普段から連絡に役立つLINEですが、その便利さはアルバイトの業務連絡に役立つことも。
電話やメールとは違う連絡手段ならではのメリットや注意点を確認して、バイト先とのスムーズな連絡に利用していきましょう。

アルバイト先との連絡を行う際、LINEアプリを利用する機会が現在多くなっているようです。
しかし、正しい使い方や注意点を把握していないと、トラブルや失敗を招く可能性も…。

これからバイト先との連絡をLINEで行う予定なら、この機会にメリットとデメリット、注意点を確認しておきましょう。
電話やメールとは違うLINEでの連絡手段を、より便利にスムーズにバイトで活用できるように、準備を進めてみませんか?

バイト連絡でLINEを利用する人の割合は?

LINEは手軽にコミュニケーションが取れる便利なツールということもあり、圧倒的なシェアを獲得しているメッセージアプリです。
家族や友人との連絡にLINEを使う人は、もはや珍しくないと思われます。
最近では、LINEを使ってバイト先の人と連絡を取る場合も多いため、実際にどれくらいの割合で、LINEがバイトの連絡に使われているのか調べてみましょう。

半数以上の人がバイト先とLINEでやり取りをしている

マイナビの調査によると、「バイトのシフト調整や連絡をLINEで行っている」という人の割合は54.0%となっています。
「店長やバイト先の人からの指示をスムーズに受け取るため」「単純にコミュニケーションに便利だから」といった理由で、LINEを使って連絡をする人は多いようです。

また、求人サイトanのアンケートでは98.8%の学生がLINEを使っているとのこと。そのうち、94.2%がバイト仲間とLINEで連絡を取り、68.9%が店長や社員とも繋がっているようです。
やはりLINEならではのスムーズな連絡は、バイト先との関係でも役立つと判断されるのでしょう。

バイト連絡でLINEを利用するメリット

LINEは便利な連絡ツールであると同時に、さまざまなメリットを与えてくれるアプリケーションでもあります。
メリットを意識して利用することで、バイト先との距離を縮めたり、働きやすい環境を作ったりできるでしょう。

バイト連絡でLINEを使う際には、以下のメリットを活かせるように活用してみるのがおすすめです。

気軽にコミュニケーションが取りやすい

LINEは簡単な文章やスタンプだけでも意思疎通が行えるため、気軽にコミュニケーションを取ることができます。
面と向かっては話しづらいことも聞きやすくなり、バイト先の人と仲良くなるきっかけにも使えるでしょう。

バイトを始めたばかりの頃は、仕事でわからないことも多いかと思います。そんなときにもLINEで連絡を取ることで、疑問を解消できるでしょう。

「次のバイトのときに聞こう」と考えていると、忘れてしまう可能性もあります。
早くバイトに慣れるためにも、LINEの連絡で積極的にコミュニケーションを取っていくのがおすすめです。

シフトの相談が手軽

急遽シフトを変更したいときや、次のシフトを確認したいときにも、LINEで連絡が取れると便利です。
万が一のことを考えて、シフト相談のためにLINEを聞いておくのもおすすめされます。

シフトの相談のために営業時間中にバイト先へ電話をかけるのは気が引けてしまう場合もあるでしょう。とはいえ、時間をズラして連絡を取ろうとして忘れてしまう可能性もありますよね。
相談したいときすぐに連絡しておけることや、送られた相手にとっても業務の邪魔にならないため、シフト相談にLINEを利用するメリットは多いのではないでしょうか。

バイト外で交流したい時に活用できる

仕事をして仲良くなると、バイト以外のことで連絡を取りたくなることもあるでしょう。
LINEはそういった仕事以外の交流時にも利用できるので、連絡先を交換しておくとより早く仲を深めることができるかもしれません。

業務時間外で気軽にコミュニケーションが取れるようになると、仕事でも協力しやすい関係が出来上がるでしょう。
バイトの仕事を円滑に進めるためにも、LINEをきっかけに交流を図ってみるのもおすすめです。

