バイト面接の前に体調不良になってしまうと、どうすればいいのかわからなくなってしまいますよね。

しかしそんな緊急事態だからこそ冷静に、しっかりと対処をする必要があるのです。

こちらではもしバイトの面接前に体調を崩してしまったとき、どのように対応すべきかを解説してまいります。

正しい対処法を学んで、自分にとってもバイト先にとっても理想的な形で解決できるように努めていきましょう。

バイトの面接があるのに、体調不良となってしまった。そんな事態は誰にでも起こりうるものです。

そのため万が一に備えて、体調不良になったときの対応方法をチェックしておく必要はあるでしょう。

正しい対処法が理解できていれば、もし体調を崩したとしても適切な対応を行うことができます。

せっかくの面接のチャンスをふいにしないためにも、この機会にバイト面接で体調不良になったときの状況をシミュレートしてみましょう。

急なトラブルを乗り越える術を身に着けることができれば、面接だけでなくその後のあらゆる場面で上手に立ち回れるようにもなりますよ。

面接日を変更してもらうときの謝り方

面接日を変更してもらうときの謝り方

面接があるのに体調不良となった場合は、とにかくバイト先に連絡を入れる必要があります。

その際にはこちらに非があることを認めて謝罪し、面接日を変更してもらうようにしましょう。

たとえ体調不良が自分の責任ではないように思えても、面接を受けることができないのであれば、素直に謝ることが大切です。

どうしようもない体調不良であることがバイト先に伝われば、あなたの評価を傷つけずに済むでしょう。

スムーズに別日で面接を受けるためにも、以下の例を参考にして連絡をしてみてください。

電話での連絡例

体調不良が判明したら、まずは電話での連絡を試みましょう。

その際には以下のような内容で、現在の状況を伝えてみてください。

○月○日に面接のお約束をしていました○○と申します。

大変申し訳ありませんが体調を崩してしまったため、○日(当日であれば本日)の面接に向かうことができません。

そのため可能であれば面接日を変更していただきたいと思い、ご連絡させていただきました。

変更が可能であればその場で面接日を聞き、次回の予定を決定します。

ありがとうございます。

このたびはご迷惑をおかけいたしまして大変申し訳ありません。

それでは○月○日にあらためてお伺いいたしますので、よろしくお願いいたします。

最後はこのような形で締め、最後までバイト面接に行けなかったことを謝るようにしましょう。

変更後の日程が決まらなかった場合は、「あらためてご連絡いたします」のような形でOKです。

面接日はなるべく相手の都合に合わせる

体調不良の結果面接日を変更することになったなら、次回の日付はなるべく相手の都合に合わせるようにしましょう。

忙しい職場の場合面接日を作るのが難しいこともあり、なかなか次回の日程が決定しないという事態にもなりかねません。

その場合は面接の約束そのものがなくなってしまう可能性があるので、できるかぎり日程には融通をきかせましょう。

しかし体調不良が長引きそうなら、あえて詳細な面接日を決めないのも1つの手です。

変更後の面接日も体調不良で休むようなことになれば、さすがにバイト先も許してくれなくなるでしょう。

相手に合わせつつ自分の体調も考慮することが、面接日を変更する際のポイントになります。

変更後の面接では一言謝罪を

無事に面接日を変更し、あらためてバイト先に行くことができた場合、その場で一言謝罪があるとGOODです。

体調不良で休んだことを無視して面接をすることも可能ですが、採用担当者にとってはその態度が失礼に感じるかもしれません。

簡単な一言でかまわないので、「先日は失礼しました」くらいのことを口にしておく方が無難でしょう。

一方であまりに謝りすぎるのも、ネガティブなイメージを相手に与えてしまうのでNGです。

1度謝ったらそれ以降は目の前の面接に集中し、いつも通りの自分を発揮するように努めましょう。

