自宅で気軽に働ける「在宅バイト」にはさまざまなメリットがあり、新しい働き方を実践するきっかけとなります。
家にいながら稼げる在宅での仕事に興味があるのなら、まずは在宅バイトの種類や向いている人の特徴を把握して、気になるポイントを知っておくのがおすすめです。

働き方が変わりつつある昨今、アルバイトもまたその流れを受けて労働スタイルに変化が訪れています。
特に注目が集まりつつある働き方の「在宅ワーク」。
在宅の仕事はこれまでの働き方とは違った働き方となっているため、向いている人にとっては最高の労働環境となる可能性があります。在宅ならではのメリット・デメリットを知り、自分に向いているかどうかを確認してみるのがおすすめです。

応募するバイト先の幅を広げるためにも、在宅の仕事について学んでみましょう。

バイトで在宅とは?

アルバイトといえば、「バイト先となる職場まで出かけて仕事をする」というのが、一般的なイメージでした。
しかし、現在は家にいながら仕事ができる「在宅スタイル」も増えていて、働き方は変わりつつあるのです。在宅で働くという意味を把握するためにも、基本的な特徴を確認しておきましょう。

「在宅バイト」とは自宅にいながらアルバイトをすること

在宅バイトとはその名の通り、自宅にいながらバイトをするという働き方を意味します。
移動時間がかからず、一人でじっくりと作業ができることから、今多くの注目を集めるバイトとなっているのです。

在宅バイトは時給制のバイトより、成果報酬の場合が多い

通常のアルバイトは多くの場合、働いた時間に応じて賃金が発生する「時給制」のシステムを採用しています。
しかし労働時間を明確化しづらい在宅バイトでは、働いた結果に対して報酬を支払う「成果報酬型」のスタイルが多いです。
仕事内容によっては時間をかけずにお金を稼げるので、普通のバイト以上に効率の良い働きができるでしょう。

バイトで在宅することのメリット

自宅で働けるからこそ得られるメリットは多くあります。
以下のメリットに魅力を感じられる方は、在宅バイトで働くことをオススメします。

自由度がある

在宅バイトは人の目を気にせずに仕事ができるため、高い自由度が実感できます。
仕事さえきちんとこなせば、どんな服装・髪型でもOK。
もちろん働くときの環境(音楽や動画をつけても大丈夫)も自分で決められるので、快適な状態で仕事ができます。

仕事が選びやすい

職場の状況によって仕事が変わる通常のバイトとは違い、在宅バイトは業務内容を自分で選ぶことができます。
やりたい仕事だけに集中したい人、得意な作業で効率良く稼ぎたい人は、在宅バイトがおすすめです。

スキル次第で稼げる

特別なスキルを持っている場合、それを活かして大きく稼げるのも在宅バイトのメリットです。
パソコンなどの機器を使って仕事ができるのなら、スキルの需要次第で報酬を高めることができるでしょう。
スキルに伴った実績を積み重ねれば、バイトから個人事業主として働くきっかけを作れます。

コミュニケーションに自信のない人も働きやすい

基本的に在宅バイトは個人での作業となるので、他者とのコミュニケーションは最低限で済みます。
そのため人と話したり協力したりする自信がない人も、働きやすい環境となるでしょう。

バイトで在宅することのデメリット

メリットがたくさんある一方で、在宅でのバイトにはそれなりのデメリットもあります。
事前に確認して、デメリットを克服できるように準備をしておきましょう。

報酬が低い可能性がある

成果によって報酬が変わる在宅バイトでは、結果的に時給で働いた場合よりも賃金が低くなる可能性があります。
最低賃金といったものはないので、ときには満足のいく報酬が得られないこともあるでしょう。

締め切りに追われる可能性有り(スケジュール管理必須)

在宅バイトには締め切りや納期が決められているパターンも多いため、スケジュール管理が必須となります。
上手にスケジュールを消化できないと、時間に追われて厳しい労働を強いられる可能性もあるので、計画的な働きが求められるのです。

在宅バイトに向いている人

メリット・デメリットを見ても分かるように、在宅バイトにはさまざまな特徴があるため、人によって向き不向きがあります
自分に在宅バイトが務まるのか不安に感じているのなら、以下のポイントと自分の性質を照らし合わせてみましょう。

主婦

家事や育児など、自宅で家事をすることが多い「主婦」は、その場で仕事にかかれる在宅バイトのスタイルが向いているといえます。
空いた時間を有効活用したいのなら、短時間でも作業ができる在宅ワークがおすすめです。

一人で作業したい人

じっくり集中して一人で作業をしたい人も、在宅バイトの方がスムーズに仕事ができるでしょう。
コミュニケーションを取る時間を仕事に当てられるため、業務内容によっては一人でも十分な成果をあげられます。

淡々と作業するのが得意な人

在宅でのバイトは、淡々と作業をするのが得意な人に向いています。
細かな作業も集中して行う自信があるのなら、成果をあげて報酬を獲得することも可能でしょう。

パソコン操作が得意な人

基本的に在宅バイトは、パソコンを使える方がさまざまな仕事に挑戦しやすくなります。
そのためある程度パソコン操作が得意で、簡単な作業に慣れている人に向いているのです。
専門的なパソコンスキルを持ち合わせていれば、それを活かして在宅での仕事を始めることもできるでしょう。

セルフマネジメントが得意な人

在宅ワークで稼ぐには、自分を律して常に高いパフォーマンスを発揮する必要があります。
そのため自分自身を管理するセルフマネジメントが得意なほど、在宅バイトに向いているといえるのです。
在宅バイトでは自分を叱ってくれる上司や同僚がいないので、仕事に向かう姿勢は自分で作りだすのがコツとなります。

在宅でのバイトはどんな仕事があるの?

