人見知りや優柔不断といった短所は、伝え方によってはバイト面接でマイナス点となってしまいます。

しかし言い方や言葉選びを少し工夫することで、短所を長所に変えることはできるのです。

これから面接を控えている人は、事前に自分の短所を確認して、その上手な伝え方を考えてみましょう。

短所を含めての自分をアピールできれば、ありのままのスタイルでバイトをすることができますよ。

一般的なバイト面接では、自分の短所を聞かれることが多いです。

そんなときに上手に短所を伝えることができなければ、面接結果の足を引っ張ることになるでしょう。

特に人見知りや優柔不断といった性格が自分の短所だと、伝え方1つで採用不採用が決まってしまうかもしれません。

こちらではそもそもなぜバイト面接では短所を聞かれるのか、そしてそれにどのように答えるのが正解なのかについてチェックしていきます。

自分の短所の伝え方に悩んでいるときは、ぜひ参考にしてみてください。

面接官が短所を聞く理由

バイトの面接では、なぜこんなにも短所を質問されるのでしょうか。

面接を受ける側としては、「短所よりも長所を聞いてほしい」「人見知りなどマイナスなことをあまり話したくない」という人が大半となるでしょう。

しかしバイト面接において短所に関する質問は非常に重要で、面接官にとってはその答えが合否のポイントになってくるのです。

まずは面接官の立場になって、短所を聞く理由をいくつか考えてみましょう。

短所を聞かれる理由がわかってくれば、きちんとした対処が取りやすくなりますよ。

このバイトに向いているか、を確かめるため

このバイトに向いているか、を確かめるため

バイトの内容によっては、その人の短所が仕事に大きく影響してくることがあります。

そのためあらかじめ短所を把握して、その後の採用に反映したいと考えるバイトは多いのです。

このパターンの場合、ただ自分の短所を話すだけではマイナスの印象を与える危険があります。

人見知りや優柔不断といった短所がある人は、プラスアルファで何か短所を補う方法を考えておきましょう。

短所はあるけれど、そのバイトには向いているという前向きな意見を示すことが、面接のポイントとなりますね。

自分の強み・弱みを理解しているかを知るため

自分自身の内面を客観的に把握できている人は、新しいバイトに馴染みやすく、臨機応変な対応に強いと言われています。

しかし自分自身を客観的に見るということは、意外なほど難しいものです。

そのためあえて面接で短所を聞いて、自分の強みと弱みをきちんと理解できているか確かめるバイト先も珍しくありません。

自分の長所を見つけることと比べて、短所を発見することは大変な作業となります。

それでもきちんと自分の短所を把握できているのなら、その人の評価は高まることになるでしょう。

長所ばかりに目を向けるのではなく、面接前にはきちんと自分の短所もチェックしてみてください。

短所に対するアプローチを知るため

短所とは基本的に、誰にでもあるものです。

しかしその短所とどう向き合い、どのような対応を取っているかは、その人によって変わってくるでしょう。

バイト面接ではそのような短所へのアプローチ方法から、その人の魅力を判断することがあります。

短所をそのままにしているしている人は、あまり積極的な性格ではないと思われてしまうかもしれません。

逆に自分の短所を前向きにとらえ、どのように活かしていくのかを考えている人は、面接でプラスとなることもあります。

普段自分が短所に対してどんなアプローチを行っているかどうかを、今一度確認しておくといいでしょう。

「短所がない」は逆にマイナスとなることも?

自分に自信がある人は、「短所なんてない」と思われるかもしれません。

しかし自信満々な態度は、逆に面接でマイナスとなる可能性があります。

短所がないと言い切れるということは、自分自身を深く理解していないと取られてしまうでしょう。

また短所を認めたがらないプライドの高い性格が、バイトには不向きと判断されるかもしれません。

そういった不利なジャッジを避けるためにも、自分を過信したり短所を隠したりはしないようにしましょう。

人見知り、優柔不断は短所?

