「楽なバイトを探しているけど、どんなバイトが楽かわからない!」
そんな人の悩みを解決するために、楽なバイトの職種とその理由をまとめていきます。楽の基準とおすすめのポイントも記載しているので、バイトを探している人は参考にしてみてください。

「バイトをしてお金を稼ぎたいけど、なるべくなら苦労はしたくない…。」
そんな願望を持つことは決して珍しくなく、むしろ「楽なバイト」をバイト探しの条件のひとつにする場合もあるでしょう。
本記事では楽なバイトの基準や仕事内容、おすすめのポイントを解説していきます。

楽なバイトの基準とは?

「楽なバイト」といってもその基準はさまざまで、人によって楽なバイトの種類は変わってくるものです。
まずは自分にとってどんなバイトが楽に感じるのかを知り、その基準に合ったバイト先を探すことを推奨します。
疲れないバイトが楽なのか、時間があっという間に過ぎてしまうバイトが楽なのか。
そういったポイントを自分で把握することが、楽なバイトを見つけるきっかけになりますよ。

シフトの融通が利く

ある程度シフトの融通が利くバイトは、比較的 楽な仕事となります。
自分の働きやすい曜日や時間をバイト先に認めてもらえるのであれば、プライベートの時間が取りやすくなるのです。
バイトの疲れを癒す息抜きの時間を作りやすいので、精神的に楽な状態をキープできるでしょう。

肉体的な負担が少ない

肉体労働が中心の仕事は、苦手な人にとっては特に苦痛なバイトとなります。
体力に自信がないのであれば、肉体的な負担が少ないバイトを選ぶといいでしょう。
例えば引っ越しや倉庫バイトなどは、重たい荷物を持つ機会が多くなるため肉体の負担は大きくなります。体を酷使するのが苦手ならば、そういったバイトは避けるのがおすすめです。

一緒に働く人が優しい(人間関係が良好)

バイト先の人間関係が良好なほど、働くときの気持ちは楽になります。
一緒に働く人が優しそう、働く人たちの仲が良さそうなバイト先を探すことで、楽しくバイトできる可能性があります。楽しい時間は過ぎるのが早いため、相対的に楽に感じることでしょう。
お店の雰囲気や面接のときの態度を見て、従業員が良い人そうか、働く人たちの仲が良いか判断してみてください。

仕事内容の割に時給が良い

仕事内容に対して時給が高く感じられるバイトは、精神的に楽になりやすいです。
労力が少ないのにお金がたくさんもらえる、そんなバイトは心に「お得感」を生み出すでしょう。
他の人にとっては大変な仕事でも、自分にとっては楽というパターンも多いです。自分の得意な領域の仕事内容が募集されていたら応募してみるのがおすすめです。

お客さんがあまり来ない

頻繁にお客さんが訪れて、対応をしなければならないバイトの場合、どうしても楽に働くことは難しいです。
特に接客の仕事を苦手に感じる人は、なるべくお客さんがあまり来ないバイトを探してみましょう。
お客さんの数が少なくても成立しているバイト先は、売上が安定している可能性もあります。安定していれば長期的に働けるため、お客さんの対応が多い仕事であるか可能な限り事前にチェックしておくことをおすすめします。

自分の好きなことを仕事にできている

精神的に楽な状態で仕事をしていられるかどうかは、バイトをするときの重要なポイントです。
自分の好きなことを仕事にできている場合、気持ちにかかる負担を抑え、バイトの時間を楽なものとしてくれるでしょう。
時給や通勤時間も大切ですが、自分の好きな仕事をすることも、楽なバイトを探すときはポイントになります。自分がやりたいと思える仕事や職種はどんなものなのか、一度時間をかけて考えてみるのがおすすめです。

比較的楽なバイトを紹介

バイトにおける楽の基準を確認したところで、続いては比較的楽だといえるバイトを紹介していきます。
楽なバイトがいいけど具体的にどんなバイト先を選ぶべきなのか迷っている場合は、ひとつの参考にしてみてください。
比較的楽なバイトには魅力がたくさんありますが、それと同時に注意すべき点もいくつか見られます。メリットと合わせて注意点も確認し、働くときのための準備を進めておきましょう。

コンビニバイト

24時間開店しているコンビニバイトは、シフトの調整のしやすさから比較的楽な環境で働けるバイトとなっています。
職場によっては週や月ごとにシフトを提出するパターンもあるので、自分のスケジュールを優先しやすいでしょう。学業やプライベートを充実させつつバイトで稼ぎたい場合は、コンビニバイトがおすすめです。
しかしコンビニバイトは、時間帯によってお客さんの数が変わる職業となります。そのためタイミングによっては、仕事が忙しくなる可能性もあるでしょう。

登録制の単発バイト

登録制の単発バイトも、比較的楽に働ける仕事です。
自分で働くタイミングを選べる点が、精神的な負担を減らしてくれるでしょう。
暇な時間を有効活用しつつ、気楽にお金が稼げる単発バイトは、優先して探してみたい仕事となります。基本的に職場やそこで働く人とは一度きりの関係となるため、人間関係に悩まされることが少ないです。
さらに日給制である単発バイトは、高収入が得やすいのもメリット
肉体労働が多いといった注意点があるため、体力がない人には向いていない可能性もあります。

