バイト面接で女性が気になる「メイク」。メイクに気を配るか、配らないかで面接の合否が左右されるかもしれない…と考える方もいるのではないでしょうか?
多くの場合、メイクをすることで自分の魅力を引き出し、バイトへのやる気もアピールできる可能性もあるので、チェックしておくのをオススメします。この機会にバイト面接にピッタリのメイクを学んで、好印象を与えられるように準備しておきましょう。

バイト面接では、短い時間で自分の印象を確実に残す必要があるため、メイクは大切な準備の一つになる可能性があります。
しかし、適切なメイクでないと印象はマイナスになり、面接での評価を下げることにもなりかねません。

メイクがバイト面接でどのような効果をもたらすのか、そしてどんなメイクを意識して行えば良いかを知り、面接での印象を良く見せられるようにしましょう。

バイトの面接、なぜメイクが必要なのか

「バイト面接でメイクしていいの?」「メイクしない方が印象が良いのでは?」と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし、言葉遣いや受け答えだけでなく、外見もチェックされる面接時には、きちんとしたメイクが大きな意味を持つ可能性があります。

メイクをしているかどうかで、面接の合否が左右されるかもしれません。まずは、面接におけるメイクの重要性と必要性を知って、その価値を把握していきましょう。

面接では第一印象が肝心

バイトの面接では、とにかく第一印象が肝心です。
そのため、メイクの有無がチェックの対象になることもあります。

ノーメイクの場合、もしかすると顔色が悪く見えたり、表情が暗く見えたりするかもしれません。その第一印象を持たれてしまうことで、「見た目に対する意識が低いのかな?」と感じてしまう人もいます。
第一印象で良い印象を与えられるように、自分の顔色や表情を考えつつ、面接時にメイクを施すか判断することがおすすめです。

客先に出る際の判断材料になるかも

面接をするバイト先が接客業の場合、採用後に多くの人の前に立つ仕事になるので、メイクをしているかどうかのチェックが入ることもあります。
前述でも記載した通り、面接時だけでなく、お客さんにとっても従業員の第一印象はとても重要になってきます。

従業員の印象はお店の印象にも繋がってくることから、客先に出ても問題ないかを判断する材料としてメイクの有無や、メイクの度合いを見られる可能性もあるのです。

見た目に意識が向く職業こそメイクは重要

アパレル系の店員など、外見に関わる商品の魅力を伝える職業では、メイクが重要視される可能性は高くなります。
なぜなら、メイクを含めたトータルの見た目で商品の魅力が左右される可能性があるからです。
「この人がおすすめする商品なら買ってみたい」という気持ちになってもらうためにも、メイクへの気遣いが重要な要素となるかもしれません。

見た目に意識が向きやすいバイトをするときには、その場の環境や商品に合ったメイクを行うことがおすすめです。

バイト面接でメイクをするメリット

とはいえ、メイクをすることに対し、人によっては面倒に感じてしまうこともあるかもしれません。
しかし、メイクはバイト面接においてメリットを持ち、自分自身を良く魅せるきっかけにもなります。

ここでは、メイクが面接へもたらすメリットを把握しておきましょう。

清潔感をアピール

メイクをすると顔色を良く見せ、健康的で清潔なイメージを相手に与えられるようになります。
清潔感は好印象を作り出す基本です。清潔感は口や仕草で作り出すものではなく、実際の姿で示すものです。
面接の時間で自分の印象に清潔感をプラスできるように、メイクの技術を高めておくと良いでしょう。

TPOへの配慮を示せる

時と場所と場合に服装などを合わせることを「TPO」と呼びますが、面接時のメイクもこのTPOに当てはまります。
必要とされる身だしなみを整えていると判断されれば、それだけで印象を変えることができるでしょう。

面接時は派手なおしゃれや個性的な見た目を意識するよりも、常識から外れないことが大切です。
服装やメイクに迷ったときはTPOに当てはまるかを基準にすることがおすすめされます。

バイト面接のメイクで押さえるべきポイント

バイトの面接で求められるメイクは、普段のメイクとは少し違った特徴を持ちます。
事前に押さえるべきポイントを確認しておきましょう。

あくまでもナチュラルメイクに!(派手すぎはNG)

まず、面接時のメイクは、あくまでもナチュラルに留めて、派手にならないように注意しましょう。
盛ることを意識するのではなく、顔をパッと明るくするようなメイクを心がけることがおすすめです。

