夏休みは遊びだけでなく、バイトをするのにも打って付けの時期となります。
特に夏休みだからこそできるバイトは、独自のメリットを得ることができるのです。
夏休みにおすすめのバイトとそのメリットを確認して、有意義に夏を楽しみましょう。

学校が長期休暇となる夏休みのシーズンは、遊びだけでなくバイトも熱い時期となります。
せっかくの長期休み、予定が空いているのなら夏ならではのバイトに応募してみませんか?

夏休みのバイトに興味関心があるのなら、まずは特徴を確認していきましょう。

夏休み、バイトでいくら稼ぐ?

貴重な夏休みを使うのだから、できるだけたくさんのお金を稼ぎたいと思われるでしょう。
実際にいくらぐらい稼げるのかを知っておくことは、モチベーションのアップにもつながるので、事前の確認がおすすめです。
相場を見てから目標金額を決めれば、それに合わせた夏休みのスケジュールを立てられます。
無理のないスケジュールを成り立たせるためにも、まずは夏休みバイトの給料の相場を知っておきましょう。

相場は10万円程度

求人情報サイト「an」が行った調査によれば、夏休みのアルバイトで稼いだ金額の相場は、だいたい10万円程度となるようです。
5~10万円が34%、10~15万円も34%となっているので、約7割の人たちが夏休みバイトで10万円前後の金額を稼ぐことになります。
夏休みの期間に利用する遊びへの出費よりも、約2万円多く稼ぐ傾向にあるため、休み中の支出をカバーする目的で働く人が多いのでしょう。

ちなみに夏休み中のバイトの種類は、短期バイトが40%、長期バイトが48%となっています。
夏休みの期間中、長期バイトは週に3.1日ペース、短期バイトは休み全体で16.27日が平均勤務日数というデータになっているので、バイトに応募するときには参考にしてみましょう。

参考:お金¥0大学生に聞いた★夏休みの遊び&バイト実態調査 | アルバイトニュース・プラス

夏休み、バイトはいつ頃から始める?

相場を確認したら、続いてバイトを始める時期を考える必要があります。
いつ頃から応募を行うのか知っておけば、夏休み中にバイトをする予定を立てていても、乗り遅れが防げるでしょう。
予定通りに夏休みバイトを始められるように、だいたいのタイミングをチェックしておくことがおすすめです。

8月前半までに始める人が多い

夏休みで稼ぐつもりの人は、8月前半までにバイトを決めて、仕事を始めることが多いです。
90%以上が8月前半までにはバイトを始めたというデータがあるため、魅力的なアルバイトの募集も、その前後に集中する可能性があるでしょう。
8月が後半に近づくと、夏休みらしいバイトが減ってくるので、その期間ならではのメリットを狙うのなら早めの応募がおすすめです。

参考:お金¥0大学生に聞いた★夏休みの遊び&バイト実態調査 | アルバイトニュース・プラス

7月後半に動き出す人が多い

夏休み期間中のバイトは、7月後半に始めるというパターンが最も多いです。
そのため7月後半が近づくにつれて、バイトの求人倍率は上昇し、採用が難しくなる可能性もあります。
事前に働きたい職場や職種が決まっているのなら、倍率が上がる前から応募を始めるといいでしょう。

夏休み前からバイト探しがオススメ

夏休みの間にバイトをするつもりなら、夏休み前からバイト探しを行っておくと、スムーズに仕事が開始できます。
少なくとも職種や働く期間、職場のエリアなどは、ある程度目星をつけておきましょう。
夏休みに入ってからでは、人気のバイトは募集が終了していることも珍しくありません。
募集人数に達する前に応募ができるように、夏休み前からバイト探しは徹底しておきましょう。

夏休みならではのバイト紹介

夏休みは暑さを楽しめる気候や長期休暇を取得している人の多さから、その時期限定のバイト募集がたくさん行われています。
夏らしい経験ができるバイトは、面白さや魅力が満載。
夏だからこその楽しさがあるため、夏休みがまだあるうちに一度は体験しておくといいでしょう。
一生の思い出にもなる可能性もあるので、給料以上のメリットが得られるかもしれませんよ。

