「バイト面接での自己紹介がとにかく苦手だ」という人は、決してあなただけではありません。

しかしちょっとしたポイントと注意点を知るだけで、面接中の自己紹介はかなりスムーズなものとなります。

自己紹介で失敗した経験を引きずっているのなら、こちらで基本を改めて確認してみましょう。

実際に使える自己紹介の例文も記載していますので、参考文を探している人も要チェックですよ。

バイトの面接において、自己紹介は欠かせない要素となります。

自己紹介を上手にこなすことができれば、合格に一歩近づくことができるでしょう。

しかし自己紹介は何の準備もないまま完ぺきに行えるほど、簡単なものではありません。

そこでこちらではバイト面接の際に求められる基本と、注意すべきポイントをチェックしてまいります。

バイト面接の自己紹介が苦手だという人は、この機にその意識を変えてみてはいかがでしょうか。

面接時の自己紹介王道パターン

バイトの面接時に行われる自己紹介には、王道ともいわれるパターンが存在します。

この王道を知っているかどうかで自己紹介の完成度は変わってくるので、まずは基本となる流れを把握しておきましょう。

バイトの自己紹介では、オリジナリティよりもむしろきちんとした流れにそって話ができるかどうかが判断基準となります。

下手に自分を出そうとするよりも、失敗しないための方法を学んだ方が、面接時の評価を高めることができるでしょう。

以下から簡単な流れとポイントを記載しますので、自己紹介に必要となるスマートさをぜひ身に着けてみてください。

まずは挨拶、そして名前と身分を

まずは挨拶、そして名前と身分を

「自分」を「紹介する」のが自己紹介であるため、まずは挨拶から始めるのが基本となります。

「はじめまして」や「私は○○と申します」でスタートを切り、「よろしくお願いいたします」と続けることで、自己紹介らしい形を作ることができるでしょう。

挨拶の後は名前と身分(学生や社会人など)を付け加えれば、あなたの基本情報をバイトの面接官に伝えることができます。

非常に簡単なことのように思えますが、面接時は意外にもこの基本を見失いやすいので、自己紹介を始めるには最初の挨拶こそが重要であることは覚えておいてください。

逆に最初の挨拶ができていないと、どれだけ素敵な自己紹介ができたとしても、礼儀知らずと受け取られてしまう可能性があります。

つかみを間違えると立て直しが難しくなるので、とにかく挨拶だけは忘れないようにしましょう。

冒頭に挨拶があると続けやすい

挨拶を冒頭に入れると、準備してきた自己紹介の内容をスムーズに話しやすくなるというメリットもあります。

何から話し始めればいいのかわからない、話す内容をすぐに忘れてしまう、そんな人は特に挨拶からスタートすることを意識してみてください。

緊張しやすいバイト面接でも、挨拶をきっかけとすれば自分らしく話し出すことも難しくはないでしょう。

自己紹介に苦手意識がある場合は、克服するために挨拶の勢いを利用していくことがおすすめです。

学生なら学校名と学年を

挨拶を終えて名前を伝えた後は、自分の身分を話すのが基本の流れとなります。

学生であるならここで学校名と学年を伝えることで、後の自己紹介をスムーズに進行することができるでしょう。

その際の学校名は省略せずに、正式名称で話すのが1つのポイントです。

丁寧さをアピールすることにもなるので、正確な名前を口にすることを忘れないようにしましょう。

バイトの面接中に重要視されるのは現在通っている学校名だけとなるため、小学校や中学校まで遡って話す必要はありません。

無駄に長くなると面接がシラケてしまうこともあるので、簡単に終わらせることを心掛けましょう。

部活動などについても話すと良い

部活動などについても話すと良い

学校の部活動に入っているのなら、このタイミングでいっしょにそのことを話すのもおすすめです。

部活の活動時間や忙しさは採用結果を左右することにもなりえるので、あらかじめ伝えておくのが無難でしょう。

こちらも基本的に現在入っている部活動だけで十分ですが、過去の部活で何か記録を持っている場合などは、アピールするのも1つの手段です。