在宅で行えるバイトは、現在いくつかの職種に分かれています。
以下に自分で興味を持てるバイトや、得意だと自負している作業があるのなら、積極的な挑戦がおすすめです。

ライター

文章を書いて報酬を受け取る「ライター」の仕事は、在宅で行えるバイトの代表です。
パソコンのタイピングが得意で、自分だけのオリジナル文章を作成する能力に自信があるのなら、ライターとして活躍できるでしょう。
インターネット上の記事を書いたり、雑誌に寄稿する文章を書いたりすることが仕事になるので、労働の結果を形として残せるのが特徴です。

デザイナー

webデザインや広告作成の仕事を行う「デザイナー」の職業も、在宅バイトによる求人が多くあります。
パソコンひとつで作業が行えるため、リモートワーク向きの仕事だといえるでしょう。
デザイン関連の特別なスキルや資格があるのなら、在宅だけでも十分な報酬が獲得できます。
特にweb上のコンテンツをデザインする能力があれば、今後も多くの仕事を受けることができるでしょう。

エンジニア

システムやサービスの開発などに携わる、SEとも呼ばれる「エンジニア」の仕事は、在宅バイトでの募集が豊富です。
プログラミング能力だけでなく、システムの設計をスムーズに行うためのコミュニケーション能力も求められるので、働く際にはその点に注意しておきましょう。

データ入力

さまざまな形で入手した膨大な情報を手動で打ち込む「データ入力」のバイトも、家にいながら作業ができる在宅ワークが可能です。
淡々とミスのない作業の繰り返しが求められるため、集中力が持続するような環境を整備するのがポイントです。

翻訳

日本語から外国語へ、または外国語を日本語に変換する「翻訳」作業も、在宅バイトとして募集がされています。
語学の知識だけでなく、伝わりやすい言葉を選ぶセンスも重要となるので、働きながら翻訳の感覚を磨いていくのがおすすめです。

文字起こし

講演や授業の音声を文章に書き起こす「文字起こし」も、おすすめの在宅バイトです。
タイピング速度と言葉を読みやすい形に整える文章力があれば、スマートに仕事を進められるでしょう。

アンケートモニター

アンケートに答えるだけの簡単作業でお金を稼げる「アンケートモニター」は、在宅バイトの初心者にもおすすめの仕事となります。
自分の普段の生活スタイルや、特定の商品やお店を使った経験がお金になるので、誰でも挑戦できる仕事です。
スマホだけで作業できる点も魅力で、隙間時間を有効利用できるでしょう。

在宅バイトを探す方法

在宅バイトに魅力を感じたのなら、実際に仕事の募集を見つける方法も確認しておきましょう。
現在在宅バイトは主に、バイト募集サイトやアプリ、クラウドソーシングサイトから見つけるのが一般的です。
募集の検索も応募もすべて自宅にいながら済ませられるので、メインとなるサイトを自分の中で決めておくのがおすすめです。

クラウドワークス

「クラウドワークス」は、日本国内でもトップクラスの規模を持つクラウドソーシングサイトです。
豊富な実績を持つため安心して仕事が可能であり、在宅で仕事を始めてみたい人はとりあえず登録がおすすめされます。
初心者でも働ける案件は多く、賃金の仮払いやサイトを通したメッセージ機能があるので、スムーズに報酬を受け取れるでしょう。

ランサーズ

日本で初めて依頼主と受注者を結びつけるクラウドソーシングサイトを立ち上げた「ランサーズ」でも、在宅バイトの募集が数多く行われています。
報酬の仮払い、メッセージ機能、わかりやすいガイドラインなどが備わっているので、個人でもしっかりと契約を結ぶことが可能です。
まずは初心者でも応募できる仕事を探し、在宅バイトデビューを計画してみましょう。

「バイト探しアプリ」から検索してみるのもおすすめ

最近は多くの求人サイトが、スマホから手軽に利用できる「バイト探しアプリ」をリリースしています。
そこでは在宅向けのバイトも多数見つけられるので、スマホにインストールしてこまめに検索してみるのがおすすめです。
どのバイト探しアプリを使うべきか迷ってしまったときには、こちらの記事を参考にして気になるアプリを利用してみましょう。

参考記事:パートとアルバイトの違いとは?有給休暇や社会保険についても要チェック!

「ジョブリスト」でも在宅バイトは見つかる!

当サイト「ジョブリスト」でも、在宅のアルバイトはたくさん募集されています。
在宅ライターや電話対応の業務など、あらゆるスタイルの仕事が掲載されるので、定期的に新着情報を確認することがおすすめです。
ジョブリストでは職種やキーワードからの検索が可能となっているため、求める在宅の仕事を簡単に見つけられます。
興味を持てた求人は「お気に入り」に登録して、まとめて比較をしてみましょう。

まとめ

働き方が変わっていくこれからの時代、アルバイトも職場に出かけるのではなく、在宅で仕事をするスタイルが普及していく可能性があります。
既に在宅に仕事を回している企業は増えてきているので、興味があるなら応募してみてはいかがでしょうか?
応募の際には自分がどのような職種に適しているか、どういった働き方が合っているかを客観的に理解する必要があります。
記事の内容を参考にして、在宅バイトをするときの状況を一度イメージしてみましょう。

「働き方」の記事