人見知りや優柔不断を自分の短所とする人は多く、バイト面接でもよく聞かれるものとなっています。

もちろん人見知りも優柔不断も立派な個性であるため、それ自体が悪いわけでは決してありません。

しかしバイトの種類によっては、どうしても短所が不利になる場合があるのです。

以下では人見知りと優柔不断を参考に、バイト面接で短所がどう思われるかについてチェックしていきます。

自分の短所が相手にどんな伝わり方をするのか、この機に把握しておくといいでしょう。

職種によっては不利になることも

人見知りや優柔不断は、基本的に他人と接することが求められるバイトにおいて不利な性格と捉えられがちです。

特に接客業やIT系のような職種では、そういった短所はより悪い方向に影響することになるでしょう。

またバイト先の雰囲気や面接官の考え方によっても、人見知りや優柔不断はマイナスイメージになるかもしれません。

面接中にそういったイメージを払拭できるように、あらかじめ自分の短所がどう思われるかはチェックしておきたいですね。

職種によっては不利になることも

人見知りはコミュニケーションが苦手と思われることも

人見知りという性格は、一般的にコミュニケーションが苦手と思われることが多いです。

もちろん人見知りでも、いざ話してみると上手にコミュニケーションを取れる人はたくさんいます。

しかしバイト面接という短い時間でそれをチェックするのは難しく、どうしても「人見知り=コミュニケーションが下手」と評されてしまうでしょう。

そんなイメージを変えるには、面接中に人見知りに関する具体的なエピソードを披露するのがおすすめです。

簡単な内容でかまわないので、「人見知りだけどコミュニケーションに問題はない」と思えるような話を1つ準備しておくといいでしょう。

優柔不断は塾講師や事務仕事では不利になることも

優柔不断が短所だと、塾講師や事務の仕事には向いていないとされるかもしれません。

判断力や物事を決定する力が求められる現場では、優柔不断な性格がトラブルの種となる可能性はあるでしょう。

もし塾講師などのバイト面接で自分の短所を優柔不断だと話してしまった場合、評価が不利となることがあります。

挽回するためには、「優柔不断だからこそ得をした話」や「優柔不断のメリット」をアピールする必要があるでしょう。

優柔不断に対する勝手なイメージを変えるためにも、最低1つは面接用の話を用意しておくことがおすすめです。

短所は長所に言い換えることができる

面接で自分の短所を話すことは、ほとんど避けられないことでしょう。

しかし短所をそのまま話すのと、別の言い方に置き換えるのとでは、伝わり方に大きな差が出ます。

短所をただの短所としないためにも、ぜひ長所に言い換えるテクニックを学んでおきましょう。

言い方次第で短所は、あなただけの長所にもなりえます。

いつもバイト面接で話す短所に困っている人は、以下を参考にプラス思考な言い換え方をチェックしてみてください。

人見知りは「控えめ」とも言える

人見知りを短所としている人は、履歴書やバイトの面接時には「控えめな性格」と伝えてみましょう。

消極的なイメージを与えやすい人見知りと比べて、控えめは冷静で落ち着いた印象を持ちます。

冷静さや落ち着きは多くのバイトで役に立つ長所であるため、上手にアピールできれば評価を高めることができるでしょう。

「控えめな性格ですが、ここぞというところでは実力を発揮できるタイプです」といった感じで、短所をプラスに転換してみてください。

人見知りとは遠い、優秀な人材というイメージを面接で伝えられるでしょう。

優柔不断は「慎重」とも言える

優柔不断に悩んでいる人は、バイト面接で「慎重」と言い換えてみましょう。

ずっと決められない人というイメージになりやすい優柔不断よりも、慎重の方が良い印象になりやすいです。

慎重に判断して物事を決定するという性格は、マイナスどころかプラスに捉えられることが多いでしょう。

素直に優柔不断という短所を口にするのではなく、面接や履歴書では慎重という言葉を意識して使ってみてください。

「慎重な性格なので、じっくりと考えて判断することができます」といった言い方なら、短所をプラスに変えていけるでしょう。

人見知りは直すための努力をアピールしよう

人見知りは直すための努力をアピールしよう

