バイトの面接時には、服装が大きなポイントになることは間違いありません。

しかしただおしゃれをしたり、いつも通りの服を着たりするだけでは、本当に面接にふさわしいかっこうにはならないものです。

そこで面接に挑む前に、こちらで求められる服装のポイントをチェックしてみることをおすすめします。

女性だからこそ気をつかうべき点を中心に確認してまいりますので、これから面接の方はぜひ一読してみてください。

バイトの面接では、服装をふくめた身だしなみが合否に大きく関係します。

本気で合格を目指すのなら、この機に自分の服装を見直してしっかりとした「面接用」のスタイルを確立してみてはいかがでしょうか。

こちらでは主に、女性に向けた服装のポイントをご紹介します。

女性だからこそ注意すべき点や失敗しがちな点があるので、面接時の参考にしてみてください。

面接に特化した服装を理解できれば、これまで以上に自信を持ってバイトに挑むことができるでしょう。

基本的に清潔感がありシンプルであればOK

基本的に清潔感がありシンプルであればOK

バイト面接の服装は、プラス点よりもマイナス点を意識するのがポイントです。

かわいく見られたいといった考えはいったん置いて、マイナス要素の少ない服装を考えてみましょう。

基本的には清潔感とシンプルさがあれば、面接の服としては合格となります。

無駄な装飾品をなくし、サンダルや派手な服装を避けて、落ち着いた見た目を目指しましょう。

汚れた服やだらしないかっこうは、面接時の第一印象を悪くしてしまいます。

しかし清潔感とシンプルささえ気をつければ、面接で通用する服装にすることができるので、困ったときは意識してみてください。

こちらの記事もオススメ!