ネットカフェバイト

作業量が比較的少ないことが魅力のネットカフェバイトも、楽をするのならおすすめしたい仕事の一つです。
簡単な接客のみで済むことが多く、お客さんと直接触れ合うことはそこまでありません。
そのため自分一人で黙々と仕事をするタイプの人に、向いている仕事だといえるでしょう。
ただネットカフェバイトはお客さんが利用した部屋を掃除するのが仕事であるため、潔癖症の人は精神的ストレスを感じやすいです。
掃除が苦手な人にとっては苦痛なバイトとなるので、自分の性格を考慮して勤めるかどうか決めましょう。

家庭教師/塾講師バイト

家庭教師や塾講師のバイトも、向いている人にとっては比較的楽な内容となっています。
勉強が得意な人は既に持っている自分の知識を使うことでお金が稼げるため、無理なく仕事ができるでしょう。新しいスキルや技術を習得する必要がないので、すぐにでも働き始められるのがメリットです。
高収入の条件も多いため、短期間で稼ぎたいときもおすすめされます。
注意点としては基本的に生徒の時間に合わせる必要があり、自由に労働の時間帯が決められないことが多いです。

試験監督

試験中の教室を見守る試験監督のバイトも、比較的楽なバイトとして知られています。
基本的に仕事中は静かに座り、教室内を監督するだけでOKなので、肉体的には非常に楽な状態が保たれるでしょう。
一方で土日の仕事が多いことと、やりがいが薄いことが注意点となります。平日にバイトをしたい人は張栩性が難しく、またバリバリ働いて収入を得たい人は仕事内容から満足感を得られないかもしれません。

スーパーの品出し

スーパーの品出しバイトも、多くの場合、比較的楽な仕事となっています。
接客をする必要がない単純作業なので、気持ちを楽にして働くことができるでしょう。
深夜や早朝といった時間帯での募集が多く、短時間でサクッと稼ぐことが可能です。
しかし、時給の低さや短時間ゆえの忙しさがデメリットとなることもあるので、事前に応募するお店の募集要項をチェックしておきましょう。

在宅バイト

自宅にいながら仕事ができる在宅バイトであれば、精神的にも肉体的にも楽な環境で働くことができます。
パソコンや手で行える単純作業が主流なので、気軽に始められるのもポイントです。通勤時間もかからないため、時間を節約しながら働けるでしょう。
ただ、完全にひとりきりで仕事をすることになるので、集団で働きたい人には不向きです。自己管理も重要となり、常に働くための準備を自分でしていくことが必要となるでしょう。
例えば仕事のルーチンを作り、決まった時間帯で働くといったことなどが準備になるでしょう。

変わり種の比較的楽なバイト

上記のような定番バイトの他にも個性的でありながら、比較的楽なアルバイトがあります。
そんな変わり種のバイトを確認して、募集されていないかこまめにチェックしてみるのもおすすめです。

新作ゲームのテスター

これから発売される新作ゲームの検証作業を行う仕事です。発売前のゲームをプレイし、バグなどを見つけます。
普段からゲームをする人には、ピッタリの仕事になるでしょう。

ウーバーイーツ

ウーバーイーツとは、料理を自転車で宅配する今話題のバイトです。バイトの登録が簡単なので気楽に始められる仕事となっています。
ちょっとした隙間時間でお金を発生させられるため、とりあえず登録しておきたいバイトですね。

冠婚葬祭のさくら

冠婚葬祭で周囲と会話をしたり、友人の代わりを演じたりしてその場を充実させるさくらの仕事も、特別な作業をすることなく働けるのでおすすめです。

治験モニター

治験モニターは、新しく開発された薬の効き目や安全性を確認するために、薬を試す治験者になる仕事です。
通院または入院して薬を服用し経過観察をします。難しいことをせず、かなり高額な報酬を得られることが特徴です。

調査モニター

お店のサービスや交通量などを利用して調査する調査モニターの仕事も比較的楽なバイトとなります。
日払いの仕事も多いため、突発的にお金が必要となった場合にもおすすめです。

バイトは楽なだけじゃない

楽なバイトをしたいという気持ちは分かる一方で、そればかり意識するだけでは気持ち良く働くことはできません。
働く意味や責任について考えることも、バイトを始めるときのポイントとなるでしょう。

お金を稼ぐことは楽なことばかりじゃない

アルバイトとは基本的に、楽なことばかりではありません。
むしろ大変さの中にやりがいや楽しみを見出すのが、バイトのポイントです。
どれだけ楽に感じるバイトをしていても、ときには辛さや大変さに悩まされることもあります。「バイトは楽なことばかりではない」という認識を、これを機にぜひ持っておくようにしましょう。

仕事は責任が伴うもの

仕事は自分一人で淡々とこなすものではなく、職場の人たちと協力したり、お客さんと関わったり、常に誰かと共に行うものです。周囲に迷惑をかけないためにも、責任を持って働かなければなりません。

自分だけが楽をするのではなく、協力して職場の人が楽になることや、お客さんに気持ち良くなってもらうために動くことがポイントになるでしょう。

ある程度大変なバイトはやりがいを感じるかも

バイトはある程度大変な方が、楽しく働ける可能性があります。
働くことは楽なことばかりではありませんが、楽ではないからといって決して悲観することはないのです。
楽なバイトでない場合は、その中から面白く思える要素を自分で見つけて、バイトを楽しく変えていくことも重要かもしれません。

まとめ

世の中にあるさまざまなバイトから自分に向いているものを見つけることで、比較的楽に働いていくことができます
しかし、それと同時に楽をすることばかりがバイトではないことを、これを機に認識してみてください。
自分なりに楽をしつつ、責任を持って働けるように努めることが、バイトの基本になるのではないでしょうか

JOBLISTで求人を探す

「働き方」の記事