もしあなたが人見知りや優柔不断といった短所に悩んでいるのなら、バイト面接で1つ苦労することにはなるでしょう。

しかしそんな性格を直すために日々努力をしていることをアピールできれば、面接はむしろ有利に運びます。

短所があるのならそれを利用して、バイト面接における加点ポイントとしてみてはいかがでしょうか。

例えば「短所を直すために○○をしている」といったエピソードをプラスすると、短所以上にその努力を目立たせることができます。

それはあなたの評価を高め、バイトでの活躍に期待してもらうきっかけになることでしょう。

以下からは人見知りを1つの基軸として、アピールの仕方を数パターン考えてみます。

自分の短所を面接でのアピールポイントに変えるときは、ぜひ参考にしてみてください。

時間をかけてでも信頼関係を築く努力をしている

人見知りだがコミュニケーションを取りたくないわけではない、という点をアピールするには、以下のような言い方がおすすめです。

私は人見知りな性格ですが、その分時間をかけてでも相手と打ち解けるように努力しています。

積極的に話しかけるだけではなく、聞き手になることを意識することで、孤立しないように心がけています。

その成果のおかげで、今はたくさんの友人たちと信頼関係を築くことができました。

時間はかかってしまうかもしれませんが、こちらの職場でも信頼関係を築けるように努力していきたいと思います。

時間はかかってしまうが、コミュニケーションはきちんと取るということを宣言することで、面接官に安心感を与えられるでしょう。

既に信頼関係を築けている友人がいることをアピールすれば、より説得力のある話にすることができます。

できるかぎり大きな声で話すようにしている

人見知りということは声が小さい、消極的な姿勢になりやすい、そんな誤解を解くには、大声で話していることをアピールしましょう。

人見知りな性格なので、普段から意識して大きな声で話すようにしています。

話すのは得意ではありませんが、せめて声を大きくすることで、周囲の人に迷惑をかけないように対策しているのです。

その成果か、最近では私のことを人見知りな性格だと思っている人が少なくなっているみたいです。

こちらのバイトでも元気に大きな声で話すことで、盛り上げていきたいと思っています。

自分が人見知りであることを知っていて、なおかつ具体的な対策が取れている、そういった2つのポイントを伝えることができます。

大きな声で話すという方法は人見知りを直すのに効果的なので、ぜひ実践してみるといいでしょう。

緊張するが自分から話しかけるようにしている

人見知りの人が職場にいると、空気が暗くなると考える人も多いです。

そういったデメリットが自分にはないことをアピールするには、以下のような言い回しがおすすめできます。

人見知りなため話すのに緊張してしまいますが、なるべく自分から話しかけるように努力しています。

上手に話せるわけではありませんが、職場を暗くすることはないと思います。

お客さんと話をするのも苦ではないため、人見知りのせいで仕事に支障が出ることはありません。

コミュニケーションが上手な人に学んで、これからも積極的に話す姿勢はなくさないようにしたいです。

積極的な姿勢を維持していくこと、人見知りが仕事や職場の邪魔にならないことをアピールすれば、短所は問題となりません。

実際に積極的に話す人は良い印象を持たれやすいので、少しでも人見知りな一面を持つ人は意識して話をしてみましょう。

短所があっても志望した理由があるはず

ここまでバイトにおける短所の伝え方をチェックしてきましたが、自分の短所ばかり見つめていてもバイト面接には合格できません。

短所を踏まえつつきちんと志望した理由を伝えられて初めて、バイト面接で結果を残すことができるでしょう。

逆にいえば短所の言い方ばかりに気を使って志望理由が疎かになると、バイト先に熱意を伝えることができなくなります。

短所が上手く言い換えられない、短所を軸としたアピールポイントを見つけられないという人も諦めずに、きちんと志望理由を準備しておきましょう。

自分には○○という短所がありますが、○○ということから強くこのアルバイトを志望します」と伝えることで、その熱意が評価されるかもしれません。

熱意はときとしてバイトの採用理由になりえるので、短所に不安がある人はそれを凌駕する強い気持ちを伝えられるような志望理由を考えてみましょう。

「面接・面談」の記事