アルバイト先の人たちとLINEを交換した後、どんな挨拶をすべきか悩んでいる人、多いのではないでしょうか。
最初の挨拶はアルバイト先の人から好印象を与えるためのチャンスでもあるため、適切な挨拶の方法を確認するのがおすすめです。
LINEの挨拶をきっかけに仲良くなれるように、基本的な挨拶のパターンと例文を知っておきましょう。

アルバイトの人たちとLINEで連絡を取り合うことは、既に当たり前のものとなりつつあります。
そこで、自分自身の印象を良くするような挨拶の方法を学んで、LINEをきっかけにバイト仲間との絆を結んでみませんか?

好印象を与えるLINEの挨拶の方法を確認し、例文を参考に自分の言葉で伝えれば、理想的な人間関係を作ることができます。バイト先の人とLINEでつながる予定があるのなら、正しい挨拶の方法で仲良くなるための準備を進めてみましょう。

アルバイト先でLINEを利用する2つのパターン

アルバイト先とLINEを行う場合、2つのパターンで連絡先を教え合うことになるでしょう。
「個人とLINE交換をするパターン」と「バイト先のグループに招待されるパターン」では、注意すべき点や、挨拶がもたらすメリットが変わってきます。
まずは2つのパターンを把握して、どちらになっても対応できるようにしておきましょう。

個人とLINEを交換するパターン

バイト先のスタッフ個人とLINEを交換するパターンでは、わからないことや聞きづらいことを確認したり、急なシフト変更をお願いしたりできます。なるべく多くの人たちとLINE交換を行っておくことがおすすめです。

一方で、頼りにできる反面、個人とのつながりが増えると、返信の手間や気を使う時間が多くなるため、心理的な負担が増える可能性も。バイト以外ではスタッフとなるべく距離を置きたいと考えているのなら、LINEでつながり過ぎることは控えましょう。

グループに招待されるパターン

バイト先で既にLINEグループが存在している場合、個人間ではなくバイトのグループに招待される可能性もあります。スタッフの名前を覚えたり、簡単な挨拶をまとめて行えたりできる<>/bので、招待されたら速やかに承認を行いましょう。

LINEグループはバイト先で起きた出来事や注意喚起などを伝えることにも利用できるため、情報共有の場として使われることも多いです。
仕事で必要な情報がLINEから流れてくる可能性もあるので、LINEグループのチャット内容はしっかりとチェックしておきましょう。

アルバイト先に好印象を与えるLINEの挨拶

LINEでアルバイト先に好印象を与えるには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

直接のコミュニケーションが取れないため、LINEは些細なことで誤解を生み出す可能性があります。
例え普段から基本的な使い方に慣れている人でも、バイト先と連絡を取り合う際には、勝手が違ってくるのです。
友達感覚の延長で挨拶をすると、思わぬ反応がくるかもしれません。

「タイミング」「内容」「口調」の3点は重要となるので、以下で注意点やおすすめの方法を確認しておきましょう。

タイミング

LINEの交換やグループへ招待されたら、なるべく早めに挨拶を行うのがおすすめです。
いつまでも反応がない場合、相手を不安にさせたり、心配させたりする恐れがあります。
ときには反応の遅さを「無視している」と勘違いされる可能性もあるので、スマホを扱える環境にあるのなら速やかに挨拶をしましょう。

きちんとした挨拶をしようとするあまり、返信に時間がかかってしまうこともあるかもしれません。
しかし、自分をLINE上で認識してもらうことが大切なので、簡単な挨拶を添えて、最初のメッセージを送りましょう。

リス太
リス太

本日からアルバイトをすることになりました○○です。一生懸命頑張りますので、ご指導をお願いいたします。

最初のLINEに関しては、この程度だけでも大丈夫です。
もしこれにつけ加えたい内容がある場合は、相手から反応があったタイミングで、返信のついでに送るといいでしょう。

内容

簡単な挨拶を済ませたら、続いて自分をアピールできる情報をメッセージに盛り込みます。
例えば「年齢」「出身地」「趣味」などを伝えると、それをきっかけに仲良くなれる可能性があります。共通点が見つかるとコミュニケーションを取りやすくなるので、軽い自己紹介をするのがおすすめです。

しかし、あまり長くなると、「自己アピールの強い面倒な人」と思われる可能性があるので注意が必要となります。
相手にとって役立つ情報を伝えることがポイントになるので、バイトの経歴や特技などを披露するのは控えましょう。
面接みたく堅苦しくならないように、あくまで最初の挨拶であることを意識してください。

口調

LINEでの会話とはいえ、上司や先輩である人たちを相手にするので、丁寧な敬語を使うように心がけましょう。
つい友達のノリでタメ口を使ったり、流行り言葉でコミュニケーションを取ったりすると、印象が悪くなる恐れがあります。
緊張感を保ちつつ、目上の人に対する正しい敬語を活用することで、好印象につなげることができるでしょう。

スタンプや顔文字を普段から使っている人も、最初の挨拶では多少使用を控えることをおすすめします。
特にグループラインでは変に目立つことになりかねないので、相手とのコミュニケーションが逆に取りづらくなることがあるでしょう。
スタンプや顔文字はある程度職場の人間関係に慣れてから使い、その際にも最低限の敬語や礼儀を忘れないようにするのがコツです。

アルバイト先でのLINE挨拶に使える例文

実際にアルバイト先へLINEで挨拶をする場合、以下の例文を参考に言葉を組み立ててみるのがおすすめです。
例文をもとに多少の改変を行うことで、スムーズなLINEでの挨拶が実現できるでしょう。

個人への最初の挨拶

はじめまして。本日よりアルバイトをさせていただくことになりました○○と申します。
不慣れなためご迷惑をかけることもあるかもしれませんが、一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

最初の挨拶で肝心なのは、丁寧さと簡潔さです。
長くなりすぎず、かといってぶっきら棒にならない形に整えることが、挨拶の印象を良くしてくれるでしょう。謙虚に自分を見せるように意識して、自己アピールを抑えるように文面をシンプルにするのがコツです。
必要な情報は後からでも追加できるので、まずは丁寧な挨拶を済ませてしまいましょう。

グループLINEでの最初の挨拶

はじめまして。本日よりアルバイトをさせていただくことになりました○○と申します。
この度はグループへのご招待ありがとうございます。
みなさまのお役に立てるよう精いっぱい努めさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

グループLINEではまず招待してくれたことにお礼を言い、「みなさま」を相手に話していることを強調しましょう。
その後、それぞれのメンバーから返信があった場合は、なるべくまとめて返事を行うのがコツです。
すべてに返事をするとLINEが散らかることになるので、見やすくなるように配慮を行ってみてください。

まとめ

アルバイト先にLINEで挨拶を行う場合、あらかじめ確認しておくことがあります。
好印象を与えるためにも、各ポイントをしっかりと踏まえて、理想的な挨拶を実施していきましょう。

LINEでの挨拶は、直接言葉を交わすものとは違って、独特の難しさがあります。
この機会にLINEにおける言葉遣いや返信のタイミングを学んで、普段の連絡を魅力的に整えてみるのもおすすめです。

JOBLISTで求人を探す

「働き方」の記事