バイト初日の印象は、今後にも影響する重要なものとなります。

せっかくバイトに合格したのに、初日にミスをして心が折れてしまったという人はたくさんいるのです。

気持ちよく仕事を続けていくためにも、こちらで初日に気をつけるべきポイントをチェックしておきましょう。

あらかじめ準備しておくべきことがわかっていれば、バイト初日の時間を有意義に使うことができますよ。

バイトの初日は、あなたの印象を決定する重要な日となります。

そのため必要な準備を怠ると、最初から悪いイメージを持たれてしまうかもしれません。

初日のイメージを払拭するのは難しく、場合によってはバイトの継続にも関わってくるでしょう。

こちらではそういったマイナスを避けるために、バイトの初日に注意すべき点についてまとめてまいります。

持ち物、時間、やるべきことをチェックして、バイト初日を完ぺきにこなしていきましょう。

バイト初日に持っていくもの

バイト初日に重要となるのが、持ち物の内容です。

初日だからこそ必要となる持ち物が複数あるので、忘れないように事前にまとめておくことをおすすめします。

以下の持ち物はバイト初日にほぼ必須といえるため、いちいち「○○を持ってきて」と伝えてくれない可能性があるでしょう。

万が一を考えて、例えバイト先からなにも言われていなくてもなるべく持参していくようにしてください。

筆記用具

バイト初日には、必要書類への記入をいくつもお願いされる可能性があります。

筆記用具を持っていくことで、それらの作業がスムーズに進められるでしょう。

またバイトによっては、仕事中にさまざまなことを書き記す機会が訪れます。

例えば清掃を終えたサインや他の従業員への連絡メモなど、あらゆるタイミングで書くことが求められるのです。

そういったときにいちいち筆記用具を借りていると、手間と時間がかかってしまうでしょう。

初日の貴重な時間を無駄にしないためにも、自前の筆記用具はあらかじめ準備しておいてください。

メモ帳

メモ帳

筆記用具と合わせて必須となるのが、メモ帳です。

バイト初日には教わることがたくさんあるため、頭だけでは覚えきれないでしょう。

そのためこまめにメモを取ることが必要となり、その後のバイト生活を左右するものになるのです。

初日のメモは後から読み返す大切な資料となるので、きちんと残しておくことが求められます。

1度聞いたことを何度も聞き返すことのないように、バイト初日はメモ帳を有効活用していきましょう。

初日にメモを持参せず、何も書き残す様子がないと、バイト先からやる気がない人と思われてしまうかもしれません。

やる気をアピールするためにも、初日は特に積極的にメモを取っていく姿を見せるようにしましょう。

印鑑

バイト初日には誓約書や交通費の書類などをチェックし、内容に同意する必要があります。

その際には印鑑が必要となることが多いので、事前に持ち物リストに加えておくといいでしょう。

初日には思ってる以上に書類を手渡されることが多く、ときにはほとんどそれだけで終わってしまうこともあります。

そんなときに印鑑がないとすべて後回しとなってしまい、バイトのスケジュールが変わってしまうことにもなりかねません。

初日で全部済ませられるように、印鑑はきちんと持参していくようにしましょう。

携帯電話やスマートフォンなどの連絡機器

バイト先と今後スムーズな連絡が取れるようにするためにも、スマホや携帯電話といった機器は欠かせません。

その場で連絡先を交換できるように、あらかじめ準備を進めておきましょう。

連絡手段はバイト先によって異なり、電話番号だけでいい場所もあれば、LINEなどのアプリも合わせて聞かれることもあります。

そのときになって慌てないように、連絡先を聞かれることは意識をしておいてください。

時間を短縮するためにも、あらかじめメモに自分の連絡先をまとめておくのもおすすめです。

後はそれを渡すだけでOKとなるので、仕事内容の説明や練習に時間を割くことができるでしょう。

バイト初日の服装

持ち物と同じように、服装もまたバイト初日の印象を決める重要なポイントです。

