大学生になって一人暮らしを始めたけど、バイトは何をしたらいいの?

新生活、授業、アルバイトと新入生はやることが多すぎて大変。

だれかオススメのバイトを教えてほしい!

この記事では授業やサークルに忙しい大学生にぴったりなバイトをご紹介します。

大学に入学して一人暮らしを始めたなら、アルバイトをして稼ぎたいと思いますよね?

バイトの中には、特に一人暮らしの大学生に向いているお仕事があります。

でも自分一人で調べていると、どんなバイトがいいのか段々わからなくなってくるのではないでしょうか。

実は一人暮らしの大学生に向いているバイトを探すには選び方が重要なんです。

そこで今回は、選び方も含めて一人暮らしの大学生におすすめしたいアルバイトを6つ紹介します。

大学とバイトを両立させるためにも最初のバイト選びは肝心です。

ぜひこの記事でお仕事を選ぶ方法を学んで、自分にぴったりのアルバイトを見つけてみましょう。

一人暮らしの大学生にぴったりなバイトはどうやって選べばいい?

悩んでいる女性

そもそも、自分にぴったりのアルバイトをどうやって探せばいいのかわからない人も多いでしょう。

特に一人暮らしをしている大学生は、普段の生活や勉強が忙しくて、アルバイトを探す時間をしっかり取れないこともあります。

そこで今回は、一人暮らしの大学生にぴったりなバイト先の選び方をお教えします。求人サイトでバイトを探すときに参考にしてみてください。

やってみたいことから選ぶ

やってみたいアルバイトやあこがれの職業でお仕事を選ぶと仕事のやる気が出るのでおすすめです。

「やってみたいこと=好きなこと」であれば、楽しくバイトが続けられます。

自分の趣味に近いお仕事だと働いている中で専門的な知識も増えるので一石二鳥です。

興味のあるお仕事の種類でバイト検索をしぼったり、実際に訪れたことのあるお店の求人をチェックしたりして、自分のやりたいアルバイトを探してみましょう。

家の近場で選ぶ

スケートボードに乗っている画像

家から近いバイトであれば通勤に時間がかかりません。勉強やサークルが忙しい大学生にもおすすめです。

大学への通学途中で乗り換える駅のまわりや、駅から家までの通り道にあるバイト先を探してみてもいいですね。

また近場の職場であれば実際にお店を訪れて雰囲気を確かめてから応募できます。

「ここでなら働けそう!」という気持ちになれれば、きっとスムーズにバイトを始められます。

お給料から選ぶ

「とにかく時給が高いところで効率的に働きたい!」と思っているなら時給からお仕事を探してみることも、魅力的なバイトを見つけるきっかけになります。

家賃や食費などで必要となる金額が決まっている場合には、まずはどれくらい働けるかを考えてお給料を計算してみましょう。

基本給だけでなく、深夜に働いたときの割増賃金や社内販売や昇給制度などの福利厚生をチェックするのもポイントです。

まかないから選ぶ

ボロネーゼパスタの画像

一人暮らしの大学生にとってはご飯を作る自炊の手間や外食でかかる食費は大きな問題です。そこで、まかないがあるかないかでバイト先を決めるのもおすすめです。

バイトのたびに食費を浮かせることができれば、お給料以上のメリットを得られます。

お店のおいしいまかないを食べることはやる気にもつながるので、飲食系のバイトをする際にはまかないがあるかないかについて確認しておきましょう。

大学生におすすめのバイト6選

それでは一人暮らしの大学生におすすめできるバイトをご紹介します。

気になるバイトを見つけたらアルバイトの面接に応募してみましょう。

面接に行く前に実際に職場に足をはこんでみてどんな雰囲気か確認してもいいですね。

カフェ

カフェ店内の画像

スターバックスやタリーズ、ドトールといった「カフェ」でのバイトは、大学生におすすめです。

カフェでの接客は、注文を受けて飲み物をつくりお客さまに提供するといったシンプルなものです。