面接前にトラブルがあったら、メールではなく電話を

面接前にトラブルがあったら、メールではなく電話を

直接連絡するのが嫌だという人も、体調不良で面接を休むのであればメールではなく電話を優先して使いましょう。

バイト先ではその日にあなたが面接に来ると想定しているため、仕事やその他の作業を中断しているかもしれません。

それらの好意をすべて無駄にしてしまうことを考えると、メールよりも電話できちんと伝えるのが礼儀となるでしょう。

メールでの連絡だけだと、無責任な人であると思われてしまい、会う前から評価が下がってしまうこともあります。

体調不良は仕方のないことですが、最低限電話での連絡を行って誠意を示すことは欠かさないようにしてください。

メールはすぐ読まれないことがある

メールでの連絡だとすぐにバイト先が読んでくれるとは限らないため、実際に伝わるタイミングが遅れてしまうかもしれません。

そうなるとバイト面接を無視したのと変わらないことになってしまうので、やはり電話で確実に伝えておく方がいいでしょう。

メールだと本当に読んでもらえたのかがわからないため、送った自分自身も落ち着くことができません。

体調不良を早く治すには休むことが重要なので、その後のためにもメールより電話での連絡をおすすめします。

電話するときの時間帯に注意

体調不良の連絡をする際には、時間帯に注意をして電話をかける必要があります。

忙しい時間帯や休憩中の電話になってしまうと、印象が悪くなる可能性があるからです。

職種によって電話を受けやすいタイミングは変わってくるので、バイト先に合わせるのがポイントとなります。

その後スムーズに面接日を変更してもらうためにも、電話のタイミングは以下を参考にしてみてください。

電話するときの時間帯に注意

飲食店や接客業の場合

飲食店や接客業では、基本的にお昼と夕方を避けて電話をすべきでしょう。

ランチや買い物客が増えるお昼と夕方では、電話に時間をかけることができません。

そのため面接の変更日をつめることができず、そのまま約束が立ち消えになってしまう可能性があるのです。

余裕を持って電話に対応してもらうためにも、お昼過ぎから夕方までの時間帯を狙っていきましょう。

事務やIT系企業の場合

事務やIT系企業の場合は、席を外しがちなお昼休憩のタイミングを避けて電話をしましょう。

面接の担当者につながらないとかけ直すことになるため、手間と時間がかかってしまいます。

体調不良時の体力を考慮して、なるべく1発で連絡が取れるであろうお昼後の日中が狙い目です。

コンビニやスーパーなどの場合

コンビニやスーパーで面接予定の場合は、早朝とお昼以外の時間に電話をかけるようにしてください。

客の多い時間だけでなく、品出しなどの作業が多い時間帯も避ければ、スムーズに次回の面接日程を決められるでしょう。

たとえバイト先が24時間開いているお店だとしても、深夜や早朝の電話はなるべく避けた方がいいですね。

静かな場所から電話する

体調不良を理由に面接を休むときには、なるべく静かな場所から電話をかけましょう。

周囲がうるさい状況で電話をすると「本当に体調が悪いのか?」と疑われてしまうかもしれません。

仮病だと思われないようにするためにも、意識して静かな場所から連絡するのがおすすめです。

また音楽やテレビの音が聞こえてくるのも、印象としてはよくありません。

電話をかけるタイミングではそういった音を止めて、電話だけに集中するようにしましょう。

タイミングを狙いすぎて連絡が遅くなるのはNG

適切な連絡のタイミングを狙いすぎて、電話が遅れてしまうのは本末転倒です。

ちょうどいい時間帯での電話が難しいと判断したなら、とにかく早めに連絡を取るのがおすすめとなります。

特に面接当日の場合は、ある程度適切な時間がからずれているとしても、早めの連絡が必要となるでしょう。

タイミングを気にしすぎるよりも、とりあえずバイト先に連絡してみるのも当日の場合は有効となります。

無理してでもこいといわれたら?