好きな格好をしていけばいいというわけではないので、きちんと専用の服を準備しておくようにしましょう。

バイト中に着る制服があるとしても、出入りの際には私服を見られることになるので、いいかげんなものはNGとなります。

服装から勝手に人となりを判断されないように、きちんとした服を選んでいきましょう。

基本的には面接時の服装でOK

基本的には面接時の服装でOK

バイトの面接時に着ていった服があるのなら、基本的にそれをベースにすればOKです。

清潔感があり派手すぎないものであれば、バイト初日に浮いてしまうこともないでしょう。

何を着ていくか悩んだときは、まず面接のときにどんな服装を意識したのか思い出してみてください。

合格したら服装は自由だと考えてしまう人も多いですが、実際にはその後もバイトにふさわしい服を選んでいく必要があります。

特に自分という人間がバイト先に浸透していない間は、努めて安定した服装を意識していきましょう。

私服ではたらく職場の場合は、従業員を参考に

バイト先によっては、制服を着ずに私服のまま働くこともあるでしょう。

そんなときはより一層、服装が重要となってきます。

制服がないときは実際に働いている従業員の人たちを参考にして、枠から外れない服装をチェックしてみましょう。

できるなら何度かバイト先を確認して、大まかな服装のスタイルをつかんでみるのもいいですね。

あまりにオリジナリティに溢れた服では、バイト中に悪い意味で注目を集めてしまいます。

バイト初日ということであれば、特に大人しい服を選ぶのがおすすめです。

ユニフォームがある場合は、シンプルな服装でいけばOK

最初からバイト中に着るユニフォームがある場合は、それほど服装を気にしすぎる必要はないかもしれません。

しかし余計な印象をつけないためにも、バイト初日はシンプルさを意識した服を着ていきましょう。

ありがちなのがバイトの前後に遊ぶ予定をつくってしまい、それに合わせた服を着てしまうパターンです。

遊びを意識した服はバイト中にもその空気をにおわせてしまうので、バイトを始めたばかりのうちは控えるのが無難でしょう。

ユニフォームと比べて目立ちすぎないかどうかが、服装選びの1つの基準となります。

困ったときは実際に着るユニフォームをチェックして、イメージを崩さないように気をつけてみましょう。

アパレルバイトの場合はお店に合わせて

アパレルバイト系は、いつもの服装にまで気を使うことが求められるでしょう。

コツとなるのは自分の好き勝手な服を着るのではなく、そのお店のカラーに合ったものを着ることです。

例えばカジュアル系の服を取り扱っているお店で大人っぽい服を着てしまうと、何となく違和感が生まれてしまいます。

それはときにバイト先の雰囲気を邪魔してしまうことになるので、なるべく同系統の服装を選ぶようにしましょう。

どうしてもぴったりの服が思い浮かばないときは、事前にバイト先に確認するのがおすすめです。

バイト初日ということであれば、バイト先も快く教えてくれるでしょう。

バイト初日に遅刻しないための準備

バイト初日で1番やってはいけないミスといえば、遅刻が思い当たるでしょう。

正当な理由がない遅刻はあなたの評価を大きく下げることになり、他の従業員からの目も冷ややかなものとなってしまいます。

働きづらい環境を自ら作らないように、初日の遅刻だけは避けるようにしましょう。

遅刻をしないための心構えはいくつかあり、それらを事前にチェックしておくことで思わぬ遅れを防止することができます。

これまでに遅刻で失敗した経験があるという人は、ぜひ以下のポイントを確認しておいてください。

面接に行ったから大丈夫、と油断しない

面接に行ったから大丈夫、と油断しない

1度面接に訪れているから、滅多なことでは遅刻をしないと油断してはいませんか。

その油断は遅刻の原因となりやすく、バイト初日においてはトラブルの引き金となりがちです。

むしろもう1度面接のときの気持ちに立ち直って、緊張感を持つように心がけましょう。

