アルバイトで働く場合にも、英語の知識は重要なスキルとなります。
英語を活かせる職場や、一から学習できる職場を知っていれば、自分の語学力を伸ばすことができるでしょう。
将来につながる可能性もあるので、英語と深い関わりを持つバイトは要チェックとなります。

英語を話したり書いたりする能力は、アルバイトの現場でも活かすことができます。
語学力を活かせるアルバイトは独自の魅力を持つ職場が多いため、魅力的な体験ができるでしょう。
一から英語を身につけられるバイトもあるので、今現在英語が苦手な人でも大丈夫!
アルバイトをきっかけに英語力を培って、将来につなげていくこともおすすめです。

英語が活かせるアルバイトの魅力とは

英語が業務の中で役立つアルバイトは、特別な魅力があります。
「バイトでより有意義な時間を過ごしたい」「自分の語学力を磨きたい」と考える人には、英語を活かせるバイトがおすすめされるでしょう。
特に以下のような魅力がポイントとなってくるので、当てはまると思えたらこの機会に、英語を活かせるバイトを探し、応募してみてはいかがでしょうか。

留学などで培った英語力を活かせる

留学経験があったり、過去に英語を学んだことがあったりする場合、英語力が求められるバイトでそのスキルを活かすことができます。
英語による意思疎通が行えれば、スムーズにバイトでの業務を進めることができるでしょう。
例え流暢に英語を話せるわけではなくても、正確に聞き取ることができたり、文章を書けたりするだけでも十分職場の戦力になります。

英語力のスキルアップに繋がる

「現在の英語力に不安がある」「学校で英語の成績を上げたい」そういった英語力を身につけたい人にも、英語が活かせるアルバイトがピッタリとなります。
英語を得意とする人が大勢いる環境や、日常的に英会話が行なわれている職場に身を置けば、自然と英語の感覚に体を慣らしていけるでしょう。
アルバイトの時間がそのまま英語を学ぶ時間になるので、少しずつ英語力をスキルアップさせることが可能です。
英語の力を伸ばしたいのなら、バイトの環境をきっかけにしてみることもおすすめされます。

英語力が「活かせる」アルバイト

英語が「活かせる」バイトには、接客・教育・販売・外資系などさまざまな種類があります。
既に一定の英語力があり、そのスキルを職場で活用したいのなら、以下のアルバイトを参考にしてみましょう。

英語塾講師

英語を教える「英語塾講師」のバイトでは、高い英語力が必要となります。
自分の経験を活かして、英語を学ぶコツや英会話のポイントを教えることができれば、優秀な先生として働けるでしょう。
受験で必要とされる英文法を教えるのも仕事になるので、話すだけでなく書くスキルも大切です。

ホテル

海外からの旅行者が増えている昨今では、国内の「ホテル」バイトにも高い英語力が求められます。
英語での案内やサポートができるのなら、外国旅行者を相手にした仕事を任されるでしょう。
ホテルで定番となる英会話を事前に確認して、スムーズに応対できるようにしておくのがポイントです。

通訳・翻訳

英語を日本語に変換する「通訳・翻訳」のアルバイトも、英語を活かせる仕事になります。
日本語⇒英語にするパターンと、英語⇒日本語にするパターンがあるので、自分が得意な仕事を選びましょう。
翻訳の仕事は自宅で行なえるものも多いので、副業のバイトを探しているときにおすすめです。

空港内のお土産屋さん

外国人客が多い「空港内のお土産屋さん」は、英語を活かしたい人にとって穴場となるバイトです。
スピーディな販売が求められる職場となるため、英語に即対応できるスキルは重宝されるでしょう。
英語だけでなく、その他の外国語に触れあう機会も多いので、グローバルな環境で働けるバイトとなります。

米軍基地内

「米軍基地内」のアルバイトも、英語を話せるとスムーズに働ける職場となります。
梱包作業や塗装作業、用務員や日本語教師のバイトなどがあるので、興味がある場合は米軍基地内からの募集を確認してみましょう。
高時給の条件が多いため、短期間で稼ぎたいときにもおすすめです。

外資系企業

外国からの出資を受けている「外資系企業」でバイトをする場合、外国人の同僚や上司と働くことも多いです。
そのため、コミュニケーションに英語が使われる場面も多々あるので、英語力を活かした仕事ができるでしょう。
仕事の専門用語などを英語で学ぶ機会もあるため、英単語や英文法の知識をさらに伸ばしていくことも可能となります。

