バイトの面接で使う履歴書を間違えてしまったとき、あなたならどう対処するでしょうか。

修正液や修正テープを使って直すか、もしくは最初から書き直すか、悩ましいことだと思います。

そこでこちらで履歴書を間違えたときの対処法をチェックし、いざというときのために備えておきましょう。

正しい対処が行えれば履歴書を間違えたとしても、バイト面接への影響を最小限に抑えることができますよ。

バイトの面接にはもはや必須となっている履歴書ですが、毎回完ぺきに書くことは難しいですよね。

ときにはちょっとした誤字やケアレスミスをしてしまい、せっかく時間をかけて書いた履歴書を台無しにしてしまうこともあるでしょう。

そんなとき修正液や修正テープを使って間違えた部分を直してしまいたいと思うのは、自然なことだといえますね。

しかしバイトの面接に使う履歴書を修正して提出するのは、果たして問題ないことなのでしょうか。

大切なバイト面接のチャンスを棒にふらないためにも、こちらで履歴書を書き間違えたときの対応をチェックしてください。

いざというときの備えができていれば、面接で使う履歴書を適切な形に整えておけるでしょう。

履歴書の修正はダメ!かならず書き直そう

履歴書の修正はダメ!かならず書き直そう

まず基本として理解しておきたいのが、履歴書の修正は行ってはいけないということです。

たとえわずかな修正だとしても、履歴書を書いてから無理やり直した跡があると、印象が悪くなってしまうでしょう。

どれだけ身なりを整え、面接の受け答えを練習してきても、履歴書に不備があると一気に評価が逆転してしまいます。

いちいち書き直すのは面倒に感じるかもしれませんが、必ず新しい履歴書を用意して1から書くようにしてください。

間違えた履歴書を修正して出すよりも、ずっとリスクを小さくすることができますよ。

修正液、修正テープ、二重線、すべてダメ

手書き文字を間違えたときには、いくつかの修正方法を試すことができます。

一般的には、修正液、修正テープ、二重線などが考えられるでしょう。

しかしバイトの面接で使われる履歴書では、そのどれも利用することは避けるべきだといえます。

一目見て修正したことがわかるようだと、丁寧さと誠実さを疑われ、知らず知らずのうちに減点を受けてしまうでしょう。

履歴書の修正で面接を台無しにしないように、間違えた場合はすぐに書き直すのが無難です。

どうしても目立つ修正の跡

修正してもきちんと面接を受ければ問題ないと思う人は多いかもしれませんが、どうしても履歴書に残った修正点は目立ってしまいます。

それは採用担当者の気持ちに影響し、無意識のうちにあなたのことを誤解して見るきっかけになってしまうでしょう。

「修正した履歴書を提出するのだから、この人は○○だろうな」と思われてしまったら、それだけで面接が不利になってしまいます。

履歴書の修正がプラスに働くことは決してないので、そのようなマイナスを生み出す可能性はあらかじめなくしておくべきでしょう。

特に修正した履歴書は以下のようなデメリットを及ぼすこともあり得るので、この機会にその重要性を確認しておいてください。

丁寧さが伝わらない

バイト面接で使う履歴書は、丁寧に書くのが基本です。

しかし修正液や修正テープによる直しがあると、どうしても丁寧さが損なわれてしまいます。

丁寧さを欠いた履歴書は、それを提出したあなたのイメージを決定してしまう可能性もあるので、常に注意しておかなければならないでしょう。

「履歴書が丁寧でない=ガサツ」という印象を持つ人は多いため、面接の正否に関わらず履歴書の段階で落とされてしまう可能性もあるのです。

履歴書に1番求められる丁寧さを大切にするためにも、間違いを無理に修正したものは提出しないようにしましょう。

意欲がないのかな?と思われる

バイト先は、仕事に強い意欲がある人を採用したいと考えるのが普通です。

そのため面接の際には、あらゆる言動から意欲があるかどうかをチェックされることになるでしょう。

修正が多い履歴書はそういった現場では不利に働き、「意欲がないのかな?」という疑問を与えてしまいます。

