寝坊や思い過ごしなどで、バイトを遅刻してしまうという事態は、誰にでも起こり得ることだといえます。

だからこそ事前に遅刻にふさわしい理由と、正しい伝え方を考えておくことがおすすめされるのです。

こちらでは遅刻時のポイントとバイト先への伝え方を整理し、言い訳をしないための方法をご紹介していきます。

言葉ひとつ、伝え方ひとつで遅刻の印象は大きく変わるので、バイト先との関係を崩さないための慎重さは大切にしていきましょう。

バイトのシフトが入っているのに、つい寝坊して遅刻になってしまうということは、決して珍しくありません。

そういったミスをカバーできるかどうかは、遅刻の理由とその伝えかたにかかっているので、事前にある程度の準備を進めておくことがおすすめされます。

以前にバイトで遅刻をしたことがある、初めてのバイトで遅刻をしないか心配、そういった人はこちらで遅刻のときにチェックすべきポイントを把握しておきましょう。

遅刻というミスの影響を最小限に抑えることができれば、その後も不自由なくバイトをしていくことができますよ。

バイトを遅刻したときにふさわしい理由とは?

バイトに遅刻した理由

バイトのシフトに遅刻したのなら、とにかく急いでバイト先に向かうと同時に、きちんとした理由を準備する必要があります。

しかし理由なら何でもいいというわけではなく、ある程度柔軟にオブラートに包んで、バイト先に不快感や不信感を与えないように配慮することが求められるでしょう。

遅刻した瞬間は頭がパニック状態となりやすいので、とっさにきちんとした理由が出てこないこともあります。

それは遅刻をさらに深刻な問題としかねないため、事前に遅刻したときの理由を考えておきましょう。

理由からはなるべく「不自然さ」を排除する

バイトを遅刻してしまったとき、人はついつい不自然な嘘をついてしまいがちです。

もしバイト先にその理由が嘘だと見抜かれてしまえば、心証は悪くなり、どうしても信頼を失うことになってしまうでしょう。

そういった不自然さを無くした理由を考えることが、遅刻したときのダメージを抑える秘訣となります。

例えば寝坊が遅刻の理由である場合、つい「具合が悪くなりました」といったことを言ってしまいがちですが、健康かどうかはそばから見てある程度判断できるので、言動から不自然さがにじみ出てしまうのです。

しかしこれが「寝不足で気づいたら時間を間違えてしまいました」という理由であれば、「今はもう眠気が吹っ切れている」と考えてもらうことができるので、それほど不自然な理由ではなくなります。

さらにこの寝不足の理由が正当なもの(例えば勉強や家庭の事情など)であることをきちんと説明できれば、遅刻を許してもらいやすくなるでしょう。

このパターンは嘘をついているというわけでもないため、罪悪感も少なくて済みます。

嘘をつかず、なおかつ不自然でない、そのラインを見極めていくことが遅刻時のポイントになるでしょう。

嘘を重ねないこと

嘘を重ねないこと

遅刻をしたときの多くは、なるべく自分が悪くないように見える理由を探すはずです。

しかし自分を守るために嘘の理由を重ねてしまうと、結果的に遅刻に悪意があったとみなされて、評価を落とすことになる可能性があります。

遅刻の理由を伝えるときには、なるべく嘘をつかないように、真実の範囲から言葉を選ぶようにしましょう。

例によって寝坊が原因の場合、睡眠といった要素から離れたことを理由にするほど、嘘は大きくなってしまいます。

なるべく寝坊に近い理由を、寝坊というワードを隠しながら話すことが、ひとつのコツとなるでしょう。

正直に言うことも大切

色々理由を考えたとしても、結局は正直に話すことが、1番の解決策となることはよくあります。

「この遅刻は言い逃れできないな」と感じたら、とにかく正直に理由を話して、誠心誠意謝罪することがおすすめです。

バイト先の雰囲気によっては、「寝坊してしまいました」という率直な理由の方が、逆に好感度を上げる可能性があります。

正直に言うことがマイナスになるパターンは意外と少ないので、特に初めての遅刻である場合は、まずまっすぐに謝ることも検討してみましょう。

遅刻をしたときの注意点

遅刻した時の注意点

バイトの遅刻時にはいくつかの注意点があり、それらを守ることができればその後の対応がやりやすくなることがあります。

特に「言い訳」は注意すべき問題で、これをいかに抑え込むかが、遅刻を正当化するポイントになるでしょう。

理由づけや遅刻のストーリーを考えると同時に、言い訳をしないための意識もしっかりと作っておいてください。

言い訳は基本的に避ける

遅刻をしたことを正当化するために、言い訳をしてしまうことは誰にでもあります。

しかし言い訳は基本的に泥沼にはまる原因となり、遅刻の問題を長引かせるだけとなるでしょう。

理由を話すことと、言い訳をすることは似ているようでまったく別のものなので、知らず知らずのうちに無駄な言い訳をしないように気を使ってみてください。

特に「理由をいつまでも話す」「責任を他に擦り付ける」「自分も被害者であるような言い方をする」といった言動は、自分にそのつもりがなくても言い訳をしていると捉えられることがあります。