電話連絡をしたときに無理してでもこいといわれた場合も、きちんと休むことを伝えるのがポイントです。

体調不良の状態で面接をしてもよい結果を残すことはできませんし、何より自身の体に無理をさせるのはよくありません。

その後の悪化を防ぐためにも、面接はなるべく別日に変えてもらえるように頼みましょう。

無理を通すとバイトに合格した後も、同じような形で無理強いをさせられるようになるかもしれません。

健康的に働くことが何よりも大切なので、体調不良のときはしっかりと休ませてもらいましょう。

面接前のよくあるトラブル

バイトの面接前には、さまざまなトラブルが考えられます。

あらゆる不測の事態に備えておくことが、面接を乗り切るコツとなるでしょう。

「自分は大丈夫」と思うよりも、「もしこんなことになっても大丈夫」と自信をつける方がメリットが大きくなります。

面接が決まったのなら以下のようなトラブルの可能性をチェックして、その時々の対処法を身に着けておきましょう。

面接前のよくあるトラブル

風邪などの体調不良

この記事のテーマでもある風邪などの体調不良は、どんな時期でもありえるトラブルの代表となっています。

面接の前に体調不良を起こしてしまった場合は、上記の内容を参考にしてバイト先への連絡を済ませましょう。

どれだけ注意していても、風邪のウィルスに体が負けてしまうことはあります。

しかしその後の対応は自分の判断にかかっているので、こちらを参考にして正しい休み方を実践していきましょう。

電車遅延などによる遅刻

電車やバスといった交通機関の遅延も、バイト面接の際に起こりがちなトラブルです。

自分ではどうしようもない事態だからこそ、遅延によって遅刻をするとわかったらすぐにバイト先に連絡をするようにしましょう。

あなたのミスでなければ、バイト先も面接の時刻をずらすなどの対応を行ってくれるはずです。

しかしなるべくなら遅延が起きても大丈夫なように、早めに面接現場に移動しておくのがおすすめできます。

思わぬ出来事が起きても問題ないように行動することが、トラブルへの最善の対処法であることは覚えておいてください。

寝坊やうっかりによる遅刻でも連絡は必須

バイト面接の日であるのに、寝坊やうっかりミスで時間に遅れてしまうことがあるかもしれません。

そういった自分が原因のトラブルの場合でも、きちんとバイト先には遅れる旨を伝えておきましょう。

原因が言いづらいことを理由にして、面接を無視してしまうのは1番よくありません。

誠実に謝ることができれば、また別日で面接を受けるチャンスを得られるでしょう。

体調管理は怠らないのが鉄則

面接の日付が決まったなら、そこに合わせて体調管理を行うのが鉄則です。

面接が決まっただけで安心せずに、しっかりと体を整えておくことを怠らないようにしましょう。

体調管理といっても大袈裟に考えずに、睡眠と食事を欠かさずに取るといった簡単なものでかまいません。

逆にいえばバイトの面接が近づいているときは、徹夜で遊んだり食事を抜いたりはしないのがコツとなります。

面接の日までのスケジュールを組んで、自分の体調を万全にする方法を考えてみましょう。

スケジュール帳やアプリを駆使しよう

体調不良となる要因を取り除くには、スケジュールを管理する手帳やアプリを使ってみるのがおすすめです。

月の予定を全体で確認すれば、バイト面接の前に無理をつめこむようなミスはなくなります。

結果的に体を整えやすくなるので、大事な場面でよく体調不良を起こしやすいという人は徹底的にスケジュールを組んでみるといいでしょう。

「面接まで後○日」とわかっていれば、心の準備を始めることもできます。

緊張で面接が上手くいかないという人も、この機にスケジュール管理を行ってみてはいかがでしょうか。

もし面接日前に体調を崩したら

もし面接日前に体調を崩したら

面接日の前に体調を崩してしまったときは、まず症状を確認します。

当日までに間に合うようであれば、病院に行ったり薬を飲んだりして対応しましょう。

面接日までに治りそうにないほど重症であるのなら、早めにバイト先に連絡を取るのも1つの手段です。

ぎりぎりまで黙っているよりは、いっそ面接日を早めに変更して体調の回復に集中するのがいいでしょう。

無理をしてでも面接を受けるべき?

動けないほど体調が悪いわけではないという場合も、なるべくなら連絡して面接日を変更してもらいましょう。

バイト先としても、体調を崩している人を職場に入れるのはリスクとなります。

特に風邪を引いているときは周囲の人のことを考慮して、面接を控えるのがマナーとなるでしょう。

無理に面接を受けても実力が発揮できないことは明白なので、たとえ動けるときでも休養を優先してください。

マスクを着用するのはあり?

咳や鼻が出る程度に体調を崩している場合、マスクを着用したくなることがあるでしょう。

しかし基本的には、顔を隠してしまうマスクは面接に不適切だといえます。

それでもマスクがないと厳しいほどに体調が悪化しているのなら、事前に採用担当者に断ってから着用しましょう。

しかしマスクをしていると「体調管理ができなかった人」と見られてしまうので、なるべくなら面接の瞬間だけは外すのがおすすめです。

JOBLISTで求人を探す

「面接・面談」の記事