意欲がないと思われると些細なことでもマイナスに響いてしまうため、結果的に面接で自分の良さを発揮することができなくなるのです。

言葉で「働く意欲があります」と宣言することは簡単ですが、まずは余計な疑いを持たれないような履歴書を作成しましょう。

使いまわしが疑われることも

使いまわしが疑われることも

修正している部分や数によっては、履歴書の使いまわしを疑われることがあるかもしれません。

以前使った履歴書を再び利用していると思われると、バイト先によってはそれだけで不採用の理由とされることもあります。

履歴書が使いまわしではなく、きちんと心を込めて書いたことを証明するためにも、修正等は行わないようにしましょう。

特に志望動機やバイト先までの通勤時間など、履歴書を書くたびに内容が変わる部分を間違えたときは要注意です。

別の場所で使った履歴書だと勘違いされないように、失敗した場合は素直に新しい履歴書を用意するようにしてください。

他の応募者と比べられてしまう

もしバイトへの応募者が複数いる場合、修正した履歴書はかなり目立ってしまうことになるでしょう。

見比べてみてはっきりと修正したことがわかってしまうと、他の応募者よりも評価が低くなってしまうのが普通です。

面接でしっかりと対応できたとしても、履歴書の不備が選考の段階でマイナスとなれば、せっかくのチャンスを逃す可能性が出てきます。

応募者が集まりやすい人気のバイトの面接では、なるべく修正をしていないきれいな履歴書を用意しましょう。

他の応募者に引けを取らない履歴書を作ることが、面接の第一歩であると考えることがおすすめです。

気づかれないだろうと思うのもよくない

小さな修正や誤字脱字くらいなら、面接官も気づかないだろうと考えがちです。

しかし面接では特別にそういった部分を重視する人も珍しくないので、発見されずに見過ごされると期待するのは危険でしょう。

もし面接中に修正していることや誤字があることを指摘されてしまうと、その場の雰囲気が壊れてしまいます。

そうなればせっかく準備してきたことも無駄になってしまうので、修正やミスがある履歴書は破棄するようにしましょう。

気づかれないだろうと楽観的に考えるよりも、些細なものでも注意深く点検して慎重に履歴書を作成してみてください。

消せるボールペンを使えばOK?

最近は書いた後から文字を消せるボールペンも販売されていますが、基本的に履歴書に使うことはNGです。

履歴書は自分のことを証明する重要な書類であるため、誰でも簡単に修正できてしまうボールペンで書くのは不用心だといえるでしょう。

バイト先としても、そういった重要な書類を粗末に扱う人を信用するのは難しくなります。

この機会に改めて履歴書の重要性を確認し、消せるボールペンを使ったり修正したりといったことを避けるようにしましょう。

履歴書を書き直す時間がないときは?

履歴書を書き直す時間がないときは?

履歴書を書き間違えてしまったけど、また最初から書く時間はないということもあるかもしれません。

そんなときも決してそのままにせず、間違いを正した履歴書をバイト面接で提出する必要があります。

時間がないときに履歴書を修正する必要が出てきたときは、以下のポイントをチェックして対応を行いましょう。

あくまで緊急手段ですが、時間がないときに行うべき履歴書の修正方法を知っておくことは、大切なポイントになります。

訂正箇所に二重線、訂正印を押す

時間がないときに履歴書を間違えた場合は、訂正したい部分に二重線を引き、訂正印を押しましょう。

具体的な方法としては、修正予定の文章の上に二重線を引いてから、さらにその上に訂正印を押印します。

その後正しい言葉を近くの余白に書きこむことで、履歴書内の文章の訂正は完了です。

このときに使う印鑑は、自分自身が訂正したことを証明するためにも、なるべく実印を利用しましょう。

訂正印を使うことで履歴書を正式な書類と見ているアピールになるので、バイトの面接官の心証を和らげることができるのです。

とはいえ見栄えは悪いので、最終手段とすること!

