バイトの面接中に使う一人称は、合否を判定する重要なチェックポイントとなります。

ふだん何気なく使っている一人称ですが、面接の前にはしっかりと練習をして、正しい形で使えるように備えておきましょう。

一人称を正しく使うことはあなたの評価を高め、より細部まできちんと見てもらうきっかけになります。

どうしても合格したい面接があるときは、この機に会話の基本である一人称に注目してみましょう。

バイトの面接では、服装や髪型などさまざまなポイントがチェックされます。

しかしその中でもその人のひととなりを表現する「一人称」は、注意して対策しておくべきでしょう。

面接対策で受け答えを練習してきたのに、一人称の選択をまちがえたせいで合格できなかったという例もあります。

そんなことにならないように、この機にしっかりと面接で利用すべき一人称とその使い方を確認しておきましょう。

一人称を整えておけば、面接中の印象をよりよいものにすることもできますよ。

ビジネスでの一人称のキホン

一人称とは、「自分を指すときの言葉」です。

わたし、ぼく、じぶん、おれといった表現方法があり、面接だけでなく日常的に利用している言葉だといえるでしょう。

しかしふだん使っている一人称がバイトの面接でも正解だとは限らず、場合によっては自分自身の評価を下げることになってしまいます。

一人称のまちがいはその後社会に出たときも響いてくるので、この機会に基本をチェックして正しい形に直しておくことがおすすめです。

ビジネスでも使える一人称の基本を学べれば、大事な面接や会話で失敗することは少なくなります。

それは自然と自分の存在をアピールすることになるため、ぜひバイトの面接を利用して将来に活かしていきましょう。

やりがちな一人称、「僕」や「自分」も基本的にはNG

やりがちな一人称、「僕」や「自分」も基本的にはNG

「僕」や「自分」はポピュラーでありながら敬語に聞こえる一人称なので、面接の現場でもたびたび耳にします。

しかしそれらは本当に正しい一人称とはいえず、基本的にはNGな選択となるでしょう。

特にバイト面接のような誠実さをアピールする場では、「わたし」の一人称が1番適切だといえます。

もしこれまで「僕」や「自分」を多用してきた人は、次回以降は「わたし」を利用してみるといいでしょう。

「僕」や「自分」も完全なまちがいではありませんが、採用担当者のなかにはその一人称を失礼と受け取る人がいるかもしれません。

そんなリスクをなるべくなくすためにも、「わたし」を用いて安全に面接を進めていくことがおすすめされます。

バイト面接でも就職面接と同じ気持ちで

バイトの面接くらいなら、「僕」や「自分」といった一人称を使っても問題ないと考える人は多いでしょう。

しかし仮にバイト面接でOKだとしても、いずれ体験する就職面接などでは、より「わたし」の一人称が重要視されます。

面接中の一人称を後になってから修正するのはたいへんなので、最初から「わたし」を使うくせをつけておくことがおすすめです。

バイトでも就職でも、働く場所をもらうという点に変わりはありません。

バイトの面接なら軽い言葉づかいでもいいと思っていると、意外なところで失礼な態度が出てしまうでしょう。

面接では常に丁寧な対応をこころがけて、正しい一人称を利用していくといいですね。

一人称を複数使うのもダメ

一人称を複数使うのもダメ

バイト面接中にいくつもの一人称を使ってしまうと、採用担当者はあなたに対して違和感を覚える可能性があります。

余計なことで評価を下げないように、面接中に使う一人称は1つに統一しておきましょう。

一見複数の一人称を使いこなしていると、臨機応変な人物に見えるかもしれません。

しかし聞いている側としては一人称を1つにしぼった方が、あなたという人を把握しやすくなるのです。

やはり基本的には「わたし」をベースにして、面接中の応対を練習していきましょう。

特にIT系や事務バイトでは一人称に気をつける

IT系や事務のバイト面接では、より一人称の使い方に気をつける必要があります。

これらの業種はコミュニケーションの能力が問われることになるため、会話の基本である一人称は厳しくチェックされることがあるでしょう。

そのためより意識して一人称を整え、バイト面接に臨む必要があります。

逆にいえば一人称がしっかりしていると、それだけで高い評価を得られる可能性があります。

面接中に加点を重ねていくためにも、IT系や事務のバイトでは自分の一人称に注目しておきましょう。

履歴書の一人称にも注意

一人称は面接中だけでなく、履歴書にも書くことがある言葉です。

志望理由などを書く際にも、しっかりと注意しておくことがおすすめされます。

文字として残る履歴書はかなり印象的なものとなるので、場合によっては面接前にあなたの評価を固めてしまうかもしれません。

せっかく一人称の重要性を知ったのなら、面接だけでなく履歴書でも気をつかってみることをおすすめします。

文章の中でも一人称を統一するようにすれば、自然と口からも同じ一人称を使いやすくなるでしょう。

「あたし」や「おれ」と言わないように気をつけよう!

