一言で履歴書といっても、A4やB5といったサイズの違いや、さまざまな種類のものが販売されています。バイトの履歴書に最適なものは一体どれだと思いますか?

実はサイズや種類にこれといった決まりはなく、履歴書を書く人の執筆量やアピールしたいポイントによって選ぶべき履歴書は変わってきます。

それぞれの特徴をご紹介しますので、ぜひ履歴書選びの参考にしてくださいね。

A4、B5、どちらも正解

A4、B5、どちらも正解

バイトの履歴書はA4、B5サイズのどちらを使用しても問題はありません。

特にどちらを選んだからといって、採用の結果に大きな違いがでることはほぼありません。自分の目的に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

サイズや履歴書によって書ける内容が違う

一般的にA4サイズの履歴書のほうが志望動機や資格などの記入欄が大きく、書ける量が圧倒的に多いと言えます。

しかし同じサイズの履歴書であっても、メーカーにより記入する内容が異なる場合があります。

例えば志望動機欄の有無や、長所や短所、趣味・特技の記入欄の有無などが異なると、アピールするポイントも変わってきますので、よく見て自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

A4は多くの内容が書けるので、強くアピールしたい人向け

A4サイズは大きいサイズなだけあって、職歴などの他に志望動機や特技などの記入欄が広く設けてあります。より強くアピールされたい方はA4サイズの履歴書を選ぶと良いでしょう。

B5は書ける内容が少ないので、書くことが少ない人向け

B5サイズは書ける内容に限りがあるため、特に書きたいことがない・少ないという方はB5サイズをお勧めします。

B5サイズであっても、書く内容を十分に吟味して記入すれば全く問題はありません。

むしろ無理にA4サイズを選んで、空欄を多く作ってしまうほうが問題です。自分の目的と書ける量に合ったサイズを選びましょう。

B5は書ける内容が少ないので、書くことが少ない人向け

履歴書には種類がある

先ほどメーカーによる違いをご紹介しましたが、そもそも履歴書にはいくつか種類があります。それぞれご紹介するので、事前にチェックしておきましょう。

パート・アルバイト用の履歴書

パートやアルバイト用の履歴書は、希望するシフトの日にちや時間など記入する欄が設けてあるのが特徴です。

しかしその分自身をアピールするような志望動機等の記入欄が狭いので、書面でより強く自分をアピールされたい方には不向きかもしれません。

JIS規格の履歴書

JIS規格の履歴書は職歴、志望動機、特技、資格など、バランス良く記入欄が設けてあるため、書面でのアピールにも力を注ぎたい方にオススメです。

転職者用の履歴書

転職用の履歴書だと、職務経歴書も同封されています。自分の経歴にアピールポイントがある人にオススメします。

履歴書には種類がある

アルバイトの場合はB5を使うことが多い

アルバイトの場合はB5サイズを使うことが多いです。

しかし面接の前に書類審査があるケースなど、書面でのアピールが重要視される場合はA4サイズを使用するなど、時と場合によって使い分けるほうが望ましいと言えます。

そうでなくても絶対ここで働きたい!という意志が強い方はA4サイズを利用して、書面でも強く自己アピールするのも手です。

B5の履歴書は写真のサイズが違うことがあるので注意

一般的な証明写真のサイズは3㎝×4㎝ですが、B5サイズの履歴書では2.4cm x 3.6cmの少し小さな写真が指定されている場合もあるので注意が必要です。

あらかじめ自分が購入した履歴書の写真のサイズをチェックしておきましょう。

履歴書が買える場所

では実際に履歴書が買える場所をご紹介します。場所により多少品揃えの傾向も異なりますので、一度ご確認ください。

そして前もって購入されることをお勧めします。

履歴書が買える場所

コンビニ

恐らく一番身近にあって、手に入れやすいのはコンビニだと思います。ただしコンビニはあまり品揃えが豊富ではない可能性があります。

特にA4サイズを購入予定の方は注意が必要です。

早めに売り場を確認し、お目当ての商品がない場合は他のお店を探しましょう。

本屋

履歴書は書店に置いてあることもあります。

店により種類が豊富であったり、そうでなかったりするケースがあるため、最寄の書店の売り場を確認しましょう。

文房具屋

比較的文房具屋は種類が豊富なケースが多いです。

これまでにご紹介したような履歴書それぞれの特徴を踏まえ、自分に合った履歴書を選んで購入しましょう。

ネットで買うことも可能

いまではインターネットで履歴書を購入することも可能です。

ただしいつ現物が手に入るかをきちんと確認し、必要な日時までに余裕をもって準備ができるように配慮しましょう。

書く量が多ければそれだけ執筆にかかる時間も必要になります。

また、商品ページをしっかりと見て、自分が必要とする種類やサイズで間違っていないか十分に確認してから購入するようにしましょう。

求人雑誌についてくることもある

求人雑誌を購入すると、その付録として履歴書が入っていることもあります。

しかし履歴書はボールペンなど修正が効かない筆記具で記入するものなので、もし記入ミスをしても替えが利くように別に履歴書を購入しておくことをオススメします。

求人雑誌についてくることもある

パソコンで履歴書を作る場合はプリンタもしくはネットプリントで

パソコンを多用する職場なら、パソコンで履歴書を作って自分のスキルをアピールするという手もあります。

しかし、パソコンで作った履歴書は印刷する必要があります。

こちらの記事もオススメ!

ただし自宅のプリンタだと履歴書サイズの印刷はほぼ不可能なので、コンビニなどお店の印刷機を利用するようにしましょう。

USBにデータをコピーしてお店に持っていく手もありますし、最近ではネット上でデータを送り、それを受信してお店の印刷機でプリントできるネットプリントサービスもあります。

非常に便利ですので利用してみてはいかがでしょうか。

JOBLISTで求人を探す

「履歴書」の記事