アルバイトの給料は銀行振込だけでなく、手渡しで行われることもあります。
銀行口座の取得が簡単になっている現代でも、手渡しによる利点を活用しているバイト先は多いようです。
手渡しにどのようなメリット・デメリットがあるのか事前に理解し、給与の支払い形態について確認しておきましょう。

アルバイトの給料は銀行振込によって支払われることが多いですが、ときには手渡しによる支給も考えられます。
働いたらその場でスムーズに給料を受け取れる手渡しのスタイルは、雇用側にも労働者側にも嬉しいものとなるでしょう。

とはいえ、手渡しはメリットばかりではなく、デメリットも同時に内包している制度なのです。
事前に制度の概要と、実際に手渡しが多いアルバイトの種類を把握しておくといいでしょう。

アルバイトの給与が手渡しってあり得るの?

アルバイトに応募する際、時給や労働時間といった待遇は必ず確認するものですが、給与の支払い方にまで気を回す人は少ないかもしれません。
しかし、アルバイトの場合「手渡し」によって賃金の支払いが行われる可能性もあり、想像していたものと違う形で給料を受け取ることもあり得るのです。

手渡しになると、給料を受け取るタイミングやその後の対応方法が変わってくるので、あらかじめその特徴を知っておくことが望ましいでしょう。
「今時手渡しなんてあるの?」と感じられるかもしれませんが、特に違法ではないため、応募したバイト先がその制度を採用していても何の問題もないのです。

給与を手渡しで支給をしている場所もある

アルバイトの給料は一般的に、銀行口座への振込みによって支払われます。
採用されたときに提出する書類等のなかに、口座番号が含まれていることが多いでしょう。
そのため、一ヶ月の間に働いた時間分だけ、まとめて口座に振り込まれるのが基本となります。

一方で、手渡しを行っている企業もあり、その場合は上司となる人から直接賃金を受け取ることになります。金額が明瞭な支払い方法になるので、確実に自分の目で給料の中身を確かめたい人におすすめされるでしょう。

振込は安全かつ手間をかけずに支給できる

銀行振込は一度振込みの手続きを行ってしまえば、安全に給料を支給できるのが強みです。
基本的に、銀行のシステムがトラブルを起こさない限りは、正確な給料を毎月支払い続けることができるでしょう。

銀行振込は支払いのたびに手間をかける必要がないため、業務の簡略化に貢献してくれるのもポイント
大勢の社員を抱える大企業などは、銀行振込によるスタイルが欠かせないものになるでしょう。

振込は手数料がかかる

b<>安全に給料を支払えるのが銀行振込の特徴ですが、その代わりに「振込手数料」が発生します。
毎月の額はわずかですが、長期的に支払い続けるとなれば、その負担は無視できないものになるでしょう。

そのため、振込みの手数料を削減したい企業が、手渡しを行うことがあります。
特に、手渡しが習慣化していて抵抗がない企業にとっては、銀行振込をあえて避けるというパターンもあり得るのです。

アルバイトの給与 手渡しのメリット

アルバイトの給料を手渡しで受け取ることには、いくつかのメリットがあります。
銀行振込では得られないことが多いので、手渡しがバイト後の生活に意外な効果を与えてくれるかもしれません。

メリットを知らずに手渡しをされると、「いちいちめんどくさい……」と感じてしまうこともあるでしょう。バイトへのモチベーションを下げないように、まずは手渡しのメリットを確認してみてください。

働いたことへの実感が湧く

給料を直接手渡しで受け取ると、働いたことに対する実感が湧いてきます。
苦労した分だけリターンを得られると視覚的に理解できるので、今後もバイトをする気力を得ることができるでしょう。

ただ通帳の残高が増えるだけでは、「働いた甲斐がない」と感じてしまうのなら、手渡しによるメリットが大きくなります。
長期的にバイトを続けるモチベーションを養うために、手渡しのバイト先を選ぶのもおすすめです。

振込トラブルが防げる(口座番号の誤りなど)

