バイト面接での髪型は、あなたの印象を相手に伝える最初のポイントになりえます。

本気で合格を目指すときはしっかりと髪型にまでこだわって、よいイメージを与えられるように準備しておきましょう。

こちらでは面接時の髪型のポイントやコツをご紹介するので、迷ったときは参考にしてみてください。

髪型をきちんと整えられれば、バイトの面接にも自信を持って臨むことができるでしょう。

バイトの面接において髪型は、特別に重視すべきポイントとなります。

どれだけ服装に気を使い、面接中の受け答えに注意しても、髪形1つで評価がひっくり返ることもあるでしょう。

しかし実際に面接にふさわしい髪型といっても、簡単にイメージすることはできません。

そこでこちらでは、面接の際にチェックすべき髪型について、男女別にまとめていきます。

髪型の基本について確認して、バイト面接で浮いてしまわないように準備をしておきましょう。

バイトだからと油断していると、髪形を理由に採用を見送られてしまうかもしれません。

そんなことにならないように、この機に髪型の正解について考えてみましょう。

バイト面接に行くときの髪型のキホン

バイト面接で認められる髪型には、いくつかの基本要素があります。

そのポイントを1つ1つ押さえておけば、面接で変に注目されることなく、純粋に自分自身を見てもらえるでしょう。

「髪型よりも中身を見て判断してほしい」と思うかもしれませんが、中身を見てもらうためにもまず髪型をきちんと整える必要があります。

バイトの面接で結果を残したいのなら、最低限の基本はチェックしておきましょう。

以下で解説している髪型のポイントは、誰でも実践できる簡単なものです。

特別な準備や技術は必要ないので、まずは試してみることをおすすめします。

清潔感のある髪型

清潔感のある髪型

バイト面接の髪型で1番重要なのは、何といっても「清潔感」です。

どんな職種であっても清潔感は重視されるので、よごれや乱れのない髪かどうか事前にチェックして面接に臨みましょう。

清潔感のある髪型にするには、念入りに髪を洗うことはもちろん、一目見て不快感を与えない髪に整えることが必要とされます。

具体的には寝癖や小さな汚れをきちんと直して、目立ったマイナス点をなくすように努めましょう。

基準としては自分でも気持ちいいと感じられる髪型をキープすると、相手に清潔感を与えやすくなります。

むずかしく考えずに、まずは自分なりに気持ちよく生活できる髪型を作ってみましょう。

派手すぎない髪型

髪色や髪のスタイルが派手すぎると、バイト面接中に悪目立ちしてしまう可能性があります。

面接が決まったならできるだけ髪型は大人しく、シンプルに抑えることを忘れないようにしましょう。

基本的には色は黒、もしくは控えめの茶色がおすすめです。

髪型もむやみに遊ばせるのではなく、あくまで誠実さをアピールする程度のアレンジにしておくのがポイント。

またカチューシャなどの装飾品も、面接時には外しておく方が無難です。

とにかく男女ともにシンプルな髪形を意識して、バイトに本気であることを示していきましょう。

きちんと手入れされてる髪型

髪にはそれぞれの個性が出るため、すべて理想的な状態にするのはむずかしいでしょう。

だからこそきちんと手入れを行って、髪に気を使っていることをしっかりとアピールしていくのがポイントです。

髪型に無頓着であると判断されると、バイトへの本気度を疑われてしまうかもしれません。

かっこいい髪型やかわいいスタイルよりも、手入れをして面接に来ているというアピールになるような髪型を目指しましょう。

面接当日にはいつもより時間をかけて髪型をチェックし、見落としのないように気を使ってみてください。

バイト面接で好印象な髪型: 男性編

男性にとっても、髪型はバイトの面接でチェックされる重要な要素となっています。

なるべく髪型から好印象を与えられるように、以下のポイントを確認しておきましょう。

これまで髪型にそこまで気を使ってこなかった人も、1つずつ知っていくことで、面接にふさわしい髪型を作ることができます。

自分の基準と照らし合わせて、あらためて面接用の髪形を考えてみることがおすすめです。

王道は短髪

短髪は面接中において、ある意味で男性だけに許された理想的な髪形といえます。

特にこだわりがないのであれば、面接前に髪を切ってさっぱりとした短髪で挑みましょう。

極端な短髪でなくても短めな髪型であれば、相手に清潔感を与えやすくなります。

面接の髪型に迷っているときは、なるべく短く整えるのがおすすめです。

