バイトで提出する履歴書に印鑑を押すかどうかは、その時々の状況によって変わってきます。

自分の書いた履歴書をふさわしい形にするためにも、印鑑を押すかどうか適切に判断できるようになっておく必要はあるでしょう。

そこで履歴書ごとに求められる印鑑の有無と、押印するときのコツをこちらでチェックしてみてください。

印鑑の重要性と押印のテクニックが把握できれば、バイトだけでなくその後の社会生活でも活かせる知識を身に着けることができるでしょう。

バイト面接のときに利用する履歴書に、印鑑を押すべきか迷ってしまうことはありませんか。

印鑑が必要かどうかは履歴書の形式やそのときの状況によって変わってくるので、事前に対応方法をチェックしておくのがおすすめです。

こちらでは履歴書に印鑑が必要となるパターンの確認と合わせて、押印するときのコツなどもご紹介します。

履歴書を書き終えた後に印鑑をどうするか悩んでいるときは、ぜひ参考にしてみてください。

印鑑の知識は社会に出てからも役に立つことが多いため、この機会に詳細を把握しておくのがおすすめですよ。

最近の履歴書には印鑑を押すところがない

最近の履歴書には印鑑を押すところがない

近年は厚生労働省による「押印見直しガイドライン」の影響から、印鑑の手間はどんどん削減される傾向にあります。

履歴書もその流れを受けて、印鑑を押す欄がなくなりつつあるようです。

そのためバイトの応募に利用するような簡単な履歴書の場合、そもそも押印する場所がないということもあり得るでしょう。

履歴書を書く前に、まずは自分の購入した履歴書に印鑑を押す欄があるか確認してみてください。

押すところがなければ印鑑はいらない?