言い訳が自然と口から出てしまわないように、遅刻したときはなるべくサクッと場を切り上げるのがコツです。

自分が悪いことを認める

例えどんな理由があろうとも、遅刻をした自分には必ず責任があります。

そのため自分が悪いことを素直に認めることが、言い訳をしないための第一歩となるでしょう。

自分が正しいという意識があると、相手の意見に反論してしまったり、ふてくされたような態度を取ってしまったりする可能性があります。

それは当然言い訳をする以上に大きなマイナス点となるので、とにかく遅刻したときは腰を低くして、波風を立てないように気を使いましょう。

遅刻を繰り返さないようにすること

バイトでの遅刻が繰り返されると、どんなに正当な理由を用意していたとしても、その信ぴょう性は低くなってしまうでしょう。

そうなれば自然と言い訳の数は増えてしまい、結果的にこれまで培ってきた自分という存在そのものが疑われることになるのです。

バイト先で言い訳をしないようにするためにも、とにかく遅刻の数は増やさないように心がけましょう。

遅刻ぐせがついてしまうと、理由を考えるよりも前に、その習慣を直すことから始めなければなりません。

そのバイト先で働き続けることも難しくなるので、遅刻しないための対策も合わせてチェックしておきましょう。

遅刻のときは伝え方も重要

遅刻が判明したときはまず最初に、バイト先に連絡をするのが鉄則です。

しかしこの伝え方にもいくつかのパターンがあり、場合によってはバイト先に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

こちらの誠意をしっかりと伝えるための方法を熟知して、余計なトラブルを招かないように注意しましょう。

遅刻のときはテンパってしまいやすいので、事前に伝え方を自分なりに考えておくことは、大きな意味がありますね。

まずはすぐ電話をする

まずはすぐ電話をする

遅刻に気づいた、もしくは遅刻が確定した段階で、まずはすぐバイト先に電話をしましょう。

バイト先はあなたの安否を気遣っている可能性があるため、まずは問題がないことを伝えて安心してもらうのが先決です。

そして何時頃バイト先につけるのかといったことを伝え、謝罪をしてから急いでバイトに向かいましょう。

電話相手は店長や直属の上司であることが理想ですが、忙しいようなら言伝を頼む形でもOK。

もし余裕があれば遅刻の理由を簡単に話して、こちらの状況を細かく伝えるのもおすすめです。

具体的な理由はバイト先について、落ち着いてから話すようにしましょう。

メールやLINEはNG

メールやLINEで遅刻の連絡をすることは、相手の立場を考えると完全にNGです。

バイト先の応答を得るためにも、必ず電話を使うようにしましょう。

メールやLINEではちゃんと伝わったのかどうかがわからず、こちらの誠意も半端なものとして受け取られてしまいます。

場合によっては無言欠勤として扱われてしまう可能性もあるので、より不利な立場に追い込まれてしまうかもしれません。

私用の携帯ではなくお店の番号に電話をかけて、確実に誰かとつながるように気を使ってみてください。

例え普段はフランクな職場であったとしても、遅刻という問題が関わっているのであれば、きちんと電話による連絡を徹底するようにしましょう。

バイト先についてから再度謝罪と説明をする

バイトに行く前に連絡をしたとしても、職場についてからも再度謝罪を行うことを忘れないようにしましょう。

目を見てきちんと謝ることができれば、遅刻したということを深刻に考えていると伝えることができ、相手の態度を軟化させることができます。

間違っても普段と同じようにバイト先に入り、何もなかったかのように振る舞うのだけは止めるようにしましょう。

しっかりと謝罪の時間を作ってもらい、そこで改めて詳しい遅刻の理由を説明するのがおすすめです。

できれば「今後は遅刻しないように○○をする」といった解決策を提示して、安心してもらえるように取り計らうのがベストでしょう。

その後は余計な言い訳をしないように、いつも通りにバイトで頑張ることに集中していくといいですね。

JOBLISTで求人を探す

「働き方」の記事