部活と自分の長所を上手につなげられるのなら、自己紹介のクオリティをアップさせることもできるでしょう。

社会人であれば経歴を軽く

既に社会人として働いたことがあるのなら、挨拶の後に経歴を軽く話すようにしましょう。

経歴は会社の正式名称と仕事内容、そして勤務した年数を伝える程度でOKです。

職歴が複数ある場合は、時系列順に話していくのがベストとなります。

自分のこれまでを詳細に話すと、バイトの面接官があなたという人物をイメージしやすくなるでしょう。

それは面接をスムーズに進める下地となるので、積極的に狙っていきたいですね。

しかしあまりに経歴の説明が長くなると、面接の貴重な時間が圧迫されてしまいます。

そのため冗長にならないようにコンパクトに話すことを意識して、その後の自己アピールに素早くつなげていきましょう。

アルバイト歴も話そう

以前に別のアルバイトをしていたのなら、自己紹介の流れで話すのがおすすめです。

特に面接を受けているバイトと少しでも関連する過去がある場合は、アピールポイントとして有効利用するべきでしょう。

こちらも働いていた会社の正式名称と仕事内容、勤務した年数を話すのが基本です。

バイトは立派な経験として扱われるものなので、自己紹介を彩るためにもぜひ活用していきましょう。

またこれまでバイトを含めた就業経験がないという人は、最終学歴を伝えるようにしてください。

「○○大学○○学部を○○年に卒業」と話してから、その後の自己紹介につなげるのが一般的な流れとなります。

最後に志望動機や応募先に対する気持ちを

上記の内容を話すことができたのなら、最後に志望動機や応募先に対する自分の気持ちを発表しましょう。

熱意や気持ちはバイト面接における重要点の1つとなるので、自己紹介の中に盛り込むことがおすすめされます。

志望動機などは面接官にとっても気になる部分となるため、あなたから話してくれることを待っている場合も多いです。

面接官の期待を裏切らないためにも、きちんとした文章を準備しておくようにしましょう。

一方でやはり長くなりすぎるとイメージが悪くなってしまうので、短い文面にまとめる力が求められます。

印象に残るような文章を、2つ3つ使うようなアピールが理想となるでしょう。

バイト面接の自己紹介、例文集

バイト面接の自己紹介、例文集

先にも話した通りバイト面接では、王道といえるような自己紹介のパターンがあります。

こちらでその例文を記載していきますので、王道を理解するためにもぜひ参考にしてみてください。

例文をそのまま自分の経歴に当てはめて使うだけでも、面接中の印象が良くなります。

自己紹介の文章を考えるのが難しいときは、まず例文から組み立ててみることがおすすめです。

学生さんの場合

学生の自己紹介におけるポイントは、丁寧さと誠実さです。

自分という人間を正確に見てもらうためにも、以下のような文章で自己紹介を行ってみましょう。

はじめまして。○○(名前)と申します。

本日は面接のためのお時間をいただきまして、ありがとうございます。

まずは自己紹介をさせていただきます。

私は現在○○高校の○年生として、日々勉学に励んでおります。

部活は○○に所属しており、○曜日から○曜日までは練習を行っています。

部活で得た○○という経験をこちらのアルバイトで活かしたいと考え、この度は応募をいたしました。

きっと○○という形で、お役に立てると思います。

以上です。よろしくお願いいたします。

部活の部分をこれまでのアルバイト経験に変えたり、勉強や習い事で学んだことを優先したりしてもOKです。

あくまで簡潔に終わらせて、その後の面接へのバトンタッチを意識しましょう。

社会人の場合

社会人の場合も自己紹介には丁寧さと誠実さが求められますが、学生よりもさらに落ち着きが必要になります。

慌てずにゆっくりと話をして、自己紹介をクリアしていきましょう。

はじめまして。○○(名前)と申します。

本日は面接のためのお時間をいただきまして、ありがとうございます。

まずは自己紹介をさせていただきます。

私は○○大学の○○学部を卒業後、○○会社に入社しました。

そこでは○○という仕事を任され、○○という貴重な経験をさせていただきました。

