の準備よりもその受け取り方であることは覚えておくといいですね。

しかしそれでも名刺入れの用意があると、スムーズに名刺を受け取れるようにはなります。

もし名刺を受け取るための準備をしたいのなら、名刺入れやその代わりになるようなものをチェックしてみましょう。

名刺交換は立って行う

名刺交換は立って行う

名刺交換の基本となる受け渡しのタイミングでは、立って行うのが常識となっています。

おそらく渡す側が最初に立ってくれるはずなので、それに合わせて自分も立ち上がるようにしましょう。

もし両者が立った状態で渡された場合は、そのまま受け取ってOKです。

まちがっても相手が立っているのに、座ったまま受け取るような不作法は行わないように注意しましょう。

相手が座ったまま名刺を渡してくるようなときも、立ち上がる素振りくらいは見せた方が無難です。

バイト面接では気楽に名刺を渡す人も多いので、座っていても気にしないような雰囲気ならそのまま受け取っても問題はありません。

面接時に名刺をやり取りするときのマナー

名刺を受け取る際には、いくつかのポイントをクリアする必要があります。

マナーといっても難しく考える必要はないため、まずは以下のポイントを1つずつ確認していきましょう。

ややぎこちなくなってしまっても、下記のポイントを押さえることができていれば、それなりにかっこうをつけることができます。

採用担当者に「この人は名刺のマナーをしっているんだな」と思わせることが大切なので、全体の基本をつかむことを重視しましょう。

机を挟んで名刺を交換しない

名刺をもらう際には、机を挟まないようにするのが鉄則です。

もし自分と相手との間に机やイスなどが置いてある場合は、あらためて対面できる場所に移動して名刺を受け取りましょう。

名刺を受け取る形や作法にばかり気を使っていると、意外と受け取る場所は盲点となります。

しかし名刺のマナーにおいて受け取り場所は重要な点となるので、この機会に机を挟まないで受け取ることを覚えておきましょう。

相手が名刺を取り出した段階で適切な場所に移動できるようになれば、好印象を与えることができます。

そういった些細な気配りが名刺のマナーでは大切になるため、積極的に意識していきましょう。

姿勢を意識してみると印象アップ

名刺を受け取るときは、意識して姿勢をよくすると印象をアップさせることができます。

背筋を伸ばし、相手を見据え、それから一礼しながら名刺を受け取る3段活用をチェックしてみましょう。

猫背やななめに立ちながら受け取ると、それだけでマイナスイメージがついてしまいます。

バイト面接全体にいえることですが、自分の姿勢は常に意識して整えておきましょう。

姿勢は第一印象を上げる重要なポイントとなるので、名刺の受け渡しだけでなく面接全体の評価を高めることもできますよ。

姿勢を意識してみると印象アップ

受け取るときは両手で「頂戴します」

名刺を受け取るときは、両手を使うことと、「頂戴します」と一言声を出すことの2点をチェックする必要があります。

片手で名刺を受け取るとどうしても嫌な印象がつきまとうので、しっかりと両手を出すことを忘れないでください。

たとえ相手が片手で名刺を渡してきた場合でも、こっちは両手で受け取るのがマナーとなります。

また意外と多いのが、「頂戴します」という一言をいわずにそのまま受け取ってしまうパターンです。

黙って受け取ったり「どうも」や「はい」のような簡単な言葉で受け取ったりすると、相手の機嫌を損ねるかもしれません。

名刺を差し出されたら両手で受け取り、一礼しながら「頂戴します」と一言添える。

そういった流れを練習して、無意識のうちに披露できるようにしておくのが理想となります。

受け取ったらまず見て、机の左に置く

ここまでは名刺を受け取る瞬間のマナーをご紹介しましたが、受け取ってからも重要なポイントはいくつかあります。

特に「もらった名刺を見る」ことと「机の左に置く」ことは、大切なマナーとなるので覚えておきましょう。

バイト面接で名刺をもらい終えると安心してしまうため、ちょっとしたミスが出やすくなります。

しかし名刺を受け取った後も意識する部分はまだまだあるので、下記のチェックポイントはしっかり把握しておいてください。

名刺を見ないと失礼になるので注意

名刺をもらったときは、まず軽く内容を見る必要があります。

もらっただけでそのまま見ないでいるのは、大変失礼な行為となるので注意しましょう。

見ていることを相手にわからせるためにも、両手で持ちながら少し顔の前に寄せていくのがコツです。

またその後面接のなかで相手の名前を呼ぶ機会があるかもしれないので、できるなら名刺に書いてある内容を覚えておくのが理想となります。

見たふりをするのではなく、本当に見て覚えるくらいの気持ちで名刺をチェックしてみましょう。

名刺入れを持っている場合は名刺入れの上に置く

名刺を受け取ったら自分から見て机の左側に置き、いつでも確認できるようにしておきます。

その際には、こっちから名刺に書いてある文字が視認できる向きにしてください。

バイト面接中にちらちらと名刺を見る必要はありませんが、机の左側に置くことそのものがマナーなのできちんと実践しましょう。

また名刺入れを持っているのなら、名刺入れの上にもらった名刺を置くのがべストです。

退出時にスムーズにしまうことができるので、名刺入れを準備したならぜひ面接の最中から使用していきましょう。

机がない場合は?

