最近、面接なしで簡単に働けるアルバイトがどんどん増えてきています。電話をかけたり履歴書を書いたりしなくてよいので、思いたったら即仕事を始めることができます。

面接なしのバイトにはどんな種類があるかや、即バイトができるアプリをチェックしておいて、お金が足りないと思ったときすぐに仕事ができるよう準備しておきましょう。

面接なしのアルバイトって実際にはどんなものなのかって気になりますよね?

イベントや単純作業といった通常のバイトや、すぐに仕事を始められる専用のアプリがあります。

正直なところ面接なしだと、うさんくさかったり、つまらないものが多いんじゃないかと思うかもしれません。

しかし、実は最近、面接なしですぐに働ける安全で楽しいお仕事がどんどん増えてきているんです。

面接なしバイトはスキマ時間ができたときや、ちょっと副業で稼ぎたいときなど思いたったらすぐに働けます。

大学生やサラリーマンなどかしこく働いている方はみんなチェックしていると言っても過言ではありません。

今回はそんなアルバイトの種類や専用アプリ、どうやって始めるかをご紹介します。

ぜひ今日から新しい働き方を実感してみてください!

面接なしのバイトってどんなのがある?

盛り付けをしている画像

面接なしのバイトにはさまざまな種類があり、仕事内容や募集のタイミングが異なっています。まずは面接なしのバイトにはどんな種類があるか確認して、自分に向いているお仕事を選んでみましょう。

単純作業や季節的なもの

面接なしで始められるバイトは単純作業が多いです。

特別なスキルや経験がなくても始められるので、気軽に仕事ができるところが魅力です。

一方で、単純作業には同じ作業を繰り返し続けられる忍耐やきっちりと指示どおりに仕事をこなす正確性が求められるため、自分がそういう仕事に向いているか考えておくことが必要となります。

他にも、季節限定のイベントやキャンペーンのバイトも、面接なしで始められます。夏祭りやクリスマスといった季節のイベントではスタッフがたくさん必要になります。一度に大量の募集をするお仕事では面接がないこともよくあります。

「面接なし=責任のないバイト」ではないので、きちんと働けるようにしっかり準備をしておきましょう。

それでは単純作業や季節的なバイトとはどんなお仕事なのか具体的に紹介します。興味のあるお仕事を確認して自分がどんなバイトをしたいか考えてみましょう。

イベントの設営・運営スタッフ

ライブ会場の画像

野外イベントなどの企画において、設営や運営の補助を行うバイトは、面接なしで採用されることがあります。

物販や商品の補充、会場の組み立てや片付けなどが主な仕事となります。多くの人たちと一緒に働くケースが一般的です。肉体労働に自信がある人や、大勢のスタッフの中でもテキパキと働ける人に向いているバイトです。

軽作業や製造補助

屋内で行われる軽作業や製造補助の仕事も、面接なしですぐに始められることが多いです。

一人で作業に集中できる環境が好きならば、働きやすいバイトになるでしょう。作業内容やルールは職場によって変わるので、求人に書いてあるお仕事の中身をしっかり読んでおきましょう

キャンペーンスタッフ

面接なしで始められるバイトを探すのなら、商品やサービスのPRを行うキャンペーンスタッフの仕事も要チェックです。

商品の解説やデモンストレーションが求められることあるため、お客さまとのコミュニケーションが得意な人や、人前に立って話すことが苦手でない人に向いているバイトになります。

面接なしでバイトできるアプリ

スマホを触っている画像

面接なしのバイトを優先して探すのなら専用のアプリがおすすめです。

例えば「タイミー」「Job Quicker」といったアプリは、面接なしのバイトをまとめて確認したいときに便利です。それぞれの特徴やメリットをご紹介します。

タイミー

単発のバイトを簡単に探せるアプリ「タイミー」に掲載されているお仕事は全て面接なしで即採用となります。応募作業や履歴書の提出は一切なく、募集されている条件を通過できていれば、好きな場所と時間を選んで働くことが可能です。

アプリのマップからも仕事を探すことができるので、今自分のいる場所から近いバイトを見つけられます。応募はアプリの「申し込みへ進む」から簡単に行えるため、その場ですぐに仕事を決められるのが特徴です。

報酬は業務の終了後すぐアプリに反映されるので、急なお金が欲しいときにも便利です。

参考リンク:
https://timee.co.jp/taimeeworker/

Job Quicker

「Job Quicker」も面接なしの1日単発の仕事を探せるアプリです。

応募はすべてアプリ上で完結するので履歴書を作る必要もありません。採用結果は24時間以内にわかるので、その後の予定を組み立てやすいのも魅力です。

仕事の案件が多いのでちょっとした隙間時間にバイトをしたい人や、メインのバイトの他にも働きたい人におすすめです。

参考リンク:
https://job-quicker.jp/

なぜ面接がいらないか

そもそも、どうして面接なしのバイトがあるのでしょうか。

その理由がわからないままだと、「危ないバイトなのかな?」と不安になってしまうかもしれません。しかし面接が不要とされるバイトにはそれぞれにちゃんとした理由があるのです。

面接なしのバイトに応募する際には、そもそもどうして面接がいらないのか理解しておきましょう。

たくさん人手が必要だから

人が並んでいる画像

作業内容が簡単で、誰でも問題なくできる仕事の場合は、面接なしで採用されます。

専門的なスキルよりも、とにかくたくさんの人手が欲しい職場は、面接の時間を省略することが多いです。単純作業が主な仕事の場合には面接で確認をする項目も少ないので、職場としては来たらすぐに働いてもらいたいと考えています。

また気軽に応募してくれる人を増やしたい場合などにも、面接なしでの求人募集が行われやすいです。

忙しい時間だけ手伝ってもらいたいから

忙しい時間だけ人を集めたいケースでも、面接なしのバイトが多くなります。

ピークタイムのみ人手が足りないのでその時間だけ誰かに助けてもらいたいという職場があります。その場合、シフトの調整や特別なスキルは必要ないので、面接なしでその時間だけ働いてもらう契約がお店にとってベストとなります。

世の中の働き方が変わっていく

夕日の中ピクニックをしている画像

近年は「働き方改革」によって社会がどんどん変化しています。それにともなってアルバイトの募集もより簡単で始めやすい形へ進化していっています。

今後はさらに面接がなくスムーズに始められるバイトが増えていきます。これまでの面接なしのバイトにあったマイナスなイメージは、今後大きく変わっていくことが予想されます。あらゆる業種で時間やシフトに縛られない自由なスタイルの働き方が注目されるでしょう。

この記事を読んでぜひ新しいバイト選択の一歩をふみだしてみましょう。

まとめ

通常のバイトの面接は応募の電話や履歴書の準備が必要になるため、ときにはそれが負担となることがあります。

面接なしバイトは思いたったらすぐに働くことができるため今までのバイトのような面倒がありません。

またアプリ内で全て完結するサービスを使えばちょっとしたスキマ時間にもおこづかい感覚でお金を稼ぐことができます。

長期のバイトを探している間のつなぎや、ちょっとした副業を探しているときにも、面接なしのバイトがおすすめです。

通常のバイトでは体験できない簡単さや気軽さがあるので、この機会に求人サイトやアプリをチェックしてみてください。

JOBLISTで求人を探す

「働き方」の記事