緊張することが嫌だと感じる人は多いでしょうが、バイト初日で緊張しないのはそもそも難しいのです。

それならいっそ緊張感を持って、初々しい気持ちで初日に臨みましょう。

家から職場までの経路を再度チェック

時間に余裕を持って出かけても、道に迷ってしまっては意味がありません。

バイト初日は家から職場までの経路を再度確認して、シミュレーションをきちんとしておきましょう。

スマホの地図アプリをインストールすればいざというときにも対応できるので、万が一に備えておくのがおすすめです。

慣れない道は簡単に迷うことがあるので、用心するに越したことはありません。

「道に迷った」は遅刻の理由として認められることは少ないため、しっかりと道筋をチェックしておいてください。

電車は遅れる可能性を考えておく!

ときには電車が遅れたせいで、バイトに遅れてしまうこともあるかもしれません。

仕方がないこととはいえバイト初日であれば印象はよくなく、場合によっては嘘を疑われてしまうことも。

初日だけは電車が遅れる可能性を考慮して、早めに家を出るようにしましょう。

電車に早めに乗って、その先で時間をつぶすのが理想となります。

遅刻の不安があるのなら、公共機関の乗り物には注意をしておきましょう。

もし電車やバスが遅れてしまった場合は、すぐにバイト先に連絡を入れてください。

できれば遅延証明書などをもらって、遅刻の正当性を示せるようにしておくのもおすすめです。

駅に15分以上前、職場には10分前に着くようにしよう

遅刻をしないための目安としては、駅には15分以上前、バイト先には10分前に着くようにしましょう。

何かトラブルが起こってもそれだけの時間があれば、冷静に対処することができます。

なるべく時間的な余裕を持つことが、バイト初日に押さえるべきポイントとなるのです。

ぎりぎりになってしまわないように、当日のスケジュールは綿密に作っておきましょう。

時間に余裕がないと気持ちにも焦りが出て、バイトの仕事に集中することができなくなります。

バイト初日は働くのに大切な情報をたくさん与えられる日になるので、早めに到着して集中する準備をしておきましょう。

緊張で寝れず、寝坊してしまうことも

バイト初日は、誰だって緊張するものです。

それゆえにきちんと眠ることができず、寝坊してしまうこともあるかもしれません。

「寝坊するかも」という危機感がないとバイト初日でも遅れてしまう可能性があるので、寝坊対策はしっかりとしておきましょう。

目覚ましアプリを用意するのはもちろん、前日に体を疲れさせないようにするのがコツです。

いつもよりも睡眠を重視して、体を休ませるようにしましょう。

寝坊しないように意識することは、体調を崩さないことにもつながります。

万全の状態で挑戦できるように、寝坊しないための準備も進めておきましょう。

持ち物や服装を前日に済ませておくこと

バイト初日の朝や出かける直前に準備を始めると、いろいろなミスが生まれてしまう危険があります。

完ぺきな状態を作るためにも、持ち物や服装のチェックは前日のうちに済ませておきましょう。

最悪出かけるのがぎりぎりになったとしても、事前に準備ができていれば忘れ物や服装の失敗は防ぐことができます。

遅刻した上に忘れ物をするというパターンが1番よくないので、あらかじめ予防は行っておきましょう。

遅刻する場合は早めに連絡を

遅刻する場合は早めに連絡を

バイト初日の時間に間に合わないことが確定したのなら、すぐに連絡を入れるようにしましょう。

そのままにしているとバイト先はその日の対応に困ってしまい、ときには仕事全体に影響が出てしまうこともあります。

遅刻するのならせめて早めに連絡を取り、現在の状況を正確に伝えるようにしてください。

その際にはなるべく「○○分遅れます」や「○○時には着きます」といった、具体的な時間を付け加えるとよいでしょう。

バイト先がその日のスケジュールを作り直しやすいように配慮することが、最低限の礼儀となります。

遅刻したときの対応はその人を判断する基準となりえるので、連絡は欠かさないようにしましょう。

「働き方」の記事