バイト面接では、言葉遣いと振る舞いが結果に大きく影響します。

合格を手にするためにも、こちらでいくつかのチェックポイントを把握してみてはいかがでしょうか。

自然な言葉遣いや振る舞いで面接に臨むよりも、しっかりとした準備によって培われた言葉や動きの方が相手に届きやすくなります。

本気でバイトに受かりたいのなら、この機に気をつけるべき言葉遣いと振る舞いの知識を蓄えておきましょう。

バイトの面接に受かりたいのなら、自分の言葉遣いと振る舞いには特別に注意を向けなければなりません。

しかし具体的にどのようなことに気をつければいいのかわからないと、きちんと対策を取ることができないでしょう。

そこでこちらではこれからバイト面接を受ける方々のために、言葉遣いと振る舞いに関する実践向きの情報をチェックしてまいります。

以下のポイントを中心に自分の態度を確認していけば、理想的な面接を行うことができるでしょう。

チェック項目はたくさんあるため、1度にすべてを習得するのは難しいかもしれません。

しかしだからこそ1つずつ確実に学んでいき、面接時のスキルを高めていきましょう。

挨拶をしない

挨拶をしない

挨拶をしないというミスは、面接において致命的です。

どれだけ受け答えや愛想がよくても、挨拶がないだけで常識知らずだと思われてしまう可能性はあるでしょう。

そのため面接会場に入るとき、採用担当者に会ったときなどは、欠かさず挨拶をするのがポイントです。

挨拶の内容は、「失礼します」「はじめまして」「よろしくおねがいします」などの簡単なものでかまいません。

きちんと退室時にも「ありがとうございました」と挨拶をし、良いイメージを残すことを忘れないようにしましょう。

なるべくならバイト先のお店や面接の場に入った時点から、会う人すべてに挨拶をするのが理想となります。

黙っていると本番でハキハキとしゃべることができなくなるため、面接当日は積極的に挨拶をしていきましょう。

言葉遣いに丁寧さがない

バイトの面接中には、言葉遣いの丁寧さが特に注意して見られています。

「○○ですよ」「○○なんでしょうね」といったガサツな言葉を使っていると、相手に不快感を与えてしまうかもしれません。

とにかく丁寧な言葉を選んで、面接の空間に馴染むように心がけましょう。

自分を呼ぶときは「わたし」、返事をするときは「わかりました」など、いくつか基本となる言葉遣いをチェックしておくと便利です。

特に自分のことを「ぼく」や「あたし」と呼んだり、「了解です」や「すみません」と応えることは、面接の場においてマナー違反となります。

言葉遣いをまちがえるといっきに印象を落としてしまうので、あらかじめNGワードを自分でリストアップしてみるのもおすすめです。

「ッス」など友達言葉を使ってしまう

「ッス」など友達言葉を使ってしまう

意外とやってしまいがちなのが、「ッス」といったいわゆる友達言葉です。

フレンドリーな印象を与えようとしてわざと使う人もいますが、初対面の面接で用いるのは危険でしょう。

いいかげんなイメージや、最悪の場合ふざけていると受け取られてしまうこともあるので、軽い言い回しは避けるようにしてください。

前述したとおりとにかく丁寧な言葉遣いでいることが、バイト面接の際のポイントになります。

語尾を伸ばしてしまう

無意識のうちに会話の語尾を伸ばしてしまう人は、面接前に直しておくことがおすすめです。

「○○ですー」「○○しますー」といったように語尾を伸ばしてしまうと、自分をだらしなく見せることになります。

くせになっている人も多いので自覚がないかもしれませんが、少しでも思い当たる場合は意識して語尾を止めるようにしてみましょう。

「○○です」「○○できます」と語尾をピタッと止めることができれば、ハキハキと話をすることができます。

それはバイト面接の会話をスムーズなものとするので、上手く話せないときも注意して語尾をチェックしてみるといいでしょう。

「まあ」や「はあ」などの曖昧な言葉が多い

面接での受け答えは、合否を決める重要な判定ポイントとなります。

その受け答えに「まあ」や「はあ」といった曖昧な言葉を多用していると、どうしても評価は下がってしまうでしょう。

面接のときは大袈裟なくらいに「はい」と返事をし、きちんと相手の質問や会話に応答するようにしてください。

あなたの返事がYesなのかNoなのかはっきりしないと、採用担当者を困惑させることになります。

意思疎通をしっかりと行うためにも、曖昧な返事はなるべくなくしていくようにしましょう。