普段一生懸命メイクをする人ほど、つい気合を入れた派手なメイクをしてしまいがちです。
しかし、面接の場であることを理解して、ある程度控えめに抑えるのがコツです。

それでは、このナチュラルメイクを前提に以下では部分ごとメイクの説明をしていきます。

ベースメイク

ベースメイクは自分の肌色に合ったものを選び、ナチュラルな印象を与えられるようにするのがポイントです。
「顔色が悪く見えない」あたりを基準にし、ファンデーションを塗りすぎないように注意します。
首の色と差がないようにベースメイクを仕上げていくと良いです。

また、鼻や眉間はファンデーションが目立ちやすいので、薄く塗ることを意識しましょう。
もし、ニキビなどが気になる場合は、ファンデーションを濃くするのではなく、コンシーラーで部分的にカバーします。

眉毛

基本的に面接では目を見て話すことになるので、眉毛は面接官の目に留まる要素の一つです。
そのため、眉毛は自然な形になるように、しっかりと整えておきましょう。

眉毛を剃っている人は、薄すぎたり細すぎたりすると怖い印象を与えることになるので、アイブロウや眉毛マスカラを利用して書き足しておきましょう。
アイブロウや眉毛マスカラを利用する場合、髪の毛と同じ系統の色でそろえるのがおすすめです。

リップ

顔の印象を明るく引き立てるには、少し色味のついた口紅を使うのがコツです。
もちろん、あまりに派手な色はそこだけに印象が向いてしまうので濃い赤などを使用するのではなく、自分の唇の血色に合わせた薄いピンクやオレンジの口紅を選ぶのがおすすめ。

最近では色付きのリップクリームもあるため、口紅の色で悩む場合は色付きのリップクリームを使用してもいいかもしれません。

チークやアイシャドウはなくても問題ない

応募するバイト先にもよりますが、チークやアイシャドウなどは、特別つけなくても問題ないことが多いです。
チークなどのアクセントが逆に、ナチュラルな印象を邪魔してしまう可能性もあります。

ただし、ファンデーションだけだと顔色が悪いかもしれないと感じる人や、見た目が重要視される職場で働く人は、ある程度チークやアイメイクに力を入れると、印象が良くなることもあります。
迷ったときは働く予定のお店を観察して、従業員のメイクを参考にするのも一つの方法です。

バイト面接のメイクは絶対ではない

基本的にバイト面接時にはメイクをすることが望ましいですが、絶対にしなければいけないわけではないようです。
メイクは時間が取られる作業の一つでもあるので、少しでもその負担を軽くしたいと考えるのも当然でしょう。

メイクをすることが絶対重要なのかについて説明していきます。

ノーメイクはマナー違反?

マイナビウーマンが2015年に実施したアンケートによると、50%以上の女性が「職場にノーメイクで来るのはマナー違反ではない」と回答しています。
清潔感があり、相手を不快にさせない程度なら、メイクをしなくても良いと思われているようです。

一方で「最低限のメイクは必要」という声もあり、メイクが社会人として働くマナーの一部と考える人もいます。
そのため、最初の面接だけでも、メイクをしっかりと整えておくことがおすすめされるでしょう。
「きちんとメイクをしなくちゃ……」と追い詰められることはないので、気楽に構えて負担にならないようにしてください。

メイク+コミュニケーションが印象を良くする

バイト面接はさまざまな要素が合否を決定するため、「メイクをしたから完ぺき」というわけではありません。
笑顔や挨拶といった基本的なコミュニケーションがなければ、せっかくのメイクも徒労に終わる可能性があるのです。

「メイク+コミュニケーション」という計算式が、バイトの面接を通過する重要なポイントです。
以下の記事で面接における言葉遣いや立ち振る舞いについて詳しく解説しているので、面接日前までに内容を確認してみてください。

参考記事:バイト面接の言葉遣いと振る舞い、ここを気をつけておけば大丈夫!

まとめ

今回は、特にバイト面接時のメイクについて確認していきましたが、服装も合否を決める重要なポイントになります。
以下の記事では、バイト面接時に知っておきたい女性の服装について詳しく紹介していますので、こちらのメイクと合わせて熟読することがおすすめです。

参考記事:【女性向け】バイト面接の服装はここがポイント!

バイト面接では、実際に働く場面を想定して見られることが多くあります。
その場面で求められるであろう見た目をしっかり把握して、面接では万全の対策を取るようにしましょう。

「面接・面談」の記事