しかし短髪にしたからといって、いいかげんな手入れで挑むのはマイナスとなります。

短髪を活かすためにきちんと手入れを行って、万全な状態で面接に臨みましょう。

ワックスは控えめに、整える程度

髪の毛を整えるためにも、ワックスをはじめとした整髪料は欠かせません。

しかしあまりにつけすぎてしまうと面接で浮いてしまう可能性があるので、控えめに利用つけるのがおすすめされます。

目安としては髪型を整える程度に抑え、はねさせたり無駄にとがらせたりはしないようにしましょう。

自分の中ではふつうの髪型だとしても、採用担当者によっては不適切ととられることもあります。

ワックスを理由に減点されることのないように、ふだんの髪型とはちがったスタイルにするように注意してください。

またいつもはワックスをつけないという人も、バイト面接の日ばかりは整髪料で髪を整えるようにしましょう。

エチケットとしてワックスで髪を整えることが、合格への第一歩となりますよ。

パーマは清潔感のある範囲で

清潔感のあるパーマなら、面接でも問題なく通用することでしょう。

しかしあまりに派手で個性的なパーマの場合、印象が悪くなるかもしれません。

初対面で相手をおどろかせるようなパーマは控えて、あくまで自分という印象を残す程度に抑えましょう。

またくせ毛が原因で天然パーマになってしまう人も、面接当日はワックスなどで整える努力をしてください。

無造作すぎる髪型は無神経な人というイメージを持たれてしまう可能性があるので、しっかりと対応しておくことがおすすめです。

パーマの人はできるならその日の湿度や天気まで考慮して、面接用にぴったりの髪型に整えていきましょう。

坊主は職種を選ぶかも

坊主も立派な髪型の1つですが、職種によっては避けられる可能性があります。

たとえば接客業などは無難でスタンダードな髪形を求める傾向にあるので、坊主であることが不利に働くかもしれません。

既に髪型を坊主にしてしまった場合は、髪が直接仕事に関係しない職種を選ぶのがポイントになります。

募集要項に「坊主は不可」と書いていないかぎり、髪型を理由に落とされることはないでしょう。

しかし応募したバイト先と坊主の相性が悪いようなら、なるべく別の髪型を選択するといいですね。

カラーも暗めに留めると安心

明るい金や茶色のヘアカラーは、どうしてもバイトの面接では軽薄に見られてしまいます。

普段から髪を染めているのなら、面接前に暗めに抑えておくことがおすすめです。

完全な黒の方が安心できますが、暗めであれば多少色がついていても問題ありません。

それよりも清潔感を重視して、きちんと整えることに集中しましょう。

バイト先によっては髪の色を細かく指定していることもあるので、その場合はしっかりとそれに合わせてくださいね。

バイト面接で好印象な髪型: 女性編

バイト面接で好印象な髪型: 女性編

女性もまた男性と同じように、面接時にはしっかりと髪型をチェックされます。

より自由な髪型が考えられますが、こちらでポイントを確認して面接を乗り切っていきましょう。

身だしなみや面接時の受け答えもできているのに合格できないときは、髪型に原因があるのかもしれません。

1度以下を参考に面接のための髪型について考えて、よりよいスタイルを追求してみましょう。

前髪は顔を隠さない程度の長さに

前髪で目や顔が隠れていると、相手に暗い印象を与えてしまいます。

面接の前には切りそろえて、はっきりと顔が見えるようにしておきましょう。

目の上くらいの長さで止めておくと、髪によって顔の印象が邪魔されずにすみます。

ピンで留めるのも1つの手ですが、なるべくなら面接のために前髪を整えておく方が、採用されたときのメリットとなるでしょう。

また前髪は面接時だけでなく、証明写真を撮影する際にも重要となります。

顔が隠れている写真は不格好に見えるので、履歴書に貼る証明写真を撮るときも注意しておいてください。

ヘアアクセサリーは控えめに

髪につけるタイプのアクセサリーは、控えめにしておきましょう。

あまり派手なアクセサリーでいっぱいだと、バイトの面接よりも遊びを優先しているように思われてしまいます。

面接の際にはそのような誤解を防ぐために、なるべくヘアアクセサリーの類は外しておくことがおすすめです。

それでもつけていく場合はシンプルなものを選び、髪色やヘアスタイルに合うように気をつけましょう。

無造作ヘアでもOKだが清潔感を意識して

無造作ヘアでもOKだが清潔感を意識して

自然体を意識したいわゆる無造作ヘアでも、面接に挑むことはできます。