笑顔・愛想がない

言葉遣いと同じくらいチェックされるのが、笑顔や愛想です。

むすっとした表情で面接を受けている人を、採用したいと考えることは少ないでしょう。

面接を設定してくれたバイト先のためにも、精一杯の笑顔と愛想を駆使して対応するのがマナーとなります。

この場合の笑顔や愛想には、上手い下手が関係ありません。

たとえ下手な笑顔だとしても、しっかりと愛想よく対応しようとしているのであれば、相手にはきちんと伝わります。

バイト面接の際には、とにかく意識して笑顔を作るように心がけましょう。

腕や足を組む

面接を受けているのに、腕や足を組むという態度に出るのは大問題です。

よほどの人手不足でないかぎり、そのような振る舞いをしてしまったら落とされる可能性は高くなるでしょう。

自分は腕や足を組むことはないと思っている人も、無意識のうちにふだんのくせが出てしまうことがあります。

よく腕や足を組んでリラックスしているという人は、バイト面接までに1度意識して自分のくせを観察してみるといいでしょう。

思わず面接中にそのくせが出てしまうと取り返すのが難しくなるので、事前に抑えられるように気をつけておくのがおすすめです。

メモを取ったり意欲的に話を聞かない

メモを取ったり意欲的に話を聞かない

面接の現場では、ときおり受け身すぎる振る舞いがマイナスとされることがあります。

せっかく面接を受けているのなら、メモを取ったり質問をしたりして、意欲的に話を聞いていきましょう。

興味がないと捉えられてしまうと、仕事に対する熱意を疑問視され、合格が遠のいてしまいます。

特にメモの有無は自分の積極性を示す1つのきっかけとなるので、忘れずに持参していきましょう。

また面接の最後に質問がないか聞かれることがありますが、そこでバイトに関する簡単な質問をするのもプラスポイントです。

「自分は本気でバイトがしたいんだ」という気持ちを、まずは面接での振る舞いからアピールしていきましょう。

指定された持ち物を忘れる

面接の際には、いくつか持ち物を指定されることがあります。

わざわざ指定されたということは面接で使うことになるものなので、忘れないように気をつけておきましょう。

たとえば履歴書や印鑑を忘れると、面接を進めることができなくなる可能性があります。

最悪の場合そのまま不合格ということもありえるので、指定された持ち物は事前にすべてチェックすることが必須です。

「忘れ物がある=やる気がない」と判断されることを防ぐためにも、面接当日は念入りに持ち物を確認しましょう。

時間ギリギリだったり遅刻したりする

バイト面接の時間は、絶対に守るべき基本的な約束です。

逆にいえば面接の時間を守れないようだと、合格の確率は低くなってしまいます。

時間ぎりぎりに入室したり、遅刻をしたりすることがないように、面接当日は5分前に到着できるようなスケジュールを確保しましょう。

心に余裕を持つためにも、面接を行う場所の近くで待機しているのが理想的です。

遅すぎても早すぎてもダメなので、時間を調整するための場所をあらかじめ探しておくのもいいでしょう。

また仮に遅刻をしてしまう場合は、なるべく早くバイト先に連絡を入れる必要があります。

無視してしまうのは1番よくないので、必ず遅れる旨を相手に伝えるようにしてください。

こちらの記事もオススメ!

目を見て話せない

目を見て話すというポイントは、コミュニケーションの基本だといえます。

そのためずっと採用担当者から視線を外していると、基本を把握できていないと思われてしまうかもしれません。

なるべく面接の間だけでも、相手の目を見て話すことは意識して行いましょう。

どうしても恥ずかしいという人は、目ではなく顔全体を見るようにするのがおすすめです。

まっすぐに顔を向けることさえできれば、相手に安心感を与えることができますよ。

質問を理解しようとしていない

質問を理解しようとしていない

面接の中では、あなたに向けてたくさんの質問が行われることになるでしょう。

その質問にきちんと答えることができないと、面接での評価は残念ながら低くなってしまいます。

まずは相手の話を聞き、落ち着いて質問を理解するように努めましょう。

的外れな答えを口にするくらいなら、ゆっくりと考えて確実な返答をする方がおすすめできます。

質問への返答が苦手という人は、多少の時間を使ってでも考えながら発言をするようにしましょう。

質問を聞き返すのはダメ?