バイト連絡でLINEを利用するデメリット

メリットがある一方で、LINEを利用するからこそのデメリットも存在します。
デメリットを事前に考慮しておかないと、バイト先でLINEを利用する連絡手段にストレスを感じてしまうかもしれません。

使い方次第でマイナスになる可能性のあるLINEを上手に扱うためにも、以下でデメリットも確認しておきましょう。

辞めたあと気まずい場合がある

LINEで繋がってしまうと、辞めたあとに気まずい思いをしたり、アカウントの扱いに困ったりする場合があるのです。

特に、トラブルがあって辞めた場合や、誰かと個人的な問題を抱えたままで辞めたときには、LINEによる繋がりがデメリットになり得ます。
LINEでのコミュニケーションが取りやすいからこそ、辞める時は十分な配慮をしておきましょう。

関連記事:バイトは辞めるときも誠実に!失礼のない退職の仕方について

ついついシフトの相談が増える

シフトの相談を行えるのがLINEのメリットですが、それに甘えて自分勝手にシフトを変更するようになると、バイト先の人に不信感を与えてしまう可能性があります。
手軽さゆえについシフトの相談をしてしまいがちになるでしょうが、常識の範囲内で留めることを意識しましょう。

基本的に一度決めたシフトは、その通りに守るべきものです。どうしても外せない用事や、体調不良などの仕方のない理由以外では、シフトを変更しないように努めましょう。

公私混同になる可能性も

LINEをきっかけにバイト先との関係が親密になっていくと、公私混同になる可能性があります。
仕事とプライベートをしっかりと分けたい人は、LINEの存在がストレスに感じられるかもしれません。

最初からプライベートでの連絡を取りたくない人は、そもそもLINEを教えないか、バイト用のアカウントを作成するのがおすすめです。
あくまでバイト先で役立てることを目的とするのなら、LINE情報の扱いは慎重に行いましょう。

バイト連絡でLINE利用をする際の注意点

バイトの連絡でLINEを利用する際には、いくつかの注意点を考えておく必要もあります。
LINEは便利だからこそ使い方を誤ると、余計なトラブルを生む可能性があるのです。

友人や家族相手に使うとき以上に、仕事先の相手であることを理解して、注意すべき点はしっかりと意識するのがポイントとなります。
気軽さにかまけて失礼な使い方をしないように、よくある注意点を確認しておきましょう。

時間帯に気をつける

夜中や早朝の連絡は、相手のプライバシーを損なう恐れがあるので、なるべく避けるのが基本です。
通知音で睡眠を妨害しないように、気を使うことを忘れないようにしましょう。

相手が返事をしやすい時間帯を見計らい、こちらもなるべく早めに返信を行うのがコツです。
返信が遅くなると円滑にコミュニケーションが取りづらくなるので、通知が来たら放置しないのがおすすめです。

悪口、陰口は書かない

悪口や陰口をLINEに書き込むと、それを発端としたトラブルが持ち上がる可能性が出てきます。
あくまで多少の愚痴に留めて、個人を攻撃するような内容を送らないように注意しましょう。

LINEはレスポンスしやすいため、つい思いついたことを書いてしまいがちです。
しかし、一度相手に読まれた内容を取り消すのは難しいので、常に自制する気持ちが大切になります。

負担にならない使い方をすること

LINEは便利な連絡手段ですが、それに依存するような形になってしまうと、生活の負担になる可能性もあります。
振り回されることのないように、自分で使い方をセーブしていくのがおすすめです。

例えば「バイト先への返信は○時~○時の間だけする」「○回以上のやり取りはしない」「長くなりそうなときは電話をする」など、ルールを決めてみましょう。
自分自身が負担にならないラインを決めておくのが、バイト先とLINEでやり取りをするときのコツになります。

まとめ

アルバイト先と密な連絡を行うためにも、LINEの利用はおすすめされます。
上手にその機能を使いこなせれば、スムーズなコミュニケーションや相談を行えるでしょう。

バイトの仕事で困ったときや、人間関係に悩んだとき、LINEによる繋がりは頼りになります。
働きやすい環境を自分から作るためにも、積極的にLINEを活用してみましょう。

「働き方」の記事