しかしその場合はより清潔感に注意して、きちんと面接用に整えていきましょう。

無造作すぎる髪型は周囲から見ると、ただぼさぼさになっているように感じられてしまいます。

それは結果的にマイナスとなってしまうので、こだわりの無造作ヘアも面接のときは清潔感を重視しておきましょう。

もちろん無造作ヘアを理由にいいかげんな髪型で面接を受けるのはNGなので、きちんとした準備を忘れないでください。

パーマは強すぎずナチュラルなものに

女性もまたパーマが強すぎると面接時にデメリットとなるので、できるだけナチュラルな形に留めておきましょう。

軽いウェーブがかかる程度を目安にして、目を引くようなおしゃれさは控えるのがポイントです。

もし面接のために気合を入れて美容院に行く場合は、下手にパーマをかけるよりも清潔感を重視した自然な髪型を選ぶといいでしょう。

髪をまとめるときは後ろまとめがオススメ

髪が長いときはそのままにしておくよりも、まとめてしまった方が整った印象を与えることができます。

その場合は後ろでひとまとめにして、髪が散らからないようにしておきましょう。

特に風が強い日などは自然と髪の毛が乱れてしまうため、ロングヘアの女性は不利になります。

せっかくの面接のチャンスを逃さないためにも、長い髪は事前にまとめておくことがおすすめです。

またその際には髪を留めるゴムやピンが派手になりすぎないように、ある程度の配慮も忘れないようにしましょう。

髪色は従業員の人たちを参考にしよう

面接にふさわしい女性の髪色をこれと決めつけるのは、非常にむずかしいものです。

迷ったときは応募したバイト先の従業員の人たちを参考にして、髪色を決めてみるのもいいでしょう。

実際に働いている人たちの髪色は、そのお店の基準として考えることができます。

黒が多いようなら厳しく、明るい色が多いようなら寛容なバイト先だといえるでしょう。

自分の現在の髪色と比べてあまりに異なるようであれば、面接前に髪の色を変えるのもおすすめです。

バイト面接時の髪型についてのよくあるギモン

バイト面接の前に感じる疑問にはさまざまな種類がありますが、なかでも髪型は大きな問題となるでしょう。

より面接に集中するためにも、以下で髪型に関するよくある疑問をチェックしてみてください。

「自分の髪型は間違っていない」と自信を持つことができれば、面接で本当の自分を出すことができるでしょう。

それは合格に近づく大切なポイントになるので、面接の前に気になる疑問は解消しておくことをおすすめします。

ワックスはつけていいの?

髪型を整えるためであれば、ワックスをつけるのはなんの問題もありません。

むしろワックスをつけない無造作な状態では、寝癖などのリスクを負うことになるでしょう。

たとえ鏡で見て大丈夫のように思えても、思わぬ乱れが隠れていることはよくあります。

バイトの面接に備えるなら、軽くでいいのでワックスを使うようにしましょう。

しかしワックスでべたべたにしてしまうのも、清潔感という観点から見るとよくありません。

あくまで控えめにして、髪型を強調しすぎないように注意してください。

特にワックスに慣れていないとつけすぎる心配があるので、あらかじめ使い方を練習しておくといいでしょう。

黒髪じゃないとだめ?

バイト先が禁止していないのであれば、黒髪以外の色でも大丈夫です。

しかし当然そこには常識の範囲内であるという暗黙の了解があるので、先にも記載した通りあまりにも派手な色は控えましょう。

一般的な色合いであれば、特別に面接でマイナス評価を受けるということもありません。

むしろ髪色が明るいときは、全体のバランスに注意して服装などに気をつかうことも忘れないようにしましょう。

また実際に働くときの髪色が気になるときは、面接中に髪の基準について聞いてみるものいいですね。

髪の色を変えたくない人や、明るい色に染める予定の人は、あらかじめ髪色に厳しくないバイト先を選ぶことでストレスなく働くことができますよ。

証明写真と同じ髪型じゃないとダメ?

証明写真の髪型から変わっている場合でも、本人とわかる範囲内であればOKです。

しかしあまりに違いすぎるときは、証明写真の変更や本人確認が求められる可能性があります。

余計な疑念を与えるよりは、なるべく証明写真と現在の髪型に違いが出ないようにしましょう。

ちなみに履歴書の写真として認められるのは、撮影から3ヶ月~半年以内のものとなっています。

自分の写真がきちんと期限内のものであるか、あらためて確認してみるといいでしょう。

JOBLISTで求人を探す

「面接・面談」の記事