英語力が「身につく」アルバイト

英語が得意ではないけれど、将来的に英会話を気軽に行えるようになりたいのなら、英語力が「身につく」アルバイトを探してみましょう。
バイトの中で英語を聞き取るタイミングが増えれば、自然と耳は英語のリズムに慣れることができます。
英語学習のきっかけとなるため、アルバイトを出発点として英語力をアップさせることも可能です。

飲食店

海外からの旅行客や移住者が多いエリアでは、一般的な「飲食店」バイトも英語学習のきっかけにできます。
特に日本食など外国人客が好む料理を提供するお店では、英語での対応が業務の中に自然と入りこんでくるでしょう。
料理の説明などを英語で行う習慣をつければ、そこからお客とのコミュニケ―ションにつなげることができます。
バイトで生の英語を聞いて鍛えることは、その後の学習をスムーズなものとしてくれるでしょう。

テーマパーク

「テーマパーク」ではさまざまなお客さんに楽しんでもらえるよう、アナウンスを日本語と英語の両方で行うことがあります。
マニュアルに英語への対応が盛り込まれていることもあるので、バイトの経験をそのまま英語学習につなげられるでしょう。
パーク内で出会った人と英語で積極的にコミュニケーションを取ることが、英語力を身につけるのにおすすめの方法です。

アパレルショップ

衣類や装飾品を取り扱う「アパレルショップ」では、利用者の求めるアイテムを正確におすすめすることが仕事になります。
そのため、海外からの観光客が多いバイト先なら、英語で商品説明をする機会が増えるため、英語力を仕事中に鍛えることができるでしょう。
有名ブランドや和服関連の商品を取り扱う職場は、今後英語を使った接客が求められる可能性があります。
商品の魅力を正しく伝えられるように、いくつかの会話パターンを準備しておくのもおすすめです。

イベントスタッフ

海外ユーザー向けのイベントや、日本の文化を発信するイベントが増えているため、「イベントスタッフ」のバイトでも英会話と触れ合うことができます。
英語による質問に応対する必要があるので、やや高難易度な作業となりますが、その代わり上達スピードには期待ができるでしょう。
短期の求人も多く、失敗を引きずらないで済むのもイベントスタッフのメリットです。

アルバイトで英語力を身につけることのメリット

アルバイトを通して英語を学び、自分のスキルとして身につけることには、大きなメリットがあります。
それは今この瞬間だけでなく、将来につながる可能性を秘めているので、バイトをきっかけに未来を変えることができるかもしれません。
英語を学習するモチベーションを保つためにも、いくつかのメリットを把握しておきましょう。

年収が上がる可能性が高い

「マクロミル」が行った「語学力と年収」に関する調査によると、英語力を身につけている人の方が年収が高くなる傾向にあるようです。
全国1,000人を対象にした調査結果では、年収700万円以上の48.7%、年収500~700万円未満の34%、年収500万円未満の22.4%が、英語を使った会話や読み書きができると回答しています。
年収700万円以上と年収500万円未満では倍以上の差があるので、英語の学習が将来の収入を左右する可能性は高そうです。
英語を使える仕事の方が高給になりやすい現代では、バイトの段階で本格的な学習を始めておくのもおすすめされます。

参考:「英語力と年収は密接な関係あり。年収700万円以上の人は約半数が英語での日常会話や読み書きが出来ると回答」年収・転職 実態調査 vol.7:キャリアインデックス | CAREER INDEX 転職マガジン

就職先の幅が広がる可能性も

英語を話したり読んだりできると、自由に就職先が選べるようになるのもメリットです。
「英語ができる人限定」といった求人に興味があっても、英語力に自信がなければ応募することはできません。
あらかじめ英語を学んでおけば、そういった求人要項に困らされる機会は減るでしょう。
「TOEIC」などの資格の取得を行うと、さらに就職先の幅を広げることも可能となります。

まとめ

国際化が進む国内事情は、アルバイトの仕事内容にも影響を及ぼしています。
これからは、バイトへの応募時に英語が使われているかどうかを事前にチェックする必要があるかもしれません。
しかしこの環境は英語が得意な人にはもちろん、まだ英語の学習が途中の人にも朗報となります。
英語を活かせるバイト先を見つけてその経験を糧とすれば、自分の将来にメリットを与えられるでしょう。

「働き方」の記事