もし質問を聞き逃してしまった場合は、もう1度繰り返してもらえるようにお願いしても問題ありません。

質問内容が曖昧なままで答えるよりは、きちんと謝ってから聞き返す方がずっと礼儀正しいといえるでしょう。

しかし何度も聞き返すようなことになると、どうしても面接への集中力を疑われてしまいます。

あくまで話を聞くことには常に集中しながら、万が一聞き逃した場合にだけ聞き返すようにしましょう。

落ち着きがない

面接中に体を動かしたり、視線を色々な場所にさまよわせていたりすると、落ち着きがないと思われてしまいます。

落ち着きのなさはバイトの業種によっては不利に働くため、マイナスの印象を与えるかもしれません。

落ち着きのなさを自覚できているのなら、体や視線は意識して動かさないように努めるといいでしょう。

相手の話に集中したり、軽い身振り手振りを交えたりすると、自然と気持ちが落ち着くケースがあるので試してみるのもおすすめです。

貧乏ゆすりなどには特に注意

貧乏ゆすりなどのくせは、落ち着きのなさを露呈する要因となってしまいます。

日常的に体の一部を動かすことがあるのなら、面接の間だけでも抑えられるように訓練してみましょう。

くせへの対策を取らないままで面接を受けるよりも、あらかじめ多少の意識を持っておく方が、安心して面接に挑むことができます。

当日になってから後悔しないように、自分の落ち着きのない行動は事前にチェックしておきましょう。

携帯電話をマナーモードにしてない

携帯電話をマナーモードにしてない

面接中に携帯電話が鳴ってしまうのは、第一印象として最悪です。

きちんと面接前にマナーモードであることを確認して、音が鳴らないように対策しておきましょう。

またポケットに入れたまま面接を受けると、マナーモードであっても音が響く可能性があるためおすすめできません。

バイト面接の際にはかばんの奥に入れて、携帯電話から距離を取るようにしましょう。

面接中の携帯電話は、電源を切ってしまうのがもっとも安全となります。

いちいち電源の入り切りが面倒に感じるかもしれませんが、リスクを考えると面接中は電源を切ってしまうのもおすすめです。

ガムを噛んでいる

何かを口に入れながら面接を受けるのは、マナーとして最低の行為となります。

まちがってもバイト面接の最中は、ガムを噛んだり飲み物を飲んだりしないようにしましょう。

そんなことしないだろうと思われるかもしれませんが、ふだんからガムを噛みながら行動する人は、無意識のうちにやってしまいがちなのです。

相手への振る舞いとして最低限のマナーとなるので、面接前には1度意識して口の中を点検してみてください。

面接前には歯みがきも忘れずに

バイト面接の前に食事を取ったのなら、きちんと歯みがきを忘れないようにしましょう。

自分ではなかなか気づかないようなにおいも、相手にはわかってしまうことが多いので、慎重にチェックするのがおすすめです。

においや汚れを取ることは、人と会う際の重要なマナーとなります。

第一印象がもっとも意識される面接のような場では、特に歯や口まわりを整えておきましょう。

帽子を外さない

面接中も帽子を外さないままでいると、マナー違反となってしまいます。

たとえ服装とのコーディネートがあるとしても、面接の時間になったら帽子はまちがいなく外しておくようにしましょう。

帽子の着脱は髪型を乱す要因にもなるため、気になる人はあらかじめ面接当日には帽子をかぶらないでおくのがおすすめです。

一方で当日に髪型をセットできなかった場合や、強風のせいで髪が崩れてしまうような日には、帽子をかぶることで対策を取ることができます。

臨機応変に帽子を利用して、面接当日を乗り切ってみてはいかがでしょうか。

もらった名刺のとり扱いができていない

バイト面接の際には、採用担当者の名刺を受け取ることがあるかもしれません。

そのときに名刺を雑に扱ってしまうと、減点とされることがあるので注意しましょう。

学生であれば特別なマナーを覚える必要はありませんが、最低限名刺を大切に取り扱うという点は押さえておいてください。

まちがっても折ったりくしゃくしゃにしたりはせず、言葉遣いと同じように丁寧に扱うようにしましょう。

またもらった名刺をそのまま置いていくのもマナー違反となるので、きちんと持ち帰るのも忘れないでください。

その後の連絡手段として使えるかもしれないため、名刺はしばらく保管しておくのがおすすめです。

「面接・面談」の記事