面接の場に机がない場合は、もらった名刺を見た後、そのまましまってOKです。

ずっと手に持ったままではバイト面接に集中できないため、タイミングを見て名刺入れ等にしまいましょう。

しまう際には一言「失礼します」などと声をかけると、感じがよくなります。

名刺入れがないときはポケットやカバンにそのまましまうのではなく、手帳などに挟んで折れないようにするのも忘れないでください。

机がないからといって慌てずに、受け取りからしまうまでの動作をスムーズにこなせるように意識していきましょう。

机がない場合は?

面接官が2人いた場合はその順番に並べる

仮に面接官が2人いて両者から名刺をもらうことになった場合は、もらった相手が座っている順番に名刺を並べるのがマナーとなります。

特に自分で混乱しないように、順番通りに並べることは意識して行いましょう。

もし2人の役職がちがう場合は、高い方の人を名刺入れの上に置き、もう片方の人を机の上に置くようにしてください。

パッと見てどちらが上の役職なのかわからなかったときは、両方の名刺を机の上に並べるようにしましょう。

名刺の内容を瞬時に把握するには慣れが必要となりますが、もしスマートに名刺を並べることができれば、自分のマナーをアピールできます。

名刺のマナーを活かすのなら、ぜひここまでできるようになっておくといいですね。

帰るときは忘れずに持ち帰る

名刺を受け取った後は、しっかりと持ち帰ることを忘れないようにしましょう。

せっかく面接が上手くいったのに、最後に名刺を忘れてしまうと、大きな減点となることがあります。

机の上に置くとそのまま忘れやすくなるので、面接が終わったタイミングで1度名刺を確認するのがコツです。

また名刺をしまうときも丁寧に、失礼のないように振る舞うのがポイントとなります。

せわしなくしまう姿は面接を早く切り上げたいのかと思わせてしまうため、最後の最後にマイナスとなってしまう可能性があるのです。

面接の結果を台無しにしないように、冷静に名刺を持ち帰ることを忘れないでください。

面接時の名刺交換でよくやるミス

ここまで名刺のマナーを確認しましたが、いきなりすべてを完ぺきにこなすのは難しいといえるでしょう。

しかし名刺を受け取るときにやりがちなミスをなくすだけでも、面接中の印象は変わります。

そのためここからは名刺交換の際にやりがちなミスをチェックして、バイト面接中に意識する練習をしてみましょう。

名刺を受け取るときにミスがなくなると、その後の面接に集中することができます。

結果的に面接全体の印象を底上げすることができるため、この機会に名刺交換からミスを減らせるように努めてみてください。

もらった名刺をすぐしまってしまう

先にも紹介した通り、もらった名刺は基本的に最後までしまわないのがマナーです。

しかし面接中は緊張もあり、ついそのまましまうミスを起こしてしまう人が多くなっています。

名刺をもらったらしまわない。机の左側に置く。

この点は非常に目につくチェックポイントとなるため、特に意識してミスをしないようにしましょう。

むしろ名刺は面接中に役立つ情報源になりえるので、そばに置いて利用するくらいの気持ちでいると上手くいきます。

名刺の受け取りをただの形式とするのではなく、活用して合格を引き寄せることが、理想の形だといえるでしょう。

名刺を忘れて帰る

こちらも先に紹介したものですが、とにかく名刺を忘れて帰ることが多いので、あらためてチェックをしておきましょう。

名刺を忘れるということは、それだけ名刺を軽視している証となってしまうので、ビジネスの場においては大きなマイナスになります。

相手に対しての礼儀と考えて、名刺を忘れることのないように特に注意してみましょう。

しかし名刺を意識するあまりに、バイト面接の最中に置いた名刺を見てばかりいるのもダメです。

あくまで名刺は頭の片隅においておき、面接中は目の前の会話に集中するようにしましょう。

前に属していた会社の名刺を渡してしまう

名刺を渡されるとわかっているのであれば、自分の名刺を持参するのもOKです。

しかしこのときに前職の名刺を渡してしまうと、相手に誤解を与えることになってしまうでしょう。

その誤解が大きくなると相手に恥をかかせることにもなりえるので、名刺は今現在の自分の身分を証明するものを渡すようにしてください。

前職の肩書が魅力的だからといって名刺を渡すと、場合によっては虚偽の話をしたと思われてしまうでしょう。

それは当然自身の評価を下げることになるので、たとえ名刺を持っていたとしても前職のものは使わないようにしてください。

「面接・面談」の記事