フェス

夏休みは音楽や食事の「フェス」が数多く開催される時期なので、バイトの募集は数多く行われています。
会場の設営や片付け、グッズの販売やイベントの運営などが、主な仕事内容となるでしょう。
賑やかな会場を楽しむことができ、バイト仲間たちと協力して働ける人は、フェスでの仕事に向いています。
時給は1000円超えのものが多く、なかには1100円以上になることもあるので、給与面でも魅力的なバイトです。

プールや海の監視員

プールや海での遊泳が開放される夏休みには、大勢の「監視員」がアルバイトで雇われます。
海に危険がないことを確認し、迷子や事故といった万が一のトラブルに対応する仕事となるので、泳ぎが得意で注意深く周囲をチェックできる人におすすめの仕事です。
繁忙期であれば時給は1000円以上となるため、シフトをたくさん入れれば夏休み中に稼げるでしょう。

海の家

海水浴客が多く訪れる浜辺に開かれる「海の家」バイトも、夏ならではの仕事となります。
かき氷や冷たい飲み物を販売し、海水浴を楽しんでいる人たちのお腹を満たすのが仕事です。
接客が得意で、海の雰囲気や空気が好きな人にとっては、夏休み中に見つけられる最高のアルバイトになるでしょう。
時給は1000円~1200円当たりが多く、高い報酬に期待ができます。

お中元スタッフ

デパートや百貨店では、お中元シーズンに備えて「お中元スタッフ」を専属で雇うことがあります。
お中元の販売や梱包、配達の手配などが仕事になるので、暑い夏の時期はなるべく室内で働きたい人におすすめです。
勤務地によっては時給が1000円を超えるため、短期間でも十分な稼ぎを出せるでしょう。

リゾートバイト

夏休みを利用して旅行に出かけた人をもてなす「リゾートバイト」のスタッフも、夏らしい楽しさを体感できるバイトです。
施設内にあるレストランでの給仕や、夏に使えるグッズの販売、宿泊者へのサービスなどが仕事になります。
自分がやりたい仕事や得意な作業ができるように、応募の段階で希望を伝えておくようにしましょう。
時給はこちらも1000円以上が多く、なかには1300円近いことも。

参考:プール監視員の平均時給|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

夏休みにバイトをするメリット

「どうしてせっかくの夏休みにバイトをするの?」と疑問に感じる人もいるかもしれませんが、夏休みバイトには特有のメリットがあります。
普段のバイト以上に楽しめる要素があり、稼ぎの面でも充実した結果を出せることから、実は夏休みこそアルバイトをするのにおすすめなのです。
以下から夏休みだからこそのメリットを把握して、応募のモチベーションを高めてみてはいかがでしょうか。

普段とは違う経験ができる

夏休み期間中は、街の状況や環境が大きく変わります。
普段とは違う経験がしやすくなるので、バイトをきっかけに新しい発見をすることもできるでしょう。
海やプールの魅力を再確認したり、夏のグルメやレジャー施設を労働者側から体感したり、夏がもっと好きになるかもしれません。
夏ならではの経験は将来貴重なものとなるので、予定がないのなら夏休み中はアルバイトに精を出すことがおすすめです。

がっつり稼げる可能性有り

夏休み中のアルバイトは、好条件な募集が多くなっています。
そのためシフトをたくさん入れることができれば、期間中にがっつりと稼げる可能性もあるでしょう。
休みの間にいくら稼ぎたいのか明確になっている人は、夏休みというボーナス期間を上手に利用していくことがおすすめです。

新しい出会いがある可能性も

夏休み中は学生の多くがアルバイトに時間を割くため、新しい出会いに期待できます。
バイトでの出会いをきっかけに、新しい友人や恋人との出会いがあるパターンは珍しくないのです。
給料や経験も大事ですが、夏休みに働くのなら自分と気の合う仲間を探して、出会いを有効に活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

夏休みのアルバイトには、さまざまなメリットと魅力が備わっています。
これまで遊びだけで夏を過ごしてきた人も、今年はアルバイトに力を入れて、夏休みバイトならではの経験をたくさん積んでみてはいかがでしょうか。
バイトで稼いだお金はそのまま遊びに使うことができるので、残りの夏休みをいつも以上に充実させることもできます。
金銭的にもメリットが多い夏休みのバイトから、ぜひ気になるものを事前にチェックしておきましょう。

「働き方」の記事