お酒を提供するお店は少ないことから、酔っ払っているお客さまもおらず比較的落ち着いて働けます。初めて飲食系のバイトをする人でも安心ですね。

おしゃれな職場で働きたい人は多いので、カフェは人気のアルバイトの一つです。

同じエリアでも店舗がたくさんあるのでいくつか応募してもいいですね。 大きなチェーンでも採用は店舗ごとというシステムが多いようです。

カフェはスタッフ同士の交流も活発です。きっとプライベートも一緒に遊べる友達ができますよ。

居酒屋

大学生お馴染みである「居酒屋」のアルバイトも定番ですね。

時給が高く、まかないが出るといったように一人暮らしの大学生にとってのメリットが多いです。

お酒をあつかう居酒屋は賑やかな職場も多く楽しいバイトです。

深夜になれば時給がアップします。サークル活動や講義といった大学生活と折り合いがつけられるのなら、深夜まで働いてもいいですね。

体調管理に気をつけて、大学の授業とうまくに両立できるようにスケジュールを調整しましょう。

カラオケ

 カラオケの店内の画像

たくさんの人と会ってみたいという人は「カラオケ」のバイトがおすすめです。

カラオケには年齢や性別を問わず多くの人が訪れます。人と接する業務がほとんどなので人見知りを克服したい人にも最適です。

また大学の飲み会やサークルでの打ち上げがあるときに割引価格で使えるのも魅力の一つですね。

カラオケを通じて、働いているアルバイト同士のつながりも強いので大学以外でも友達をつくりたい人におすすめです。

ホテル

円卓テーブルに料理が提供されている画像

お給料が高くてまかないがおいしい「ホテル」のバイトは、一人暮らしの大学生にぴったりです。

ホテルは駅から近いことが多いので、大学の最寄駅や乗り換え駅でアルバイトを募集していないか探してみましょう。

宴会会場での配膳やレストランの接客といったホテルでのお仕事は、高い接客技術やテーブルマナーを学べるチャンスでもあります。

就職活動をするときにも有名ホテルで働いていたという経験はアピールポイントになります

アルバイトをしながら自分を高めていきたいという人にはホテルのアルバイトがおすすめです。

塾講師・家庭教師のバイト

「塾講師・家庭教師のバイト」も大学生ならではのバイトです。

勉強に自信がある、人に教えることが好きといった人は、先生として働くことも考えてみましょう。

塾講師・家庭教師のバイトは、短時間で高収入を狙えることから、大学生活やプライベートを優先したい人にもぴったりです。

一方で、授業のための準備などを時間外に行う必要も出てくるので、上手に時間のやりくりをすることが求められます。

ファミレスのバイト

調理をしている画像

飲食系の定番である「ファミレス」のバイトも、一人暮らしの大学生にたくさんメリットがあるお仕事です。

まかないがあること、接客が学べること、深夜に働けば大きく稼げることなどが、ファミレスで働くメリットです。

一緒に働く仲間が多いので友達ができやすいというのもファミレスバイトのいいところですね。

注文を取ったりテーブルを片付けたりするホールと、調理・補助を行うキッチンに分かれるのが通常のファミレスバイトです。

ホールでは笑顔でお客さまをご案内するコミュニケーション力が磨かれます。キッチンでは調理や仕込みの作業を行なうので料理も上手くなれます

自分がどちらの仕事をやってみたいかしっかり考えて応募しましょう。

まとめ

一人暮らしの大学生にはやることが多いので、無理をしないで続けられるバイトを選ぶことがポイントです。

どんな仕事をするか迷ったときは、家からの距離や時給、まかないの有無、やってみたいことかどうかという点でしぼりこんでみましょう。

自分に向いているお仕事や、生活リズムに合ったバイトを見つけるためには、どんなバイトがあるか条件を変えながら検索してみることも重要です。

まずはこの記事で紹介したバイトの中で自分の希望にぴったりなものがあるか求人サイトで検索してみましょう!

JOBLISTで求人を探す

「働き方」の記事