アルバイトとして働くうえで、基本的には急な欠勤は避けるべきだといえます。

しかしどうしようもない理由によって、当日欠勤をしなくてはならない状況に陥ることもあるでしょう。

そんなときのためにバイトを休む理由と、その伝え方をチェックしておくことがおすすめです。

言い訳になりすぎないよう注意しつつ、次に出勤するときに気まずくならないように配慮した伝えかたを目指しましょう。

何かしらの事情によって、やむを得ずバイトを当日欠勤してしまうということもあるでしょう。

しかしそこにどうしようもない原因があったとしても、理由の内容と伝え方によっては、評価が大きなマイナスとなるかもしれません。

当日欠勤はもちろん避けるべきことですが、どうしても休まなければいけなくなってしまったときのために、こちらでよくある理由と伝え方をチェックしていきましょう。

理由を言い訳に使ってしまったり、一般的に無礼と思われる方法で欠勤を伝えてしまったりすると、余計にバイト先での関係をこじらせる可能性があります。

当日欠勤のダメージを最小限に抑えるためにも、休むときのチェック項目はしっかりと把握しておきましょう。

無断欠勤はNG!連絡は電話で行うのが基本

連絡は電話で行うのが基本

無断欠勤は基本的に、どんな理由があってもNG行動となります。

あなたからの連絡がなければ、バイト先はどのように対処すればいいのかわからず、迷っている時間を無駄にすることになるでしょう。

場合によってはあなたの身の安否を心配して、自宅や友人などに連絡を入れる可能性もあります。

そうなれば大事になってしまうので、休むときは必ず連絡を入れるようにしましょう。

連絡の方法はメールやLINEではなく、電話で行うのが基本です。

読んでもらわなければ意味がないメールやLINEでは、無断欠勤と受け取られる危険性があります。

電話をかける相手は基本的に店長や上司で問題ありませんが、つながらない場合は店舗に直接電話することになります。

当日欠勤になったときのことを考慮して、あらかじめお店の番号は控えておくようにしましょう。

休みの連絡はバイト先のためになる

無断欠勤は職場を混乱させ、大きな負担をかける迷惑な行為です。

その無断欠勤を理由に何かしらの損害が出たとしたら、バイトとして責任を取らなければならないこともあります。

そういったトラブルを避けるためにも、とにかく当日の欠勤時には連絡を入れるようにしてください。

欠勤連絡は自分のためでもあると同時に、バイト先のためにもなります。

当日欠勤が判明すれば、バイト先は急いで人員を補充したり、その後のシフトを調整したりできるでしょう。

「どういった状況かわからない」という状態が1番困るので、欠勤が判明したら早めの連絡をするようにしてください。

よくある理由と伝え方の例

当日欠勤でバイトを休む際には、よくある理由というものがあります。

もちろん嘘をつくことはいけませんが、きちんと考えた理由を伝えることは、その後のバイトでの関係を保つためにも有効でしょう。

まずはこちらで当日欠勤によくある理由と、その伝え方を学んでいくことがおすすめです。

理由と伝え方は別々のものと思われがちですが、基本的にはセットとして考えるべきものとなっています。

伝え方に失敗しても、理由が不十分でもいけないので、必ず両方に気を使っていくようにしましょう。

急に体調不良になった

急に体調不良になった

病気は突然やってくるものなので、その日になって急に具合が悪くなることもあるでしょう。

風邪などは他の人に感染する可能性もあるため、当日欠勤の理由としては問題になりにくいです。

バイト先としても、体調不良の人を無理やり働かせるわけにはいかないので、それ以上の理由を聞くことは少ないでしょう。

体調不良を伝えるときのコツは、具体的な症状をいくつか話すことです。

「頭がこれくらい痛い」「体が動かないほど重い」「のどや鼻が痛い」といった症状を伝えることで、相手に切羽詰まったこちらの状況を伝えられます。

例えば

アルバイトの○○です。

今日シフトが入っているのですが、急な体調不良で動けなくなってしまいました。

頭がガンガン痛むのと、倦怠感がすごくあり、熱も少し出てきているようです。

突然のことで申し訳ありませんが、お休みさせていただけますでしょうか

といった伝え方が、体調不良時のポピュラーな例文となります。