バイト面接で女性がおさえるべき服装のポイント

バイトの面接には、女性だからこそ守るべき服装のポイントがいくつかあります。

以下のリストからその基本を学び、面接のときに服装で浮かないように注意しましょう。

バイトの面接は地味過ぎても派手すぎてもだめで、ちょうどいい真ん中の服装が求められます。

自分の感覚だけで服装を選ぶとその感覚からズレてしまう可能性が出てくるので、きちんと知識として面接用の服装を知っておきましょう。

トップスは襟付きが安全、露出は控えめに

トップスは襟付きが安全、露出は控えめに

トップスは、バイトの面接時にあなたの印象を決める重要なポイントとなります。

清潔感の出るように襟付きのものを選び、無難で安全な見た目を意識してみましょう。

季節によっては上着をはおり、トップスと合わせてもOKです。

その場合も基本的に面接時には上着を脱ぎ、カーディガンのような薄手のものをトップスの上に着る程度にしておきましょう。

上半身を包むトップスが派手すぎると、どれだけ面接が完ぺきでも不合格になる可能性が出てくるので注意が必要です。

他にも露出を控えめにするのがコツで、女性でもなるべくかっちりとした服を着るようにしましょう。

まじめにバイトをするイメージを服装でアピールすることができれば、合格の確率をぐっと上げることができますよ。

ボトムスはズボンならスラックス、スカートなら丈が長めのものを

面接時のボトムスは、ズボンでもスカートでも大丈夫です。

ただしズボンならスラックス、スカートなら丈が長めのものが基本となります。

あまりにも短すぎるものや、ダメージ加工がされているものは、面接時には不似合となるでしょう。

女性らしいおしゃれ感を出すよりも、あくまでしっかりとしたイメージを出すことが、面接を合格に導くポイントになります。

面接時には座ることがほとんどであるからこそ、瞬時に良い印象を残せるようなボトムスを選ぶようにしましょう。

鏡に移る上半身ばかりに集中していると、ボトムズがおざなりになってしまうことはよくあります。

そうならないようにバイトの面接時には、なるべく全身が写る鏡を使って下半身にも気をつかうようにしてみてください。

ボトムスはズボンならスラックス、スカートなら丈が長めのものを

カバンは履歴書を入れやすい自立するものがオススメ

面接時の服装を考えるのなら、カバンもそれにふさわしいものを選ぶ必要が出てきます。

特に大きさは重要で、あまり小さすぎるものは履歴書を入れることができず、面接時には不便となるでしょう。

そのためバイトの面接時には女性であっても、なるべく大きめのカバンを準備することがおすすめです。

目安としてはやはり履歴書が入るサイズが理想で、折らずに持ち運ぶことを前提にカバン選びを行いましょう。

また面接時はカバンを床に置くことが多いので、自立するしっかりとした底を持つタイプがおすすめされます。

見た目の清潔さだけじゃなく、実用性を重視するのもカバンを選ぶときのポイントになるのです。

靴も意外と見られている

靴は面接時の服装で盲点となりがちで、意外と減点対象とされることが多いです。

汚れや痛みが目立つ靴は避け、服装と同じように清潔感のあるものを選ぶといいでしょう。

服装に合ったものであれば、スニーカーなどラフな靴でも大丈夫です。

それでもサンダルや高いヒールなどは、面接で悪目立ちする可能性があるので注意が必要となります。

アクセサリー類は外しておく

アクセサリー類は外しておく

せっかく服装を整えたのに派手なアクセサリー類がついていると、面接時の印象を悪くする恐れがあります。

そのため着ていく服を決めた後は、ふだん使っているアクセサリーを外しておくことも忘れないようにしましょう。

ピアスや指輪、カバンにつけたストラップなど、目につきやすい場所は特に注意が必要です。

いちいち取り外すのは面倒に感じるかもしれませんが、面接の日だけはしっかりとした自分を演出することがおすすめされます。

念を入れて面接対策を取るのなら、スマホのケースやサイフなどからもアクセサリー類を外しておくのもいいでしょう。

面接中に身分証明書を出したり、連絡先を教えたりといったことはありえるので、そのときの印象を損なわない対策もまた重要ですよ。

バイト面接で女性がおさえるべき身だしなみのポイント

面接時は服装だけでなく、全体の身だしなみも重要視されます。

上記で万全な服装を整えたなら、続いて身だしなみのポイントも抑えていきましょう。

女性は男性と比べてメイクや髪など気にするべき要素が多いので、より意識して準備をするのが大切です。

特にふだんの身だしなみとバイトの面接のときに求められる身だしなみは変わってくるため、以下を参考に正しい準備を行っていきましょう。

身だしなみと服装のポイントを合わせてチェックすれば、面接でよりよい印象を与えることができるかもしれませんよ。

髪型は長いならまとめる

髪型は長いならまとめる

身だしなみで1番むずかしいのが、髪の毛となります。

基本的に短めならワックスなどで軽く整え、長いならきちんとまとめるようにしましょう。

自分では控えめにしているつもりでも、面接の担当者からするとふさわしくないと捉えられることもあります。

髪型は自分で客観視できないこともあるので、面接前に友人や家族の意見を聞いてみるのもいいですね。

髪の色に関してはよほど派手でなければ、染めていても問題はありません。

ある程度落ち着いた色であるなら、下手に染めなおすよりもいつも通りの自然な髪色で挑戦してみるといいでしょう。

メイクは控えめナチュラルに

女性は面接の際に、メイクを整える必要もあります。

しかし張り切って派手にするのではなく、基本的に控えめでナチュラルなスタイルを意識するようにしましょう。

目立つためのメイクではなく、あくまで身だしなみを整える手段の1つとして行うのが、面接を乗り切るメイクのコツです。

上記で解説した服装と合うような、自然体を目指してメイクをしてみましょう。

自然体といってもすっぴんはNGなので、しっかりメイクをすることは怠らないでください。

仮にバイトに合格した後も無理なく行える範囲で抑えるのが、面接時の最適なメイクとなるでしょう。

ネイルなども控えておくのが無難

日頃からネイルを楽しんでいる人は、バイトの面接が近くなってきたらなるべく控えることをおすすめします。

バイトによってはネイルが仕事の邪魔になり、面接時の評価を下げる要因となるかもしれません。

せっかくのチャンスを逃さないためにも、バイトに関係のないおしゃれは少しだけがまんしておきましょう。

どうしても爪が気になるときは簡単なネイルだけにとどめて、派手な装飾を避けるといいですね。

服装は職種ごとに考えてみてもいいかも

服装は職種ごとに考えてみてもいいかも

ここまでバイトの面接に適した服装や身だしなみをご紹介しましたが、個性を出すためにある程度はオリジナルの要素を付け加えるのもアリです。

しかしその場合も応募したバイトの職種を考慮して、それにふさわしいかっこうをするようにしましょう。

バイト先で働くことをイメージさせるような見た目は、面接時のプラスになることがあります。

ライバルと差をつけるためにも、服装と身だしなみをバイト先に近づけるような工夫もおすすめです。

以下に具体的な例を記載しますので、バイトの面接に慣れてきたころに参考としてみてください。

アパレルならちょっとおしゃれするとGOOD

アパレル関係の仕事では、服装に関する知識やセンスが求められることがあります。

面接時に口頭でアピールするだけでなく、実際の服装で自分のセンスを示すことができれば、合格に一歩近づくことができるでしょう。

おしゃれな服装が認められれば、それをきっかけに面接中の会話が弾む可能性もあります。

採用担当者と仲良くなることは面接を有利に進めるコツでもあるので、アパレル関係のバイトなら積極的におしゃれな服装を考えてみましょう。

漠然としたコーディネートではなく、面接を受けるお店の好みに合ったおしゃれができれば、ポイントはさらに高くなります。

既にそのお店を訪れた経験がある場合は、実際にそこで買った商品を身に着けていくのも1つのテクニックとなるのでおすすめです。

家庭教師や事務は少しフォーマルがおすすめ

家庭教師や事務といったバイトには、少しフォーマルで落ち着きのある服装がぴったりとなります。

癖のある服よりも一般的で見慣れた服の方が、面接時の印象がよくなることでしょう。

しかしフォーマルな服装が求められるということは、より清潔感やシンプルさが重要視されやすくなるということでもあります。

ちょっとした服装の乱れが大きな減点になることもあるので、家庭教師や事務のバイトのときは慎重に見た目を点検していきましょう。

フォーマルな服装で個性を出すのはかなりむずかしいですが、色の組み合わせなどでワンポイントの印象を残すことは可能です。

自信があるのなら派手になりすぎない範囲内で、少しの自分らしさを出すことを目指してみましょう。

バイト先を観察してふさわしい服装を考えてみよう

バイト先を観察してふさわしい服装を考えてみよう

バイトごとにふさわしい服装は、さまざまな理由で変わってきます。

同じ職種でもそのお店の雰囲気や働いている人たちによって、本当にぴったりのスタイルは異なってくるでしょう。

そのため、できるなら面接の前にバイト先を訪れて、実際に働いている人たちの服装やお店の感じを観察してみるのがおすすめです。

面接予定のお店ならではの雰囲気をつかむことができれば、それを服装に反映することもできます。

服装に迷ったときは、そのお店に1番馴染むようなスタイルを考えてみるといいでしょう。

JOBLISTで求人を探す

「面接・面談」の記事