履歴書の中に印鑑を押す場所がないときは、基本的に押印の必要はありません。

そのため印鑑を押したくないのなら、購入前に印鑑を押す場所がない履歴書を選びましょう。

バイト先から特別な指示がなければ、印鑑がなくても問題なく履歴書は受理されます。

履歴書を書いてから押印の必要性に迷ったときは、押すべき場所があるかどうかで判断してください。

先に記述した通り近年は印鑑を押す欄を設けている履歴書は少なくなっているので、多くの場合印鑑はいらなくなるでしょう。

捺印する欄のある履歴書もある

たしかに印鑑が必要な履歴書は減ってきていますが、まだ捺印する欄のある履歴書もきちんと販売されています。

明らかに印鑑を押すための場所が確保されている場合は、押印の必要が出てくるので注意が必要となるでしょう。

バイト先によっては押印欄が空白であることを指摘される可能性もあるので、印鑑を押す場所があるかどうかはしっかりとチェックしてください。

正式な履歴書を作成したいときや、印鑑を押すことで誠実さをアピールしたいときは、あえて捺印欄のある履歴書を選ぶのも手です。

もちろんどんな履歴書を選ぶのも自由なので、バイト先やそのときの状況によって適切な種類を選択してみましょう。

応募先から印鑑を押しとくように言われた場合

バイト先の方針によっては、履歴書に印鑑を押すように指示があるかもしれません。

もし事前に応募先から履歴書への捺印をお願いされた場合は、忘れずに押すようにしましょう。

そのときはなるべくわかりやすくなるように、印鑑を押す場所が最初からある履歴書を購入するのがポイントです。

履歴書の中に印鑑を押す場所がないときは、自分の名前の右横に押印するのが基本となります。

指示があったのに印鑑を押し忘れてしまうと、採用担当者からの評価を下げる要因となるので、しっかりと準備をしておきましょう。

未成年は保護者の同意を示すために印鑑が必要な場合も

未成年は保護者の同意を示すために印鑑が必要な場合も

未成年がバイトに応募する場合は、保護者の同意を示すために印鑑が必要となることがあります。

特に高校生用に作られた履歴書には保護者のための捺印欄が用意されていることがあるので、提出前に確認しておきましょう。

履歴書の中に保護者のための捺印欄がなければ、未成年であっても無理に印鑑を押す必要はありません。

どうしても気になる場合は、名前の右横に押印をしてもOKです。

しかし印鑑を押さなくても面接時に保護者の同意があることを説明し、その後必要なタイミングで別の書類に押印する形でも問題はありません。

いずれにせよバイト先によって未成年者の対応は変わるので、応募時や面接時の指示をよく聞いておくようにしましょう。

使わないとしても印鑑を持っておくと便利

仮に今回履歴書に印鑑を押す必要がなかったとしても、いつか押印をしなければならないときがくるかもしれません。

そんなときのために、自分専用の印鑑を準備するのもおすすめされます。

印鑑はその書類の正当性を証明するものであり、社会に出てからもさまざまな場面で利用されるアイテムです。

今のうちに扱いに慣れておけば、将来印鑑を使用する場面がきたとしてもスムーズにこなすことができるでしょう。

またバイトの履歴書以外でも印鑑を使う機会はあるため、あらかじめ所有しておかないと色々と困ることが多くなります。

せっかく印鑑について調べたのなら、この機会に購入を検討してみてはいかがですか。

履歴書に印鑑を押すときのコツ

履歴書に印鑑をきちんと押すには、いくつかのコツを知るのが重要となります。

きれいで見栄えのいい履歴書にするためにも、印鑑が必要となったら以下のポイントを確認しておきましょう。

特に普段から印鑑に慣れていない人は、1つ1つのコツをしっかりクリアすることで、押印の技術を高めることができます。

こちらで紹介しているコツは以後も印鑑を使う場面で活かすことができるため、まとめてのチェックがおすすめです。

この機に印鑑の押し方をマスターして、履歴書のクオリティを上げていきましょう。

履歴書を書く前に押してしまおう

履歴書に印鑑を押す必要があるときは、書き始める前に押印してしまうのがおすすめです。

印鑑は慣れていないと失敗する可能性があるため、履歴書をすべて書き終えてからではリスクが大きくなります。

履歴書を完ぺきに書くことができたのに、最後の最後で印鑑を押すのに失敗すると、時間的にも精神的にも痛手です。

バイトの履歴書に印鑑が必要であることがあらかじめわかっているのなら、まず最初に押してから書き始めましょう。

紙の下に弾力のあるマットを敷く

印鑑を上手に押したいときは、履歴書の下に弾力のあるマットなどを敷くのがコツとなります。

固い机の上などでそのまま押すときれいに写らないので、バイトの履歴書に押印するときは何か下に敷くことを忘れないようにしましょう。

弾力性のあるものが紙の下にあると、印鑑の表面を強く押しつけることができます。

するとインクがとぎれることなく付着するので、スマートな形に整えることができるでしょう。

厚めの本やマウスパッドなど身近なものでかまわないため、履歴書に押印するときはまず敷くものを探してみてください。

印鑑の面が欠けたりゴミがないかを確認

印鑑の面が欠けたりゴミがないかを確認

印鑑の押す面がそもそも欠けていたり、小さなゴミがついていたりすると、どんなに丁寧に扱ってもきれいに押すことができません。

履歴書のような重要書類であるなら特に、押印前に印鑑に不備がないか確認するようにしましょう。

特にしばらく使用していない印鑑の場合は、朱肉の汚れやほこりが付着していることもあります。

バイトのための履歴書を無駄にしないためにもいきなり押印するのではなく、まずは印鑑に汚れや痛みがないかチェックしてみてください。