その経験から○○の技術には自信があり、こちらの業務にも活かすことができると思います。

○年間勤めた後諸事情により退職し、現在は○○(資格勉強やスキルアップに関することが望ましい)をしながら就職活動を行っています。

私が持つ技術や経験をこちらのアルバイトに活かしたいと思い、この度は応募をいたしました。

以上です。よろしくお願いいたします。

社会人の場合はこれまでの経歴によって、自己紹介の文量が増えてしまいます。

あまりに長くなってしまう場合は、1つの職歴を中心に話すのがおすすめです。

対応の仕方も見られている

バイトの面接官にとっては、あなたの話す内容の多くが採用に直結する大切な情報となります。

自己紹介に対する質問にどのような対応をしたのかも、当然見られていると考えるべきでしょう。

例えば嫌な顔をしたり、しどろもどろになって質問に答えられなかったりすると、臨機応変な対応ができない人だと判断されてしまいます。

自己紹介の後はつい安心してしまいがちなので、隙をつかれて失敗しないように意識をしておくのがおすすめです。

嘘をつかずに誠実な応対を

自己紹介に対する質問の多くは、内容よりもその応え方を見るためのアプローチです。

そのため上手い返しや個性あふれた返答をするよりも、つっかえないスムーズな受け答えができるように準備しましょう。

ここでついついやってしまいがちなのが、自分をアピールしようとして嘘をついてしまうことです。

しかし嘘はバイト面接の間ずっとあなたの足を引っ張ることになるため、むしろマイナスに響くことになるでしょう。

自己紹介に対して何か質問をされたときは、とにかく嘘をつかない誠実な対応を目指してください。

バイト面接の自己紹介でよくあるギモン

バイト面接の自己紹介でよくあるギモン

バイト面接での自己紹介に慣れている人は、決して多くはありません。

そのためいくつもの疑問や悩みが浮かんでしまい、考えすぎて不安になってしまうこともあるでしょう。

以下ではバイト面接の自己紹介に関するよくある疑問をまとめていますので、不安要素がある人は確認しておいてください。

疑問をそのままにしていると、自信を持ってバイトの面接に挑むことができません。

自分本来の実力を発揮するためにも、疑問や悩みはこの機に解消しておきましょう。

自己紹介が短くても平気?

自己紹介が短くなってしまうと、面接での印象が悪くなってしまうのではと思われるかもしれません。

しかしきちんと準備をした文章で、なおかつ一生懸命に話していることを伝えられれば、短くても問題はないでしょう。

むしろだらだらと話すことはマイナスに取られることがあるため、簡潔にまとめた自己紹介を目指したいですね。

だいたい2分以上3分以内がベストとされることが多いですが、それ以下でも内容がわかりやすければOKです。

しかし一言二言で終わってしまうような自己紹介は、そもそも自己紹介として認められないことがあります。

準備をしないままバイト面接に臨むと、自己紹介が短くなりすぎてしまいがちなので、事前に話す内容はきちんと用意しておきましょう。

話し終わったらどうしたら?

自己紹介を終えるタイミングやきっかけがつかめないせいで、何となく上手くしめられなかったという人は多いです。

話し終えるときは基本的に「以上です」が有効であるため、準備してきたことをすべて出し切ったならその言葉で次に進みましょう。

自己紹介中にアドリブが出てしまったり、話す内容が飛んでしまったりすると、最後の終わらせ方が重要となってきます。

とにかく「以上です」という言葉を忘れなければ大丈夫なので、自己紹介を練習する段階から意識しておくことがおすすめです。

緊張しすぎてしまうときはどうしたらいい?

自己紹介とは、「自分のことを自分で話す」というかなり特殊な時間です。

そのため話が苦手な人にとっては、かなり緊張することになってしまうでしょう。

しかし緊張は決して悪いことではないので、無理に克服する必要はないといえます。

むしろ緊張しながらでもきちんと自己紹介をしようという姿勢は、バイト面接での評価につながるでしょう。

変に気にしすぎるよりもありのままを出す方が、メリットになるかもしれませんよ。

JOBLISTで求人を探す

「面接・面談」の記事