訂正印は履歴書の正式な修正方法ではありますが、見栄えが悪くなることに変わりはありません。

そのためあくまで最終手段であると考えて、訂正印を多用することのないようにしましょう。

訂正印があるから間違えてもセーフではなく、訂正印を使わないで済むように履歴書を書くのが基本です。

美しい履歴書で自分自身の印象を良くするためにも、余計な修正を必要としないように心がけましょう。

履歴書の見栄えはバイト面接での身だしなみと同じだけの価値を持つので、あらかじめきちんと整えておいてください。

訂正が許されるのは1箇所までと考えよう

どうしても訂正印による修正が必要である場合も、許されるのは1箇所までとなります。

複数の訂正印を押す必要があるときなどは、諦めて最初から履歴書を書き直すべきでしょう。

訂正印が多いと見栄えが悪くなるばかりではなく、履歴書を書き直す努力を怠る人だと思われてしまう可能性があります。

それは仕事に不誠実でバイトに励んでくれない人材と認定されることにつながるので、面接での評価を下げてしまうのです。

履歴書を訂正印で修正するときは、1箇所までというポイントを必ず理解しておきましょう。

バイト履歴書、間違えないためのコツ

バイト履歴書を間違えないためのコツ

ここまで履歴書を間違えたときの対処方法をご紹介してきましたが、結局は最初から間違えないのが1番です。

そこでここからは履歴書を書き間違えないコツをチェックしてまいりますので、よく修正するという人は確認してみてください。

履歴書を書くスキルを身に着けておけば、今後ずっとスムーズにバイト面接に挑むことができます。

それは将来的に就活やその他の書類を書くときにも役立つので、ぜひこの機会に基本的なコツを把握しておきましょう。

下書きをする

履歴書を間違えないようにするには、とにかく下書きが重要となります。

修正点を減らすだけでなく丁寧な履歴書を作成することにもなるので、自分の字に自信がないという人はまず下書きから始めてみましょう。

うすい鉛筆などで直接履歴書に文字を書き、その後ボールペンでなぞるようにすれば、間違える可能性は低くなります。

時間はかかってしまいますが、下書きの利用がバイト面接にふさわしい履歴書を作るポイントになることは間違いありません。

注意点としては、下書きの鉛筆書きを消しゴムで消すときに、にじんでしまわないように気を使いましょう。

また強くこすって履歴書が破れたりぐしゃぐしゃになったりしないように、慎重に取り扱うことは忘れないでください。

パソコンで作る

自由に使えるパソコンがあるのなら、まず文章の下書きを作成してしまうのもおすすめです。

書いた文章を後から修正したくなった場合も、パソコンでなら簡単にやり直すことができます。

特に志望動機や特技の欄などを書くときは、パソコンで軽く文章の形を整えておくといいでしょう。

また文字を打ち込む速度に自信があるのなら、スマホで原文を考えるのも1つの手段です。

メモアプリなどを利用して文章を作るのも、履歴書を完ぺきに近づけることになるでしょう。

こちらの記事もオススメ!

見本にする履歴書を用意しておく

履歴書の見本をあらかじめ用意しておけば、いちいち文章を最初から考える必要はなくなります。

バイト面接の機会が多いようなら、1度見本のための履歴書を作り、自宅に保管しておくのがおすすめです。

見本となる履歴書は時間をかけて作成するのがコツで、高いクオリティを出せるように努力してみましょう。

今後はその見本を頼りに書くことができるので、常に修正の少ない履歴書を準備できるようになります。

それは結果的に時間の節約になるため、ぜひタイミングを見つけて見本となるような履歴書を作ってみてください。

慣れている道具、場所で書くこと

履歴書を書くたびにペンや場所を変えていると、なかなか安定したものを作ることができません。

そのため履歴書を間違えずに書きたいのなら、自分の慣れているペンや場所を用意するようにしましょう。

自分の手書き文字が1番きれいに見えるペンや、落ち着いて履歴書と向き合える場所があれば、自然と修正点を減らすことができます。

特にケアレスミスで履歴書を書き直すことが多い人は、書くときの環境に気を使ってみてはいかがでしょうか。

大袈裟に感じるかもしれませんが、履歴書を本気で書くのならそういった部分にこそ注意を向けるべきなのです。

誠心誠意書いた履歴書を活用して、バイト面接で合格を狙っていきましょう。

慣れている道具、場所で書くこと

時間に余裕を持って書き出そう

履歴書の間違いを減らすには、時間をかけるのも大切です。

バイトの面接日ぎりぎりに書き始めるのではなく、なるべく余裕を持って書き出すことで、修正の必要がない履歴書が作れるでしょう。

時間がないときに書くと間違いを見逃したり、書き直せずに訂正印を使うことになったりします。

それは必然的に履歴書の見栄えを落とすことになるので、面接におけるデメリットが多くなってしまうのです。

履歴書を書くときにはじっくりと時間をかけられるタイミングで、余裕のある作成を行いましょう。

納得できるだけ時間をかけることができれば、後悔のない履歴書を完成させることができますよ。

JOBLISTで求人を探す

「履歴書」の記事