ちょっとしたゴミや汚れなら、ピンセットなどで簡単に取り除くことができるでしょう。

一方で欠損している場合は、買い替える必要が出てくる可能性があるため、早めの対応が求められます。

曲がらないように向きを確認

印鑑を美しく押すには、曲がらないように注意する必要があります。

ゆっくりと上から降ろすような感じで、少しずつ紙の表面に面を近づけていきましょう。

印鑑に上下の印がついている場合は、それを参考にして曲り具合をチェックするのもおすすめです。

まっすぐきれいに押すことができれば、履歴書に文句のない見栄えで押印できるでしょう。

紙に密着させた後は、ひらがなの「の」を書くように力を入れるとインクを染み込ませることができます。

またバイトで使う履歴書に捺印欄がある場合は、なるべく真ん中に押すように意識するときれいに見えるでしょう。

冷静に押せるタイミングを作ろう

慌ただしいときや心に余裕がないタイミングでの押印は、どうしても形が乱れてしまいがちです。

印鑑は冷静に押すことがポイントなので、履歴書に押印する際はまず適切なタイミングを考えてみましょう。

たとえば何かの作業中やわずかな時間の中では、落ち着いて印鑑を押すのは難しいです。

バイトで使う履歴書に印鑑を押す必要があるときは、できるだけ何の予定もないタイミングで実行するのがおすすめされます。

慣れていない人は何度か練習してから

印鑑を押す機会はそれほど多いわけではないので、押印に慣れていないという人も少なくないでしょう。

そのため何度か練習をして、印鑑の扱いに慣れておくこともおすすめされます。

失敗した履歴書や使っていないノートなどに何度か印鑑を押してみると、基本的な感覚がわかってくるでしょう。

その印鑑のくせや押すときのコツがわかれば、よりきれいに押印を行うことが可能です。

実際にバイトに使う履歴書に押すのは、何度か練習を行ってからでも遅くはありませんよ。

履歴書の捺印でよくあるギモン

履歴書に捺印するときには、「これってどういうことなんだろう?」と疑問に感じることがたくさんあるかもしれません。

そういった疑問はそのままにせず、この機に解決しておくのがおすすめです。

以下では履歴書と印鑑に関するよくある疑問をまとめているので、チェックして知識の一部として取り入れておくといいでしょう。

履歴書と印鑑について詳しい知識を身に着けることができれば、バイトで競い合うライバルに差をつけることができるかもしれません。

社会で使える一般常識を充実させるためにも、ぜひ気になる疑問点は1つ1つ解消していきましょう。

シャチハタって何?履歴書で使うのはNG?

シャチハタって何?履歴書で使うのはNG?

シャチハタとはインクが本体に内蔵されている印鑑のことを指し、朱肉を使わなくても押印することができるという特徴があります。

その簡易性から重要な書類に用いるには不適切とされることが多く、印鑑というよりもスタンプに近い印象を持たれることも。

変色しやすかったり印影が変形しやすかったりといったデメリットもあるため、本人が押したものであると証明するには不向きと考える人が少なくありません。

そのため基本的には履歴書にシャチハタを使うのはNGとされ、なるべく実印を用意すべきとなっているのです。

これからバイトの面接用の履歴書を作る場合は、シャチハタではなく実印で押すことを優先してみましょう。

履歴書に印鑑があると評価は上がる?

わざわざ印鑑を押してきっちりとした履歴書を作ることで、面接時の評価を上げようと考える人もいるかもしれません。

しかし基本的には、履歴書に押印があるかどうかでその人の評価が変わることはありません。

バイト先から特別に印鑑を押してくるようにいわれていないのであれば、履歴書に押印をしたことがプラスになることはないでしょう。

逆に印鑑が必要であるのに押していない場合は、単純に「約束を守れない」「話を聞いていない」と評されてしまうことがあります。

評価を上げるために印鑑を押すのではなく、一般的なマナーを守るために、必要な場面ではきちんと印鑑を押していきましょう。

印鑑を押すときに失敗したら!?

多少かすれたりにじんだりしても、はっきりと印鑑の形がわかるのであれば、問題なく履歴書を受理してもらえるでしょう。

しかし文字が見えないほどかすれている場合や、逆さまに押してしまったときは、残念ながら失敗したと判断せざるをえません。

もし押印に失敗してしまったら、基本的にはその履歴書を破棄して最初から書き直す必要があります。

下手にごまかそうとして上から押しなおすと余計に見栄えが悪くなるので、素直に新しい履歴書を作成した方が無難でしょう。

印鑑の失敗は人それぞれ基準が異なることが多いので、自分では失敗だと思っても、他人から見ると問題ないように感じられることもあります。

失敗かどうかの判断に迷ったときは、バイト先に提出する前に家族や友人に履歴書を見せて意見をもらってみるのもおすすめです。

こちらの記事もオススメ!

面接に印鑑は持っていったほうがいいの?

バイトの面接時に印鑑を持っていくかどうかは、1つの疑問として多くの人たちを悩ませています。

しかし一般的に印鑑はあってもなくてもかまわないので、特に持参するようにいわれてないのであればどちらでもOKです。

印鑑に気を取られすぎて、他の準備を怠らないようにするのもポイントになりますね。

基本的に印鑑が必要となるのはバイトの採用が決まってからのことがほとんどなので、むしろ合格後に忘れないように注意しましょう。

また持っていくことに決めたのなら、実際に使うことも考えてシャチハタは避けるようにしてください。

JOBLISTで求人を探す

「履歴書」の記事