手渡しでなら確実に相手に給料を届けることができるので、銀行口座を利用する際に発生する「振込みトラブル」を回避できます。
口座番号の間違いなどケアレスミスを防げることは、手渡しが持つメリットの一つです。

一方で、きちんと自分自身で給料を計算し、受け取った金額に間違いがないか確認する必要もあります。
しっかりと働いただけの給料を得られるように、綿密なチェックは欠かさないようにしましょう。

アルバイトの給与 手渡しのデメリット

アルバイトの給与を手渡しで受け取る際には、ある程度のデメリットも考えられます。
上手に立ち回らなければ通常の振込みよりも手間やリスクを背負う可能性があるため、考えられるマイナス点を事前に確認しておきましょう。

銀行に入金する手間がかかる可能性がある

アルバイトで稼いだお金をすぐ使う予定がなければ、基本的に受け取ったお金は銀行に貯金することになるでしょう。
手渡しの場合は入金を自分で行なわなければならないので、振込みと比べて多少の手間が発生してしまいます。

数万円から十数万円もの大金を稼いだ場合、手渡しで受け取ったまま所持しているのも難しいです。
そのため、毎月の給料が大きいと、手渡しにもデメリットがあるといえるでしょう。

持ち運びのリスクがある

職場で手渡しされたバイトの給料は、自分自身で管理し、持ち帰らなければなりません。
そのとき、窃盗や紛失といったリスクが発生するのも、手渡しにおけるデメリットとなるでしょう。

現金の場合、銀行のカードのように紛失しても暗証番号というセーフティがあるわけではないので、必然とリスクは大きくなってしまいます。

ついつい使いすぎてしまうことも

手渡しによって受け取った給料は、ついつい使いすぎてしまうことがあるでしょう。
手元に現金があると気が大きくなり、不必要なものまで購入してしまう可能性が高くなるので、意識して自制することが必要となります。

計画的なお金の使い方を実践するのなら、手渡しはやや不向きな支給方法だといえます。
使いすぎないように気をつける場合は、給料の使い道をあらかじめ決めて、その予定通りに実行していくことがおすすめです。

給与を手渡しするアルバイトにはどんな仕事があるの?

実際に、今でも以下のようなバイトでは、給与の手渡しを行っていることがあります。
振込みよりも直接受け取れる手渡しに興味があるのなら、バイトの種類をしぼって応募してみるといいかもしれません。

小規模(個人)経営の企業

個人経営の比較的小規模で事業を行っている職場では、手渡しによる給与支給が稀に見られます。
特に、従業員の数が少ない場合は、店長や担当の人が直接すべての人に給料を手渡すというパターンがあるのです。
個人でお店を持っていると資金の管理がある程度自由に行なえるため、手渡しの方が結果的にスムーズとなります。

例えば、神社のように一つの職場だけで完結していて、チェーンではない職場は手渡しの可能性が高くなるかもしれません。
突然の臨時収入や雇う側の好意によるボーナスが多い職場もまた、手渡しを採用していることが多いです。
手渡しによる支給を求めるのなら、店長や経理がお金に関して強い権限を持ちやすい個人経営のスタイルが狙い目となります。

日雇いの派遣

日雇いの派遣など、その場限りで労働契約が終了する職場も手渡しによる支給が多くなります。
給料日まで待たずとも、働いたその日に賃金がもらえるのなら、急きょ稼がなければならなくなったときに便利となるでしょう。

試験監督やイベントスタッフなど、その日ですべての仕事が終わると決まっている職種ほど、手渡しの可能性が高いです。
とにかく早く給料が欲しいときには、日雇いバイトから仕事を探し、手渡しのメリットを受けられるようにするのがおすすめされます。

まとめ

アルバイトの給料が手渡しされる職場には、通常の銀行振込にはないメリットがあります。
同時に、手渡しだからこそ発生する不便さもあるので、デメリットを被らないように注意して働くのがポイントです。

手渡しだから給料が高い、もしくは低いといったことは基本的にありません。
あくまでバイト探しにおける一つのチェック項目に過ぎないので、その他の要素もしっかりと募集要項から確認するようにしましょう。

JOBLISTで求人を探す

「お金・法律」の記事