面接の中では、丁寧な言葉を使うのは当たり前のルールとなっています。

そのため「あたし」や「おれ」といった一人称を使うと、それだけで減点となってしまうでしょう。

特にいつも使っているような言葉をふいに使ってしまうと、バイト面接への本気度が疑われることにもなりかねません。

本当に面接に合格したいという気持ちを伝えるためにも、「あたし」や「おれ」といった軽い一人称は封印するようにしましょう。

一人称の使い方によってはマイナスイメージに

一人称の使い方によってはマイナスイメージに

「あたし」や「おれ」といった一人称は、使い方によっては大きなマイナスイメージとなります。

採用担当者が敬語で話しているのに、面接を受ける側が自分を「おれ」と紹介するのは、すごく印象が悪いですよね。

面接のような短い時間の中では、一人称1つであなたの存在が決められてしまうことだってあります。

少ない時間の中でマイナスの要因となるものを排除するためにも、「あたし」や「おれ」はまちがっても口にしないようにしましょう。

たとえ相手がラフな話し方でも引っ張られないように

面接担当者によっては、友だちのようにラフな話し方をしてくることがあります。

そんなときでも相手の言葉に引っ張られずに、しっかりとした一人称を使うようにしましょう。

あえてフランクな言葉づかいを利用して、相手がどのような対応に出るのか試している場合もありえます。

それに乗ってしまうと評価を下げられることもあるので、決してぶれずに丁寧な一人称をこころがけてください。

一人称が乱れると会話の全体にも影響が出る

バイト面接中に一人称が乱れると、その後の会話全体にも影響が出てしまいます。

たとえば「あたし」や「おれ」といってしまうと、敬語ではない言葉が続いてしまうこともあるでしょう。

そのためたった1度の一人称のずれが、面接の評価を決定的なものとしてしまうかもしれません。

このことからも一人称は面接の会話を成り立たせる、とても重要なキーポイントになるのがわかりますね。

面接中の会話をより高いレベルに引き上げるためにも、まずは一人称の練習を徹底しましょう。

親密感を出すのは面接に合格してから

バイト先の人と親密な会話ができるようになることは、仕事をするうえで大切なことです。

しかし面接中に親密感を出そうとラフな一人称を使ってしまうと、やはりそれはマイナスとなってしまうでしょう。

バイトで仲良しの友だちを作りたい、自分のコミュニケーション能力をアピールしたいという場合も、まずは丁寧な対応を行ってください。

親密感を出すのは面接に合格してからでも遅くはないので、今は目の前の面接に集中しましょう。

恥ずかしくてもすぐ慣れる

「あたし」や「おれ」とちがって、「わたし」という一人称を使うのは抵抗があるかもしれません。

しかし「わたし」は決して恥ずかしい言葉づかいではないので、練習していればすぐに慣れることができるでしょう。

逆にいえば「わたし」という一人称が恥ずかしいうちは、まだバイトの面接に対する準備が足りていないのかもしれません。

自分のことを「わたし」と呼ぶのが恥ずかしくなくなるくらい練習を重ねれば、面接で良い結果を残せるようになるでしょう。

面接で盛り上がって、気を抜かないように!

面接で盛り上がって、気を抜かないように!

