保育のアルバイトでも資格がいらない?子育てをサポートする保育のお仕事には、「保育補助」というアルバイトがあります。

保育補助は無資格の人でも保育士と同じようなお仕事ができます。保育士と保育補助の仕事内容にどんな違いがあるのかをチェックしてみましょう。

保育士のお仕事がしたい!でも保育資格を持っていない。実は、そんな人でも子供とふれあいながら働ける保育のお仕事が「保育補助」です。

保育補助は保育士のサポートをするお仕事です。ある程度自由に勤務時間が組めるので、講義や実習といった忙しい大学生活と両立させてアルバイトをしている学生もたくさんいます。

保育補助で実務経験を積んでおけば、将来保育関係に就職する際にも役立ちます。無資格から保育のお仕事にチャレンジしてみたい人は、この記事で保育士と保育補助の違いを確認しましょう。

保育士って無資格でもできるの?

子供が積み木で遊んでいる画像

保育士のお仕事をするためには国家資格が必要

保育士のお仕事をするためには国家資格が必要となります。

そのため正規社員の募集では資格を持っていることが条件となっています。

「いざ保育のアルバイトをしようと求人を見てみたけど、資格がないから断念してしまった……」というケースも珍しくありません。SNSなどでは「保育士のアルバイトはハードルが高い」という評判も見られます。

しかし実は、無資格の人でも保育士と同じようなお仕事をすることができます。

資格がないからといって諦めてしまった人も、まだチャンスは残されています

保育補助というアルバイトがある

保育士のお仕事をサポートする「保育補助」はアルバイトでの募集が行われています。

保育補助の立場であれば国家資格がなくても働くことができるのです。

アルバイトなので学生でも応募できます。もちろん未経験でも大丈夫です。

子供が好き。子育てとはどんなものなのか実感してみたい。プライベートで学んだ育児のスキルを活かしたい。そう思ったら保育補助のアルバイトを探してみましょう。

保育士と保育補助の違い

ぬいぐるみの画像

保育士と保育補助の仕事内容には、いくつかの違いがあります。

違いをチェックして、どんな働き方をするのか知っておきましょう。

担任がない

保育補助のお仕事は保育士のサポートです。

そのため担任を持つことがなく、クラスごとの授業計画や保護者に向けての報告書などを作成することはありません。

担任を持っている保育士の指示に従って働くことが主な仕事内容になります。

もちろん子供を預けている保護者から、保育士と同じように扱われることもあります。

その場合は無理して対応するのではなく、担任の保育士さんに相談してみましょう。

資格がなくても働ける

保育補助のアルバイトは特別な資格がなくても働くことができます。

初めて保育のお仕事をする人でも、能力と熱意を認められれば採用される点が魅力です。

一方で、資格がないと時給が安くなるなどのデメリットもあります。

将来的に保育のお仕事をしていくつもりなら、働きながら保育士の資格を取ることも考えてみましょう。

職場に資格取得の支援制度があるか確認してみてもいいですね

残業や持ち帰りの仕事がない

風船の中で手を広げている女性の画像

保育補助は時間内でしっかりと終わることがほとんどなので、残業や持ち帰ってのお仕事はありません。

保育園では基本的に子供を預ける時間が決まっているため、保育補助もそれに合わせてお仕事をします。

時間が固定のため事前に予定を立てやすいアルバイトです。

アルバイトをしながら勉強をしたい人や、ダブルワークで働きたい人などにも、保育補助のお仕事はおすすめです。

働く時間の自由度が高い

保育補助のお仕事はさまざまな時間帯で働けるため自由度が高いです。

午前中だけ、午後から、フルタイムなど勤務時間を相談できます。

最初から働きたい時間帯があるのなら面接の段階で相談してみましょう。

その他のアルバイトと掛け持ちしやすい点も保育補助のメリットです。

自由度の高さを活かして資格取得の勉強をすることもできます。

昼は保育補助をして、夜は別のアルバイトをするといった生活も実現できるでしょう。

保育補助はどんな人におすすめ?

保育補助は魅力的なお仕事です。

どんな人に向いているのかご紹介しましょう。

保育士になりたい大学生

本を開いた画像

将来保育士になることを目指している大学生におすすめです。

保育のお仕事を現場で実際に体験できるので一足先に実務経験を積むことができます

資格試験の勉強をしながら働くことで勉強している内容にも実感がわきます。

これから国家資格を取る予定の人も保育補助のアルバイトで実務経験を積んでいれば保育士になったあとも安心です。

また職場での経験を履歴書に書けるので就職時のアピールポイントになります。

実際の業務について改善したところなどを面接時に具体的に話せば、保育士として就職するときお給料などの待遇を交渉できます。

保育補助のアルバイトは現場の保育士の人たちからサポートしてもらいながらの業務となるので、実際に働く際に役立つノウハウを直接学ぶこともできます。

将来保育士になりたいことを伝えれば、資格勉強のコツを教えてもらえます。

どんな勉強方法がおすすめか、どんなことを意識して子供とふれ合えばいいのか、わからないことがあったら進んで聞いてみましょう。

子育てスキルを活用したい主婦

子育て経験がある主婦の人にも保育補助のアルバイトは向いています。

自身で取り組んできた保育スキルをアルバイトのお仕事で活かしてみるのもいいですね。

普段子供と接している人ほど保育補助のお仕事は覚えやすいです。

重要な仕事を任せられる即戦力として期待されることもあります。

お母さんと子供の画像

子供が大好きで保育士にあこがれている人

子供が大好きで保育士という職業にあこがれている人にも保育補助のアルバイトはおすすめです。

子供が好きという気持ちはお仕事のモチベーションになります。

保育補助はたくさんの子供と関わりあうお仕事です。もちろん忍耐が必要な場面もあります。だからこそ好きという気持ちが大切で、お仕事をしっかりと責任を持ってこなすのに欠かせないものになります。

保護者や保育士の人から見ても子供のことをしっかり考えてあげられる人の方が安心してお仕事を任せられますね。

まとめ

保育士の資格がなくても子供とふれあってお仕事をしたいという人であれば、保育補助のアルバイトがおすすめです。

応募時には勤務時間も自由に設定できて残業もありません。資格取得を目指しながらでも働くことができます。

元気な子供たちと一緒に過ごす保育補助は、大変ながらもきっと楽しいお仕事になるでしょう。

保育士を目指す人はもちろん、子供のお世話をすることに興味がある人も、ぜひ保育補助の求人を探してみてください。

実際の業務については参考記事のエッセイもおすすめです。

こちらの記事もオススメ!
JOBLISTで求人を探す

「働き方」の記事