パートと派遣は雇用形態が異なります。それ故に、それぞれメリットとデメリットがあるのです。
このメリット・デメリットを把握することで、自分に合った雇用スタイルを発見できるかもしれません。

パート(アルバイト)と派遣の違いがイマイチよく分からないと思っている方は多いのではないでしょうか?そのため、「自分はどちらの働き方が合っているのだろう」と悩むこともあるでしょう。
実はさまざまな違いがあるパートと派遣。どちらの働き方にもメリットとデメリットがあります。

本記事では、そんなパートと派遣のメリット・デメリットについて説明していきます。
それぞれの特徴を理解して、自分に合った雇用形態が選択できるように備えておきましょう。

パートと派遣の違い

企業と雇用契約を結び就業する雇用形態が「パート(アルバイト)」です。そのため、給与は自身が就業している会社から支給されます。
基本的に、パート応募した場所が勤務先となります。パートの中でも、契約内容によっては、シフトや労働時間が変わります。
労働時間や労働日数などの条件を満たすことで、社会保険や有給休暇の取得も可能です。

一方、派遣会社と雇用契約を結び、派遣先で就業する雇用形態が「派遣」です。給与は自身が就業している派遣先ではなく、雇用形態を結んでいる派遣会社から支給されます。。
社会保険や有給休暇、勤務日数といった福利厚生も派遣会社の規定が適用されるのが特徴です。
専門性の高いスキルを持っていれば、さまざまな派遣先で働くことが可能です。

パートのメリット&デメリット

ここでは、就業する会社と直接雇用を結ぶ「パート(アルバイト)」のメリットとデメリットについて説明していきます。

パートのメリット

柔軟な働き方が可能

パートは応募の段階で、自分で働きたい場所を選ぶことが可能です。また、働く時間や日数の選択もできます。柔軟な働き方で仕事ができるのです。
自身の希望に合った職場を選ぶことができれば、プライベートを尊重した形で仕事をすることができるでしょう。

未経験歓迎の求人が多い

パートの募集には未経験歓迎のものも多いです。そのため、初めて仕事をする人や経験のない仕事内容でも安心して応募ができます。
募集要項に未経験歓迎と書かれている仕事であれば、新しい職種や業種の挑戦も可能です。新しいスキルを身につけやすいかもしれません。

求人数が多い

職種や業界問わず、さまざまな場所でパートの募集をしています。そのため、雇用形態の中でもパートの求人数は多いのです。
どんな雇用形態で働けばいいのか分からない時や、急に稼ぎが必要になった時など、パートから仕事を探してみると良いでしょう。

パートのデメリット

派遣と比べて給与が低くなることも

パートの時給は最低賃金を基準に決められることが多いです。そのため、派遣と比べると給与がやや低くなることもあります。
給与が気になる場合は、応募のタイミングで時給を確認しておきましょう。万が一低かったとしても、頑張りが認められれば昇給できる職場もあります。昇給の有無も確認しておくと良いでしょう。

賞与や退職金、福利厚生の期待はできない

パートは賞与、退職金、福利厚生等を得られないことが多いです。なぜなら、他の雇用形態と比較しても労働時間にばらつきがあるので、それらの制度を利用するための条件を満たすことが難しくなるからです。
それでも、交通費などの支給をしてくれる勤務先もあります。パート先にどのような手当があるのか確認しておきましょう。

仕事内容が限られる

パートは、勤務時間や勤務日数の自由がある程度きく代わりに、責任のある仕事が任されにくくなっています。
仕事内容が限定的になる場合が多く、いろいろな仕事をしてみたいという人は物足りなさを感じるかもしれません。
ある程度決められた業務の中で結果を出すことが求められます。

派遣のメリット&デメリット

続いて、派遣会社と雇用を結ぶ「派遣」のメリットとデメリットについて説明していきます。

派遣のメリット

比較的時給が高い

派遣はパート労働などと比べると、比較的時給が高くなる傾向にあります。なぜなら、パートと比較するとスキルの必要な業務を任されるからです。
短時間で沢山稼ぎたい場合には、派遣での仕事がおすすめです。

希望の仕事ができる

基本的に、派遣会社は自分のスキルや希望に合わせて派遣先を調整してくれます。そのため、自分の力が発揮できる職種に就きやすいです。
パートは必ずしも希望する仕事を任されるとは限りません。自分の希望する仕事、持ち合わせたスキルが明確なら派遣の方が合っているでしょう。

派遣会社がフォローしてくれる

万が一、「違う仕事を任された」「パワハラやセクハラをされた」といったトラブルが起きても、派遣会社が間に入ってフォローしてくれます。
困ったことや悩みがあるのなら、積極的に派遣会社に相談できるのが特徴です。

派遣のデメリット

長期間の勤務が難しい

派遣は長期間同じ職場で働き続けるのが難しいです。一つの派遣先で働く期間が決まってることが基本のため、任期満了になると、契約解除となり別の派遣先で働くことになります。定期的に職場を変えることも珍しくありません。
人間関係を一から構築することが苦手な人は、派遣での働き方に工夫が必要かもしれません。

会社によって待遇が異なる

派遣会社ごとに待遇が異なるため、場合によっては働きづらさを感じることもあります。
賞与がない、交通費は自己負担といった派遣会社もあります。そのため、働く前に待遇の詳細を確認しておきましょう。
派遣先も同様に社員用の設備が使えないといった待遇の差もあります。

重要な仕事は任されない

一般的に派遣は事業におけるサポートを任されることが多いです。正規の社員と比べて重要な仕事ができないこともあります。
「なるべく重要な仕事に就きたい」「自分が中心となって業務をしたい」といった場合には、派遣での仕事に不満を感じることになるでしょう。

まとめ

パートも派遣もそれぞれにメリットとデメリットがあります。事前に把握しておきましょう。
どちらにも独自の魅力があるため、こちらでご紹介したメリットとデメリットをよく吟味してみてください。自分に合った働き方を選択してみましょう。

JOBLISTで求人を探す

「働き方」の記事