連絡の前に自分の症状を確認して、スムーズに話せるように準備をしておきましょう。

とはいえ誇張しすぎるのはNGで、あまりにひどい場合は病院に行って診断書を持ってきてほしいと言われる可能性があります。

あくまで嘘のない範囲で伝えることが、体調不良でバイトを休む際のポイントです。

家庭の事情で行けなくなった

バイトの当日欠勤の理由として、「家庭の事情」もまたよくあるものとなります。

両親や兄弟に何か問題が起きた、急に自宅の用事を自分が対応しなくてはならなくなったなど、どうしようもない状態を説明できれば問題なく休むことができるでしょう。

家庭の事情を理由に伝えるときは、なるべく詳細を伏せて話すのがコツとなります。

あまり立ち入ってほしくないプライベートな領域であることを示せば、バイト先から深く追及されなくなる可能性があるでしょう。

それでもある程度の理由づけは必要なので、例えば以下のような例文を参考にしてみてください。

お疲れ様です。

いきなりのことで申し訳ないのですが、本日家庭の事情でアルバイトをお休みさせていただけますでしょうか。

まだ詳細はわからないのですが、急に父の病院に付き添うことになりまして、自分がいなくてはならないようなのです。

ご迷惑をおかけします。よろしくお願いいたします

誰が、どうして、という最低限の理由が入っていれば、バイト先はある程度納得してくれるでしょう。

言い訳に聞こえてしまうような理由は避けるべき

言い訳に聞こえてしまうような理由は避けるべき

当日欠勤の理由として使えるものは他にもたくさんありますが、ちょっと使い方を間違えると言い訳がましく聞こえてしまうこともあります。

バイト先での不評や疑いといったリスクを避けるためにも、以下のような点は特に注意しておきましょう。

言い訳は自分自身を正当化しようという意識が強く働くため、多くの場合上手に休みの理由を伝えることができません。

なるべく正しい形で理解してもらえるように、きちんとした準備を進めていきましょう。

嘘の理由は悪い言い訳となる

バイトを休みたいがために、つい嘘の理由をついてしまうことがあるかもしれません。

しかしその場の思い付きでついた嘘は、多くの場合見破られたり、どこか不自然な点に気づかれて不信感を抱かれたりするでしょう。

そのため体調不良や家族の問題を理由とするときも、嘘を重ねて無駄に言い訳を大きくしないようにしてください。

仮に嘘がばれなかったとしても、「嘘をついて休むことができた」という感覚がくせになって、その後も当日欠勤を繰り返してしまう可能性があります。

それは悪癖となって将来に悪い影響を及ぼすので、自分自身のためにも嘘を休みの理由にはしないようにしましょう。

自分を悪いと思っていないような伝え方はNG

例えどんな理由があろうとも、当日欠勤は基本的にする側に非があります。

そのため連絡をするときは低姿勢な態度で臨み、申し訳ないと思っていることをちゃんと伝えるようにしましょう。

自分を悪いと思っていないような話し方で連絡をすると、「その理由は本当なのか?」といった疑念を抱かせることになりかねません。

「しょうがないじゃないか」「休ませてもらえるに決まっている」といった考えは捨てて、きちんとお願いをする形で理由を伝えましょう。

当日欠勤をきっかけにバイト先との関係がこじれてしまえば、再び出勤するのが億劫になることもあります。

そうなれば最悪バイトを辞めるという選択肢も考えなければならないので、自分勝手な言い訳はしっかりと避けるようにしていきましょう。

当日連絡の場合は謝罪の言葉を合わせて

当日連絡の場合は謝罪の言葉を合わせて

当日欠勤になってしまった場合は、その理由を伝えると同時に、きちんと謝罪の言葉を添えることも忘れないようにしましょう。

休みたいという意志と自分の事情だけを話すような伝え方は、バイト先からの反感を買うことになります。

「申し訳ありません」「ご迷惑をおかけいたします」といった言葉を合わせて使い、自分の気持ちに謝罪の念があることを伝えましょう。

そして休みが認められたときは、感謝の言葉はもちろん、「今後はこのようなことがないようにします」といった決意表明があると印象が良くなります。

理由や言い訳ばかりに気を取られて謝罪をないがしろにしないように、事前に連絡時の文章をメモしておくのもおすすめです。

JOBLISTで求人を探す

「働き方」の記事