面接がスムーズに進むと、採用担当者と話が弾むこともあるでしょう。

しかしそんな盛り上がっているときも、一人称は決して崩さないように注意してください。

採用担当者の仕事は、あくまでもあなたという人物を見極め、面接の合否を決めることです。

そのためたとえ話が盛り上がって仲良くなっているようでも、内心ではしっかりとあなたの態度をチェックしている可能性があるでしょう。

面接が上手くいって盛り上がっているようなときこそ、あらためて一人称と言葉づかいを注意してみてください。

面接で正しい一人称を使うことのメリット

面接で正しい一人称を使うことには、さまざまなメリットがあります。

少しでも合格の確率を高めたいのなら、以下のポイントを狙ってぜひ一人称を整えてみてください。

メリットがわかっていると練習にも身が入るので、より的確に面接の技術を高めていくこともできます。

一人称の重要性にイマイチ納得できないときは、まずそこから得られるメリットをチェックしてみましょう。

礼儀正しい印象を与えられる

一人称を正しく使えていると、それだけで礼儀正しい印象を相手に与えることができます。

それは面接において重要な評価ポイントとなるので、マスターしておいて損はないでしょう。

「わたしは礼儀正しい」と口に出すのは簡単ですが、それを客観的に発見してもらうのは難しいです。

そのため自然と礼儀正しさをアピールできる一人称は、優先して学ぶべきだといえるでしょう。

自分の長所が礼儀正しさにあると思う人ほど、一人称の使い方には注意深くいてください。

練習してきたことをアピールできる

バイトの面接で適切といわれる「わたし」という一人称は、ふつうの日常で使うことが少ない言葉です。

そのため自然に「わたし」を使えているだけでも、面接の練習をしてきたことをアピールすることができます。

時間をかけて練習した成果を披露できれば、採用担当者もその分あなたを正当に評価してくれるでしょう。

そういった小さなポイントを積み重ねていくと、面接の合格はぐっと近づきます。

少しでも面接で役に立つ技術を身に着けたいのなら、一人称を練習することは大きなメリットとなるでしょう。

他の応募者に差をつけられるかも

他の応募者に差をつけられるかも

一人称は自分の印象を決める重要な要素ですが、気にしないで面接に臨む人が多いのも事実です。

そんなバイト面接の盲点ともいえる一人称を完ぺきに仕上げておけば、他の応募者と差をつけることもできます。

仮にまったく同じ評価の2人がいたとしたら、一人称がいいかげんな人よりも、しっかりとした一人称を使える人を選ぶでしょう。

他の応募者が気にしていない部分こそ自分をアピールするチャンスとなるので、一人称を学ぶメリットだといえますね。

バイト面接の一人称で失敗しないコツ

バイト面接で一人称が重要であることは、おわかりいただけたかと思います。

しかし実際に正しい一人称を使うのは難しく、意識すればするほど上手くいかないこともあるでしょう。

そこでここからは、バイト面接中に一人称を失敗しないためのコツと注意点をチェックしていきます。

どうしても「あたし」や「おれ」が出てしまうという人は、以下のポイントを把握してみてください。

日常的に一人称を使い慣れておく

バイト面接の一人称は、基本的に使い慣れていないものだと思います。

そのため思わぬ質問や想定外の事態が起きたとき、とっさに正しい一人称が口から出てこないことはありえるでしょう。

そうならないためにもまずは日常的に一人称を使い、口に馴染ませておくことがおすすめです。

1人でいるときにちょっと「わたし」と口に出してみるだけでも、実際に面接を行うときにスムーズに言葉にできます。

ぎこちない一人称にならないように、まずは日常的な利用から始めてみましょう。

会話の冒頭に一人称を持ってくるとまちがえにくくなるのでオススメ

会話の冒頭に一人称を持ってくることで、まちがえる可能性は大きく減ります。

「○○なので」ではなく、「わたしは○○です」という文脈を意識して、一人称を利用してみるといいでしょう。

とりあえず一人称を最初にいうと決めておけば、集中して言葉を選ぶことができます。

それは全体的なまちがいを減らすことにもなるので、慣れないうちはそうやって一人称を安定させていきましょう。

一人称ばかりに集中してもダメ

一人称は会話の重要な部分ですが、あくまで基本に過ぎないといえるでしょう。

そのため一人称をどう話すかばかりに集中してその他の会話がおざなりになると、本末転倒となるので注意が必要です。

会話の内容を邪魔しない、むしろ際立たせるために一人称を使うべきで、一人称をまちがえないために会話をしてはいけません。

その点を十分に理解することができれば、バイト面接で一人称をスムーズに使いやすくなります。

一人称ばかりに集中しないことが、一人称を正しく使う1つのコツになることは覚えておいてください。

「面接・面談」の記事